ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

中国の顎乳首勃起宇宙人がいろいろ話題なので

今回は円谷プロ公認、日本未放送のウルトラマンリブットを紹介


ダウンロード (8)
【niconico】月額540円でプレミアム会員登録!
ウルトラマンリブットはマレーシアで制作されたアニメ「Upin&Lpin」で登場したフル3Dアニメのウルトラマン


オーソドックスなシルバー族の顔立ちとギンガのようなクリスタルが特徴


このクリスタルは変身アイテムにもなっておりGフラッシュと名付けられている

変身者はテラサワ隊員。ZAPの衣装に似た防衛服を着用している。





アニメではあるがスーツも実在し、ショーなどでも活躍を見せている


ショーではゼロ、ティガと共闘し宇宙人軍団と戦っている。

このショーではウルフェス2015年の技術が使われていたり日本版ティガの新曲「目覚めよウルトラマンティガ」が流れていたりとかなりクオリティは高い


日本では残念ながら未放送であり、ウルトラファンでもあまり認知度は低かったがウルトラマン生誕50周年祭で全ウルトラマンが紹介された際やウルトラマン列伝などではちゃっかり登場している


que-11164123046



因みにリブットはマレーシア語で嵐・ストームという意味であり。当初はウルトラマンストームともいわれていたが現在では上述の通りリブットで確定している

見た目がオーソドックスな初代ウルトラマンに似た顔立ちのウルトラマンはコスモス以来であるため逆にジードやオーブたちに比べて差別化ができているといえるのではないか?


7月21日は カウラの日

ウルトラマンエース16話「怪談牛神男」が放送された日



カウラは牛の怨念と宇宙怪獣が合成した怪獣


ダウンロード (6)



牛を祀る鼻ぐり塚から腕輪を盗んだ高井青年が怪獣化したもの



ダウンロード (7)


牛の呪いで徐々に怪獣へと姿を変えていく様はまさにホラー

最終的にはウルトラマンエースの活躍で腕輪は取られ、元の姿に戻った


ちなみにこの後カウラはヤプールのお気に入りなのかジャンボキングの頭部に流用されている


この高井青年を演じたのは故蟹江敬三さん

ウルトラマンではブニョを演じたことで人気な俳優さんでした。


この回は岡山県とのコラボも兼ねておりロケーションは岡山県牛窓町(現瀬戸内市)で行われており
牛の供養塔である鼻ぐり塚は実在している




最近都市伝説では牛の首というものがあるそうで

なんでも話を聞くとあまりの恐ろしさに死んでしまうため誰も知らないというもの


このカウラも関係あるのでしょうか?(なんてね)

ネットを見ていると面白い記事が


7月10日埼玉で謎の光る玉の目撃相次ぐ

10日午後8時すぎ、埼玉県桶川市や川越市などを中心に、夜空に輝く「謎の光」が相次いで目撃されました。「普通に隕石かなと思ったが、今まで見たことがないくらいはっきりしてて驚きました」(「謎の光」を目撃した人)

 日本プラネタリウム協議会の糸賀富美男理事長によりますと、「隕石は早い速度で真っ直ぐ落ちるが、この光は急激に回転しているため、隕石でない可能性が高い」「残念だが正体は分からない」ということです。

7月10日といえばウルトラマンの日

しかも埼玉といえば劇中でベムラーとウルトラマンが最初に現れた竜ヶ森のある場所



824d7535-s


色も赤っぽいのでもしかして本物!?


と心の底からドキドキしたのですが残念ながら正体判明・・・


「私どもの飛行場に置いてるセスナ機を利用しているスカイダイビングクラブが昨夜、テストダイビングを行いました。降下する様子を地上から見て、どう楽しんでもらうかという演出を実験するために、LEDなどたくさんの電飾をつけたプロのスカイダイバー2人が高度3000mから飛び降りました。光がついていたのは約15秒間でした。思いのほか広い範囲から見られてしまい、お騒がせしたことをお詫びします」 

配信 2017年07月11日 14時03分 
huffingtonpost 
http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/11/ufo-saitama_n_17453154.html 


結局その正体はセスナ機のテストドライビングということで残念ながらウルトラマン本人ではなかった様子


しかしながらtwitterでもウルトラマン説が浮上するなど結構話題になりました


それほどウルトラマンが広く、深く認知されているというのは喜ばしい限りです^^


ウルトラマンといえばかっこいいMADがニコニコに上がってます



初代ウルトラマンから51年の歳月がながれても全く色あせるどころかさらに活躍を見せるウルトラマン

かっこよすぎる


美ボディになる為のプロテイン【FIXIT】

このページのトップヘ