ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

2017年04月

次回のウルトラマンゼロクロニクルよりウルトラマンサーガ編がスタート

ポイントサイト 月3万円以上の収入も?



 

この映画で登場するハイパーゼットンがやばすぎる



ハイパーゼットン(サーガ版)

hyper-zetton01

サーガでバット星人の操るハイパーゼットンは背中に翼が生えているのが特徴


元々は通常のゼットンであったがその素体ゼットン自体も異常個体でありゼロと互角以上に渡り合う存在であったがバット星人がそれを捕獲し、スフィアなどの様々な怪獣を喰わせて能力を吸収させまくって誕生したいわゆる魔改造のように生まれている。

(ウルトラマンゼロは一撃で怪獣墓場から蘇生したゼットンを倒していたことからその個体のゼットンがどれだけ異常個体だったかは明らかだろう)


最初はコクーン形態=繭として登場


おどおどしい膜につつまれて、自ら動くことはできないが触手を伸ばし、スフィアを捕食、遠距離にも届く暗黒火球を放った。
この状態でもすでに波のウルトラ戦士では止めることが不可能であり、ダイナですら敗北。
最後は捨て身の特攻でも成長を遅らせることしかできなかった



ans-348589788
 
幼体とはいえサイズは規格外の500m両腕の触手を使った攻撃、暗黒火球を放つほか、カマキリのような巨大な鎌ギガンディスクローで敵を切断する


この状態になれば最早並みの戦士一人では倒すことは不可能であり、コスモスを一撃でダウンさせ、ゼロを圧倒させている。

復活したダイナの加勢でようやく押し切り、撃破できた




かに思えた



hyper-zetton01
 
覚醒し、ギガント体になったハイパーゼットン
サイズは70Mとスケールこそダウンしているが捕捉不可能なテレポートはもはや攻撃を当てることすら不可能であり、近接戦に持ち込めば一方的に嬲られ、光線を撃てば吸収して何倍もの威力で跳ね返すハイパーゼットンアブソーブで返り討ちに合う

この状態になってしまえばもはや上位のウルトラ戦士が複数そろっても倒すことは不可能


※この時、ハイパーゼットンと戦ったのは
・あらゆる生命体を支配し、人類補完計画よろしく融合して最強の生命体になろうとしたスフィアから地球を守り抜き、別の世界の悪と戦い続けているダイナ
・狂暴化させるウィルス「カオスヘッダー」や数々の星を滅ぼしたサンドロス、地球を消去しようとしたスペースリセッターから地球を守ったコスモス
・M78宇宙のウルトラマンでもトップクラスの実力を持ち、ウルトラマンベリアルや生命体を駆逐しようとしたビートスターを撃破したウルトラマンゼロ

と全員が1つ以上の宇宙を守り、戦闘経験も充分ある戦士であるが、彼らが束になっても1回もダメージを与えられなかったことから恐ろしさはわかるだろう



その他の能力として怪獣軍団を使役する、触れたものを焼き尽くすオーラなど


唯一の弱点はテレポートをつかさどる羽根である





その他のハイパーゼットン

・ベリアルのハイパーゼットン
ウルトラバトル列伝にて登場。外見こそオリジナルと同じであるがバット星人ほどこだわって改造していないためか耐久性は低い

例を挙げればギガント状態はセブンやゼロが1人で倒せる
(セブンはワイドショットで、ゼロは簡易版のファイナルウルティメットゼロで撃破している) 

ギガントでもオリジナルには全く効かなかったゼロキックでひるみ、ソルジェント光線、ルナストライクで圧され、最後はワイドゼロショット、ルナストライク、ソルジェント光線の合体技でゼットンアブゾーバーを破られて倒されている。



・ハイパーゼットン(SD)
ギンガとビクトリーと戦った個体。
翼がないため能力自体はオリジナルよりも低い。しかしそれでもビクトリー、ギンガを圧倒している。
最後はビクトリーのエレキングテイルで拘束され、テレポートを使用不可能にされた状態でギンガストリウムの最強技「コスモミラクル光線」で撃破されている


逆に言えば宇宙の歪みすらただすことのでき、個々のウルトラ戦士の必殺技の何百倍の威力を誇るコスモミラクル光線でようやく倒せたころからけして弱いわけでない




・ハイパーゼットンデスサイズ
オーブと戦った。
イマーゴの時の鎌が成長しても残っているような姿をしている
バリアーやアブソーバーは使用していないが(使用不可能ではない)テレポートにより翻弄し、デスサイズで切り付ける近接攻撃に特化している

スピード対決で オーブハリケーンスラッシュに敗北している


両腕の鎌から察するにおそらくイマーゴを不完全なまま進化させている可能性がある


 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

BOUREI


いよいよ姿を現したレイバトス


やはりレイブラッド星人の遺志を継ぐレイオニクスであり、怪獣などを使役し、レイブラッド星人のように支配者になることをもくろんでいる


死んだ怪獣をあたかもネクロマンサーのように使役することができ、現時点でもよみがえらせた怪獣はやばい怪獣ばかりだ


・デマーガ

・ジュダスペクター

・メカゴモラ

・ビクトルギエル(・・・お前仮にもラスボスだぞ・・・)

・ハイパーゼットン

・バードン

・グドン

・ツインテール

 
通常怪獣であるデマーガ、グドン、ツインテール、バードンはともかく、エックス、ギンガ、ビクトリーを苦しめたジュダ、ゴモラの上位メカ怪獣メカゴモラ、一応ラスボスのルギエルの強化版ビクトルギエル、破滅の魔神ハイパーゼットンなどラスボスクラスの強さを持つ奴らも召喚していることからその強さはわかるだろう




声優は宇垣秀成さん
ウルトラマンエックスにてモルドスペクターを演じたり、爆竜戦隊アバレンジャーにてヴォッファを演じた方である


 


それに戦うのはゼロ、オーブ、(次回予告では セブン、ジャックも登場している)
 
 

ウルトラマンゼロOV キラーザビートスターで初登場したジャンナイン=ジャンキラー

9-300x337
 

特徴

ビートスターによりジャンボットの情報をコピーして生まれたジャンボットの弟機

しかし無数のロボットの情報も元にされており、兄機以上のスペックを誇る

劇中でもインペライザーのような回転しながらジャンバスターを放つなどを披露

ウルトラマンゼロのゼロキックを素手で防ぐなどキングジョーのような頑丈さを見せつける


能力
腰からの光線 ジャンバスター
胸部からの光線 ジャンフラッシャー
腕を飛ばす ジャンナックル
ジャンバスターから放つジャンスターダスト

その他全身の火器を使った遠距離攻撃 


技構成を見てもわかるように遠距離からの狙い撃ちが得意なタイプである
(ジャンボットはバトルアックスなど近距離戦を得意としているため対照的)

また


性格
ジャンキラーとしてゼロの敵として立ちはだかっていたときは冷淡な性格であったがジャンナインとしてゼロの仲間となった以降は無口で小生意気な性格。

しかしながらベリアルに憑依されたゼロ、ゼロダークネスにジャンボット殺された時は大きく悲しみ、ゼロを涙を流しながら止めようと必死になったりと結構熱い一面がある。


由来
ジャンボーグエースに登場した二号機、ジャンボーグ9
こちらは 車に変形ができ、飛行能力がないなど完全陸戦型のパワー戦士であった


今回のジャンナインの名付け親やエメラナ姫であり、UFZ、ゴモラ、リトラ、レイ、ヒュウガに次ぐ9番目の戦士として命名されている


声優
声を演じたのは入野自由さん
千と千尋の神隠しのハクなどを演じている


 

ウルトラマンオーブ劇場版「絆の力お借りします」のDVDの発売決定です




 
初回限定盤はアートカードも付属 


発売日は7月28日


ジードを見ながらオーブも家で見れますね^^

☆Blu-ray メモリアルBOX限定特典
◆特典Disc ジャグラス ジャグラー 闇のメイキング部屋〈ドラマパート編〉
 ジャグラス ジャグラー 闇のメイキング部屋〈特撮パート編〉
 メインキャスト オールアップ・メモリアル
 ウルトラ特撮のチカラ/マナーCM
◆作品解説書 24P/オールカラー
◆仕様 特製三方背ブックケース


☆メモリアルBOX
・通常版共通特典
◆映像特典
ノンテロップED劇場用特報/予告編/TVスポット


という感じです

気になるのはジャグジャグさんの闇のメイキング部屋




・・・なんだよそれ・・・


いろいろツッこみをしたくなりますがいろいろ楽しみですね(笑)



またウルフェスの入場券も円谷プロにて開始!


いろいろ楽しみです!!



 

ウルトラマンジード!

放送は7月8日に決定!


いよいよ全貌も見えてきたジード

ダウンロード (9)


全身像もやっと公開

やはりベリアルの息子らしく黒のラインが入ってますね


見た目はやはりベリアルアーリーと酷似しています



変身者は濱田龍臣さんに決定!


2026657_201307160197902001373973464c



この人、見たことあるよね?




なんといってもウルトラマンゼロ べリアル銀河帝国でランの弟ナオを演じてました

ダウンロード (10)

このときはジードの父親べリアルと戦う幼き戦士として活躍!



ジャンボットと共にダークゴーネを撃破しました


過去のウルトラマン俳優が主演になるのは篠田三郎さん以来かと


それもべリアルと戦ってべリアルの息子になるとは誰も予想できなかったでしょう


とんでもないサプライズを円谷プロ俳優が持ってきましたね!


ただ今回はナオ本人でなく別人としての設定

ストーリーの内容は
主人公・朝倉リクは、ある日ジードライザーとウルトラカプセルを手に入れ、ウルトラマンジードにフュージョンライズ(変身)する力を取得。同時に、自分には悪に堕ちた黒き巨人・ウルトラマンベリアルの遺伝子が受け継がれていることを知ってしまう。地球育ちの普通の若者だと思っていた自分が、実はベリアルの息子・ウルトラマンジードであると知り、リクの運命は大きく動き出す…というストーリー。



というもの!!

ますます期待深まるウルトラマンジード

監督は派手なアクションに定評あるギンガSやフォーゼ、パワーレンジャーの坂本浩一さんというだけあり期待できる作品であることは間違いなし!!

このページのトップヘ