今日11月19日は緑のおばさんの日

緑のおばさんといえばウルトラマンタロウの緑のおばさんを思い出すのはウルトラマンファンだけではなさそう

ウルトラマンタロウの第1話ウルトラの母は太陽のように
で登場した緑のおばさん

アストロモンスと戦い上空から落下して怪我をした光太郎の手当てをした緑のおばさん

気絶していた光太郎を優しく接して手当てをする慈愛溢れた緑のおばさんの正体はウルトラの母ことウルトラウーマンマリーその方でした


このときにウルトラマンタロウのウルトラバッチを授け居候先になる白鳥一家と引き合わせました

このときに緑のおばさん、ウルトラの母も光太郎と息子=ウルトラマンタロウがにていると、彼を実子ウルトラマンタロウの相棒に選んだわけですね



演じたのはペギー葉山さん

歌手でありドレミの歌を訳したのも彼女です

少ない登場でありながらも印象深い方でした

そもそも緑のおばさんというのは交通事故から子供達を見守り無事に学校までの登下校をサポートするために旗をもって交差点などで誘導のボランティアをされている方々のこと

高度経済成長時代の当時、車により犠牲になった子供が多かったのが発足の要因だったようです

また同時に誘拐や性犯罪などの犯罪からも見守ってきました


現在でも活動は続いており私自身もよく世話になったものです
 [画像:1a80109b.jpg]
話はそれましたがこの後光太郎はタロウと融合し数多の怪獣や宇宙人との激闘に向かうわけです
  
その後も嗅げながら光太郎とタロウをサポートし最終回では光太郎とタロウの分離を見届け光太郎の人間として戦う決意を受け止め、応援していました

演じたペギー葉山さんは2017年4月12日にこの世を去りました

ペギー葉山さんは撮影時もキャストやスタッフにも暖かく接されたまさしく母のような存在だったと言われています