今回はエタルガーを紹介


ダウンロード (50)

金色の装飾に赤いストールと仮面という外見のエタルガー

ティガ~メビウスまでのウルトラ戦士すら撃破、しかもあのウルトラマンノアすら撃破した
とうわさされている化け物

身長:55m 
体重:35,000t
別名「超時空魔神」 

時空間を移動する能力自体も恐ろしいが戦闘力も高く、ギンガのギンガファイヤーボール、ビクトリーのシェパードンセイバー、コスモスのネイバスター光線等の高威力技が全く通じないどころかゼロのファイナルウルティメイトゼロすらも仮面が焼ける程度
ダウンロード (51)
普段は仮面をかぶり、隠してはいるが本来の顔は上のように三つ目とむき出しの牙とかなり醜悪な顔をしている






光線やその身体能力を駆使し、コスモスを撃破する

さらに、エタルガーは相手が恐怖を抱いているものの幻覚を見せる「エタルイマージュ」
召喚して操ることができるエタルダミーという能力を持っている


召喚した敵も様々で
人の記憶から→ダークルギエル 
ティガ・ダイナ・ガイアから→ファイブキング 
ネクサスから→ダークメフィスト 
マックスから→スラン星人 
メビウスから→エンペラ星人 
ゼロから→ウルトラマンベリアル



と一度はウルトラ戦士を撃退した相手を呼び出している
(スラン星人を除いて)


本来はマックスならばゼットン、キングジョー、ダークバルタンなどが選ばれそうだがマックスオリジナルの怪獣ではく、イフとかもスーツの影響で使えず、使えるのはミケタマクロくらいだったため戦闘向けに使えるマックスオリジナル怪獣になってしまってる・・・


エタルガーはその能力を駆使してそれぞれの世界のウルトラマンを撃破している

なお、エタルガー自身はそれだけにとどまらず、惑星ザントのアレーナを操り、ウルトラ戦士を封印することができる魔鏡により復活の余地を与えなかった

魔鏡の力を利用するためにアレーナに近づくが、その時は惑星ザントがウルトラマンギンガによって襲撃を受け、滅ぼされた、アレーナ自身はエタルガーに救われたという偽の記憶を植え付け、ウルトラ戦士への憎しみを植え付けて洗脳とかなり陰湿な手段を取っている

以来アレーナの従者のふりをしつつ、各世界でウルトラ戦士を撃破した


しかし魔鏡の波長はビクトリウムと同じ波長であり、ビクトリウムで魔鏡の影響を無効化することができたためウルトラ戦士たちは救出された

最終的にはウルトラマンキングが与えたウルトラフュージョンブレスにティガ~ゼロまでのウルトラ10勇士の力が備わったギンガビクトリーの活躍で撃破された


目的はエタルガー自身が最も恐れる「人間とウルトラ戦士との絆」を消滅させること
上述のようにあのウルトラマンノアを撃破したといわれているが、異説があり

・本当にノアを倒した説(公式HP)
・ネクサスのセリフが姫矢さんを意識されている、エタルダミーがザギやルシフェルではなくメフィストから、ネクサス姫矢編のラスト以降の可能性がある

・ノアの分身のネクサスを倒しただけ?説
HPではネクサスの説明欄に「本体はウルトラマンノア」という説明がされている
「本来は」との誤植の可能性もあるが、本体はという意味を考えたらノアは各宇宙に自身の分身であるネクサスの力を送り込み各宇宙を守っているという考え方もできる為、エタルガーが倒したのはノアではなく、ノアの力の一部で適能者となった姫矢さんににた人が変身したネクサスを倒したのでは?という考えもある


ノアを本当に倒したかは不明であるが、名だたる平成ウルトラ戦士を撃破したという事実は真実であり、エタルガーがチートクラスの化け物というのは間違いはない







あくまで公式も真実はぼやかしているので真実は視聴者の想像に任せるということだろう