2018年放送されたHUGっと!プリキュア
【画像】プリキュア30話

プリキュア15年記念作品ということで過去作品のプリキュアが全員登場したり、子ども向けとは思えないLGBTや男女格差問題、ブラック企業等という社会問題を風刺した内容となっている作品

この作品には割とウルトラマン要素がチラホラと隠されている

勿論公式で公開された内容ではないが、どう考えてもウルトラマンオマージュしたと思えない設定や内容が組み込まれている




・ウルトラマンオーブクロニクル

baf8b4419ede0aff97aac87ba596fe9c

HUGっと!プリキュア放送時点でウルトラマンはウルトラマンオーブクロニクルを放送していた

だがこの時にあまりにも展開が被る内容がいくつかあった

・HUGっと!プリキュア 12話(神回)ダウンロード (3)

この時主人公プリキュア、キュアエールは理想の自分に程遠い今の自分、なりたい自分との差に苦しんでいたが仲間である薬師寺さあや、輝木ほまれのサポートもあり立ち直る
一方、敵であったキャラの1人チャラリートは度重なる失敗の末にクビになる寸前となり心壊れて暴走
新たな覚悟を抱くキュアエールの前に聖剣が現れた

この時、ウルトラマンオーブクロニクルでは偶然にも復活の聖剣の再放送だった20161031023114b6c



円盤生物
ウルトラマンオーブクロニクルで地図にないカフェの再放送時にHUGっと!プリキュアでは敵のスパイ、ルールーアムールが野乃はなの家に潜伏した

その時にルールーがプリキュアと退治した時に円盤に乗って戦った

地図にないカフェといえば円盤生物ノーバが登場した回だ

またその時プリキュアチームはルールーの歓迎会を開いている

ルールーがパーティの意味をわからずに冷たくあしらったため何も起きなかったが、円盤、パーティと来たら全滅フラグも免れなかっただろう
ダウンロード (5)
オーブクロニクルとの謎のリンクは確認したところこの2話だけであるが、展開だけならともかく曜日も普通かぶるだろうか・・・


愛崎えみるとウルトラマンジード

DdCI4McVwAUosCp


プリキュアの追加戦士枠の愛崎えみる
彼女は最初はプリキュアに憧れてヒーローごっこでプリキュアを名乗っていたがみんなのために「覚悟」決め、オシマイダーの前にも「勇気」を燃やした

そんな彼女が本物のプリキュアになり多くの人は「衝撃」を見せられたmaxresdefault


もう分かると思うがこの展開はウルトラマンジードに酷似している

これだけなら探せばある熱い展開だろとあしらわれるかもしれないが彼女の苗字は愛崎とリクの姉とも言えて彼にじーとしててもどーにもならないと教えた愛崎モアと同じ苗字 

さの文字が濁点があるか違いあるが愛崎という苗字自体現実にはない名前であり被るとしてもここまで被るのは普通ではない
ダウンロード (6)



ジョージ=クライとダークルギエル
ダウンロード (8)

ハグっとプリキュアのラスボスはジョージ=クライと呼ばれる男だ
彼は色々話が複雑なので端折るが未来から来ており、絶望の未来に進むよりもそのまま幸せなまま時を止めて永遠の幸せを目指し、時を止めることを目論んだ
ダウンロード (7)

この話を聞いて思い浮かべるのはウルトラマンギンガの宿敵、ダークルギエルの目的と全く同じだということ


ウルトラマンR/Bとハグっとプリキュア
ハグっとプリキュアの変身アイテムはミライクリスタルと呼ばれる、世界に溢れている明日を創る希望の力アスパワワが結晶となったもの。これを用いることではな達はプリキュアに変身できる。ハリー曰く世界の時間を守るもので、はぐたんのエネルギー源でもあるそのアイテム

718_4

クリスタルということで奇しくも同時期に放送されたウルトラマンR/Bと同じなのだ
ダウンロード (9)



また、R/Bの基本フォームのクリスタルはタロウ、ギンガ、ティガ、ビクトリーとウルトラマンギンガに因縁深いウルトラマンたちになっており、まるでルギエル包囲網のようになっている



ウルトラマンゼロとミデン
201810180074_ex


劇場版ハグっとプリキュアで登場した敵キャラでミデンというキャラが登場します
声は宮野真守さんなんですが、ミデンとはギリシャ語でゼロを意味する

普通こんなこと偶然で片付けることは出来るだろうか
#zero-20090910-102641L


その他小物類
作中で薬師寺さあやがCMでシュワシュワウォーターを紹介していたダウンロード (12)

この名前で彷彿とさせたのはウルトラマンオーブのナオミが売り子のバイトで売っていたシュワシュワコーヒーダウンロード (11)

ちなみに薬師寺さあやちゃんはハロウィン回でこんなポーズをしている
20201220_090001

「もうこれ確信犯だろ」
ちなみにこのシーンはハロウィンのコスプレを話しておりえみるが怪獣の着ぐるみを着ると話していた際に怪獣ポーズをしていたえみるにしている

もう言い逃れは出来ないな

これだけの根拠を並べるたら偶然では片付けることはとても難しく、プリキュア制作スタッフはウルトラマン、しかもニュージェネレーション組をイメージしたと考える方がむしろ自然なのだ

これはプリキュアがウルトラマンをパクっていると言いたいのではなく、放送時期までかぶっていることからもしかしたらバンダイを介してウルトラマンのスタッフとプリキュアのスタッフは実は繋がっていて互いにいい作品を作ろうと切磋琢磨しているのではないかと考えていまる