ウルトラマンダイナで登場した

姑獲鳥(こかくちょう)
719


この怪獣、元々はガゾート、クリッターのように電離層に潜む生命体のひとつで外見は人間の女性の体に鳥のパーツを付けて顔に大きな嘴が特徴
151

嘴の中には本当の頭部が存在しており不気味な笑みを浮かべる

この姑獲鳥は妖怪の名前であり(うぶめ)とも呼ばれているがウルトラマンダイナのこいつは(こかくちょう)と読む

元々姑獲鳥は不吉な妖怪として信じられており、元々は人間の女性であったか妊娠時に子どもが不幸にも死んだことで妖怪化し子どもを攫ったり病気にして殺すという悪意に満ちた妖怪である


ウルトラマンダイナの姑獲鳥も元ネタに倣って凶悪な性格をしており地殻を刺激して地震を意図的に起こしこの電子エネルギーを捕食するという迷惑極まりない行動をとる
174

武器はプラズマ光弾である他、自身はプラズマ生命体のためエネルギー攻撃を無効化にできる、また性格は上述の通り悪意に満ちており人語を話すなど頭がいい


最終的にダイナとの戦いでは落雷や光弾で攻撃するもミラクルタイプにより形勢逆転、落雷を吸収されエネルギーを取り戻したダイナのレボリウムウェーブにより消滅した

ちなみに姑獲鳥といえば、1つ現代の都市伝説が存在しており、相蘇敬介さんというアーティストが姑獲鳥をモチーフに作品作ったがデザインがあんまりにも不気味な為か海外でその画像を都市伝説上の不気味なアプリのキャラクターとして勝手に画像利用され彼自身が誹謗中傷を受けたという話がある

そのアプリは使ったユーザーに無理難題な命令を行い最終的には自殺させるというもの

途中で抜けるというものならばそのユーザーを呪いいずれにせよ興味本位でアプリを始めたユーザーは死んでしまうというとんでもないアプリだ

当然このようなゲームアプリは存在せず単なる噂であったがイメージ画像は海外の迷惑な人間により作られておりあろうことかこの画像のキャラとして使われてしまった

姑獲鳥自体が不気味な妖怪でありそれを最大限に表現されているとても素晴らしい作品であり、今にも動き出しそうな程の丁寧で作り込まれた造形は見ていて震えてしまいそうなほどいい意味で不気味な造形でありトラウマになる人も多いと思うので調べる時は注意して検索して欲しい




閲覧注意!