本日2021年4月8日はウルトラマンメビウス放送開始から15周年


ダウンロード - 2021-04-08T212517.191

ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念として描かれたウルトラマンメビウス

その最たる特徴といえば、やはり昭和ウルトラシリーズの正当なる続編であることを明記された作品

劇中でもいわゆるお祭り作品ということでウルトラマン~80までの歴代ウルトラ戦士が総出演ということで当時は大きな盛り上がりを見せていた

このウルトラマンメビウスは非情に大きなウルトラの歴史のターニングポイントとも言える

・ウルトラの歴史の整理
ウルトラマンメビウスは昭和ウルトラシリーズの集大成という面も持っており、それと同時に各作品の間でそれまで曖昧だった設定がまとめられた
ダウンロード - 2021-04-08T215821.368

例を上げれば、ウルトラセブン=モロボシダンの行方
ウルトラマンレオではモロボシダンはシルバーブルーメに捕食された後の生存は非情にあいまいなものであり、映像作品下でのセブンの活躍はそれまでは平成ウルトラセブンシリーズくらいであり、それもレオにつながらない世界線での物語だった
ウルトラマンメビウスの作品下によりようやくセブンはウルトラの母に救われて生存していたことが明らかになった
images (23)

また、ウルトラマン80~メビウスまでの空白のM78の地球が描かれなかった空白25年間についても補完がされ、マン~エースの4兄弟はヤプールと戦った影響で変身能力を封印した、タロウは光太郎と分離した後に教官職に付いていたこと
dc8b51d7599303128e0d872d22855ea6

帰ってきたウルトラマン最終回で光の国と地球を同時攻撃したバット星人の同期が初代ウルトラマンをすくった命の固形化技術の奪取だった

1608045235

ウルトラマンタロウの回想で描かれたエンペラ星人についても初めて描かれた
ダウンロード - 2021-04-08T215334.663

回想では単なる黒い人で描かれ、曖昧だったその存在、その姿は本当にあんな感じだったとは言ってはいけない・・・笑


など数々の設定が組み込まれ、それまでは昭和ウルトラシリーズの間でも曖昧だった世界観のつながりが明記される事となった


・昭和M78シリーズ最後の作品
ウルトラマンメビウスがターニングポイントだと思う点はもう一つあり、それがウルトラQからメインだったM78のある地球の最後の物語でもある
現在(2021年)までの間、メビウス以降の作品の地球はすべてM78の存在している地球とは平行世界の地球である
というのもメビウスから大怪獣バトル、そしてゼロまでの時間軸はかなりの年月が経っており(推定数千年)、技術力も上がり平和な地球を実現しており、ウルトラ戦士の助けがなくとも外敵からみを守る術を身に着けているのだ

最後にM78の地球人について描かれたのは大怪獣バトルでチームZAPを結成し、宇宙開拓に勤しんでいる様子だった

このようにウルトラマンメビウスの物語は昭和から続いたM78シリーズの集大成であると同時に後のゼロやギンガ、Zへ続く物語への分岐点だったように思える