ぱちんこ ウルトラマンタロウ2が販売されて少し経って、ウルトラマンタロウやウルトラ兄弟に興味を持ってくれる人が居たらいいな・・・ということを期待して今回はウルトラマンの基本である

ウルトラ兄弟について解説していきます!


ダウンロード - 2021-05-11T001759.969



まず、ウルトラ「兄弟」と言っているのですが、彼らは本当の兄弟ではなく、義兄弟であるということ

血縁関係があるのはウルトラの父(ウルトラマンケン)、ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)、ウルトラマンタロウのみ(セブンとタロウは従兄弟)

それを前提としてウルトラ6兄弟を紹介していく

・ゾフィー(長男)
images (26)

ウルトラ兄弟の長男であるウルトラマン
ウルトラの父から宇宙警備隊隊長を受け継ぎ、現在はウルトラ兄弟だけでなくM78星雲の宇宙警備隊の指揮を取っている
そのため前線で戦うことは他のウルトラ兄弟と比べて少ないが隊長として300万人いる宇宙警備隊一人ひとりに気を配り、優れたリーダーとして活躍している
当然実力も相当なもので一撃必殺級のM87光線などを体得しておりラスボスクラスのマガオロチを封印したりと他のウルトラ戦士とは1段高い実力を持っている(いわゆる一点集中型)
交友関係に研究職のヒカリやアンドロメロス等がいる
両親は劇中登場していないが、父親はケンと盟友だったが戦死している模様


・ウルトラマン(次男)
ダウンロード - 2021-05-11T001927.033

ご存知初代ウルトラマン
長年前線で戦い抜いたことで磨かれた経験により、いかなる相手にも立ち回れる通称「怪獣退治の専門家」
格闘ではプロレスのようなファイティングスタイルを得意としており投げや蹴りなどの豪快な攻撃を繰り出すことができる
必殺技のスペシウム光線はウルトラ戦士なら全員が使える基本技であるが、それを必殺技として使えるのはウルトラマンのみとされている(野球で例えたらストレートを魔球クラスにまで研ぎ澄ますもの)
しかもスペシウム光線だけでなくそれを円鋸状ににして飛ばす八つ裂き光輪、装甲や耐熱能力持つにも有効な内部爆発させるアタック光線等、基本だけでなく応用も熟せるというから流石怪獣退治の専門家は伊達ではない(しかも最近は八つ裂き光輪を念力でコントロールして追尾弾としたり盾にしたり手持ち武器にしたり連射したりもはや何でもありクラスだ)

さらには地球で完敗したゼットンに負けたのが相当腹立ったのか今では同クラスのゼットンなら光線を使うまでもなく撃破できるというからもはや向かうところ敵なしだ・・・
父親はウルトラセブン21も所属の宇宙保安局局長、母親は大学教授らしい

・ウルトラセブン(三男)
ダウンロード - 2021-05-11T002113.977

ウルトラセブンは元々宇宙警備隊に所属していたのではなく、恒天観測員で340号と呼ばれていた、いわゆる研究職だった
にもかかわらず1年ほど地球を(勝手に)守っていた、しかも並大抵の宇宙人には苦戦することなく瞬殺していたというから彼の途方も無いスペックの高さが伺えるだろう(ちなみにエネルギーをセーブした状態で異世界に行ってもほとんど無双状態だった)
彼の父親は後にネオスなども所属している勇士司令部という宇宙警備隊員の中でも優れた才覚をもつエリート部隊の隊長というエリート中のエリートであり、おそらく彼もそんな父から訓練を受けていたのだろう
必殺技は速射、連射に優れ、威力も調整でき、洗脳解除などもはやなんでもありのエメリウム光線
小刀ナイフとしても投げても使える万能ブーメラン アイスラッガー
必殺のワイドショットなどが有名
彼の類まれなる才能は息子であるウルトラマンゼロへと受け継がれていった
妻は宇宙科学局所属であることと、ゼロが赤と青のウルトラマンであることからブルー族であると思われる


・ウルトラマンジャック(4男)
images (27)

帰ってきたウルトラマン、帰マン、ウルトラマン二世、新しい方のウルトラマン等など放送当時から様々な呼ばれ方をされてきたが、現在はウルトラマンジャックという名前で定着しているウルトラマンジャック(メタ的に言えば元々帰ってきたウルトラマン=初代ウルトラマンとして企画されていた)
基本技はスペシウム光線、八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)等初代ウルトラマンと似通った技を最初は使っていたがウルトラマンほど威力は高くない。がシネラマショット、流星キックなどの技も持っている
彼の特徴といえばウルトラセブンからもらった万能武器「ウルトラブレスレット」であり、そのイメージが強いためブレスレットが本体とネタにされることが多いが、ウルトラブレスレットをここまで巧みに使えるのはジャックのみであり、普通の人(というかウルトラマンゼロですら)が使ってもランス、ディフェンダー、ウルトラスパーク程度しか扱えないがジャックの場合はそれだけでなく、惑星を爆発させるウルトラボム、ブレスレット鞭、ウルトラ火輪、ばらばらになった自分を再生できる再生能力等非常に多くの能力を引き出せている
また、ウルトラランスの槍捌きはウルトラマンゼロですら手も足もでないというからエグい・・・
ちなみにブレスレットがなくても弱いわけでなく、2代目ゼットン、ブレスレット耐性を持つブラックキング等の強敵
は普通にブレスレットなしで撃破している 
また高さ80メートル以上の超大津波を無効にするなど地味にとんでもないことをしでかしている
ちなみにセブンやタロウの前に妻子ありと設定されている
父親は科学技術局の元長官でありウルトラマンヒカリの上司だったりすることからもしかしたらウルトラブレスレットは科学技術局で作られたものである可能性が高い

・ウルトラマンエース(5男)
images (28)

ギロチン王子とネット上でネタにされることが多いウルトラマンAはその名の通り切断技の名手である。 なんと彼の技のレパートリーはコスモスに抜かされるまでトップであった(ちなみにタイプチェンジ抜きにすれば今でも1位はエース)
そんな技のデパートとも言えるエースであるが実は両親とは幼少期に戦争で死別しており、ウルトラの父と母の手で育てられており、ゾフィーにはその時から面倒を見てもらっており、エースにとってはゾフィーは実の兄、タロウは実の弟に等しい存在である
そのためかウルトラ兄弟の中で一番仲間や家族思いの熱血漢であり、ゴルゴダの星の事件のときには兄たちの絶体絶命のときに自分も運命をともにすると言って聞かなかったり、タロウやメビウス、ギンガの時には真っ先にピンチに駆け付けようとしていたりといい意味でも悪い意味でも感情的な面を持っている。
ウルトラマンゼットにZの名を与えた宇宙警備隊としての名付け親であり、彼が終わらぬ戦いを終わらせ、最後の勇者となることを願いアルファベットの最後のZの名前を与えた、戦乱で家族を奪われたエースだからこそ平和への願いも一際大きいと言える

エースの頭の穴はウルトラホールと呼ばれており、仲間のエネルギーを吸収して自らの技としてコピーできるというチート能力を持っている


・ウルトラマンタロウ(6男)
images (29)

エンペラ星人を追い詰めた父、優れた治療能力で殆ど死んでいる相手すらも回復させられるウルトラの母の強さを受け継いでいるだけありウルトラ兄弟の中でもゾフィーと並んでチートランクのウルトラマンとされている
ちなみにケンもマリーもシルバー族なのにセブンタイプのレッド族なのは、マリーがセブンの母親と姉妹だったことからも母型の血を濃く受け継いだ隔世遺伝であると思われる
明るく破天荒な性格をしており、子供の時からやんちゃな面を見せていたほど元気が有り余っている感じであったが学生時代は主席だったことからも頭が良かった
内気で研究志向だったウルトラマントレギアとは幼馴染だった
現在では教官職に付いており、メビウスを育て上げた。
教官としての顔は生徒の自主性を尊重しながらも導く面倒見のいい大人の男であるが本質の幼少期からの性格は変わっておらず教官としての立場がない場所では気さくな兄貴分といった感じでありウルトラマンギンガのヒカルとは友人である。
ウルトラマンタイガの父親であり、自分の息子の成長を陰ながら見守っている



まとめるとウルトラ兄弟の個性溢れる設定などがわかる
ちなみにウルトラ兄弟最強議論は昭和時代から続いているが現在はゾフィー、タロウの2強という印象が強いが上述の通り兄弟全員があまりに条理を超えた強さのため一概には言えない