前回ウルトラ6兄弟について解説していったので今回は

レオ~メビウスまでの6兄弟以外のウルトラ兄弟について紹介していく

ゾフィー~タロウまでのウルトラ兄弟についてはこちら

以前にも紹介したとおりウルトラ兄弟は義兄弟であり優れた功績を残した宇宙警備隊員たちであり、そのウルトラ兄弟でも伝説的存在とされているのがゾフィー~タロウまでの6兄弟というわけだ


・ウルトラマンレオ(7男)
c_13

今は亡きしし座L77星出身、地球に流れ着き、亡命して過ごしていたが自身の故郷しし座L77星を滅ぼした元凶であるマグマ星人が地球侵略を開始したことを機にウルトラマンとして地球を護ることを決意した。
元々しし座L77星で過酷な訓練を受けており、型の決まってる格闘技としては才能があったものの殺し合いとしての実践レベルではなかったため、ウルトラセブンの特訓を受けさらに才能を磨き上げて行った。
ババルウ星人の策謀で地球とウルトラの星の衝突事件を寸手で止めるのに大きく貢献した事とウルトラマンキングの推薦を受け晴れてアストラと共にウルトラ兄弟へ加入した。
光線技はあまり得意でないものの円盤生物の巣窟である悪魔の星「ブラックスター」を一撃で崩壊させる程度には強い、得意戦法は空手を豊富ととさせる近距離戦であり格闘戦でレオに挑むのは無謀と言える
メビウス客演時にはメビウスの戦いを見て厳しい言葉を投げかけるもののしっかりと解決策を示し、訓練中も影から見守り、いざとなれば自らも救援に駆けつけるなど厳しさと優しさを兼ね備えた優れた武人であり、半グレだったゼロを心身ともに鍛え上げた(恩師からの頼みで厳しく行くように言われてたとか)

・アストラ(8男)
ダウンロード - 2021-05-11T231544.711

ウルトラマンレオの実の弟。かつてマグマ星人に侵略されたときに捕虜とされ奴隷にされていたときにウルトラマンキングに救われた。
レオとともにババルウ星人の策謀を防いだ貢献(とお詫び)とキングの推薦でウルトラ兄弟に加入した。
地球での戦いは少ないもののキングから特訓を受けておりパンチ力はウルトラ兄弟中でもトップクラスの実力を誇っている
性格はレオほど厳しい性格ではない模様でゼロがレオと訓練していたときもキングと共に見守っていたり、ちょうどレオの訓練が厳しすぎるときはアストラがフォローを入れていたのではないかと思われる。


・ウルトラマン80(9男)
ダウンロード - 2021-05-11T231517.653

昭和ウルトラシリーズのラストを締めくくったウルトラ戦士。
元々ウルトラ兄弟候補生として地球に来ていただけありその実力は本物であり、事実80地球滞在時は一度も敗退をしていない
家族については明らかになっていないが、漫画版だと死別居ている模様で育ての親は宇宙警備隊副隊長のレッドとされている。
本編では中学校教師として少しの間教鞭を取っていたが怪獣との戦いが苛烈化していったことで辞職し、地球防衛に専念することとなった。
戦闘ではアクロバティックな動きで相手を翻弄する戦法を得意としている。
また漫画版では若いときは実力はあったものの調子に乗って訓練をサボり、諭しに着たゾフィーに殴りかかるなどグレていた時期があったとされているがその後しっかりと更生した。
また、学生時代に失恋したこともあったりと学生時代は波乱万丈だったもよう。
その経験は教師として活かされており、地球滞在時はもちろん現在もウルトラマン80の座学は非常にわかりやすいとゼロやゼット等多くのウルトラ戦士から評判である。(身につくかどうかは当の本人次第だが)
また、ウルトラの星の王女であるユリアンとは幼馴染であり彼女から恋心を抱かれているが当の本人は女性としてというよりもむしろ妹のような感じで見ている。

・ウルトラマンメビウス(10男)
ダウンロード - 2021-05-11T231453.291

2006年に地球で活動したウルトラ兄弟の中でも最年少のウルトラマン。
宇宙警備隊の訓練生の中でもエリートでありその才覚は教官であるタロウからも一目置かれていた。
ウルトラの父から授かったメビュームブレスを活かした戦法を得意としている。
地球滞在時は本人の経験不足により苦戦も多かったが地球での仲間やウルトラ兄弟のサポートもあり1人前のウルトラマンへと成長し、ウルトラの父からの光の国の宿敵であるエンペラ星人やその重鎮たちを撃破していった功績によりウルトラ兄弟へ加入した。
現在は地球での経験を活かし教官として活動している。
本人の性格は極めて真面目、正直者であり基本的に自分と同じかそれ以上の相手にはさん付け、敬語(ヒカリは除く)。それにより騙されることも地球ではしばしばあったが現在では本人のメンタルの成長で頼れる兄貴分へと成長した。
交友関係に盟友としてウルトラマンヒカリがいる。後述するがヒカリは年上であるがヒカリは盟友であるがゆえ敬語でなくタメ口で話せている



ウルトラマンヒカリ(11男)
ダウンロード - 2021-05-11T231804.538

ウルトラ兄弟唯一のブルー族であるウルトラマンヒカリは11男ではあるが年齢的にはゾフィーと同期というからややこしい・・・
元々科学技術局所属という研究職で様々な発明をしており、初代ウルトラマンがゼットンに倒されたときにゾフィーが持ってきた命も元はヒカリが開発したもの。
性格は純粋であり少し神経質な面を持っており、上述の命を開発したときにそれがきっかけでバット星人に侵略を受けたときに傷心し放浪の旅をしていたが放浪の先にたどり着いた惑星アーブがボガールに滅ぼされたときに憎しみの鎧「アーブギア」を纏いボガール討伐のために奮闘したがそのためにならいかなる犠牲も厭わないとしてメビウスと対立したこともあるが元々純粋で優しい性格であるがゆえ非情になりきれなかった。
メビウスとボガールを撃破した際に一度死亡したがウルトラの母により救われたことで立ち直った。
メビウスととともにエンペラ星人を撃破した功績でウルトラ兄弟に加入した。
攻撃戦法はウルトラマンキングから授けられたナイトブレスを活かした戦いを得意としており、中でもナイトブレードを活かした剣術が特技で、武者修行中だったザムシャーにも宿敵とされていた素の実力も高く光線吸収能力のあるベムスターをナイトブレスなしで倒したこともある
とはいえ彼の本領は技術開発であり、ビクトリーの強化武器であるナイトティンバー、ウルトラマンジードやゼロが使ったライザー、その発展型であるゼットライザー、対ゴーデス細胞の特効薬といった様々な発明品を生み出している。がライザーは割と盗まれることが多いのが悩みのタネ
交友関係にゾフィー、盟友であるメビウス。後輩にリブットの友人であるウルトラウーマンソラ、そしてウルトラマントレギアがいた
特にトレギアは研究職時代特に目にかけていたが彼の闇堕ちの動機の一つに自身のかつての暴走が一枚噛んでいたりする