ウルトラ戦士の一番の敵は人類である

そういう人も少なくない理由として、人類の身勝手なエゴで怪獣や宇宙人が攻めてきた話が少ないからです。

そういった人類に不都合な怪獣事件をウルトラマンメビウスの世界では ドキュメント・フォンビドゥン(隠された資料)としてまとめられています。

今回はそんな不都合な怪獣たちを上げていきます


・棲星怪獣ジャミラ
登場:ウルトラマン「故郷は地球」
身長:50M
体重:1万トン
特徴:棲星怪獣といわれていますが本来の生息地は地球。
その正体はジャミラと呼ばれる地球人。
冷戦時代、軍事的な宇宙開発が盛んだった時代に宇宙飛行士であった彼は不慮の事故で宇宙船が水のない星に墜落、国へ救助サインを出したが国は助ける必要がないとして彼を放置。死亡したものと思われていたが生き残り、星の環境に 適応し怪獣化、人間への復讐として自分の宇宙船を改造し地球に帰還、国際会議場を襲う。
最期はウルトラマンのウルトラ水流によって水を大量に浴びて死亡、地球の土に帰れたことが唯一の救いか

その後、 同僚であったアランはこの事件の真相の暴露本を出すが国により冤罪を着せられ投獄、暴露本も絶版になったため真実を知るものはごく一部になってしまった


・岩石宇宙人アンノン
 登場;ウルトラセブン「闇に光る目」
身長:30M
体重:15万トン
特徴:地球防衛軍の開発した惑星調査ロケットを侵略兵器と思い込み、地球にやってきた。地球の生命体と大きく異なる生態系を持ち、核は脳と目だけの生命体で岩などに憑依し体を得る。
性格は比較的おとなしく平和的であるが地球が侵略してきたと思っているため地球人の殲滅を目論む。
最終的にはセブンの説得に応じ帰還する。

・策略宇宙人ペタン星人
登場:ウルトラセブン「ウルトラ警備隊西へ前後編」 
特徴:地球防衛軍の開発した惑星調査ロケットを侵略兵器と思い込み地球にやってきた(またかよ)
宇宙船であり攻撃用ロボットであるキングジョーに搭乗して地球を攻撃。 好戦的でありセブンの説得で侵略意思はないことを伝えられた後でもロケットを送り込んできたという大義名分を旗に地球侵略を強行。
最期はウルトラ警備隊のR30爆弾でキングジョーを破壊されたのちに円盤で逃亡を図ったがセブンによって撃破。

・再生怪獣ギエロン星獣
登場:ウルトラセブン「超兵器R1号」
特徴:地球防衛軍の開発した(いい加減にしろ)により発明された惑星破壊兵器R1号は実験の為灼熱の星であり、生物がいないとされていたギエロン星を爆破。実際には生物が存在しており、地球防衛軍により絶滅したが唯一この個体だけが生存、爆弾の放射能により異常進化と凶暴化し地球に復讐にやってくる。
放射能ガスやリング光線、アイスラッガーすら効かない体の防御力と再生能力で防衛隊、セブンを苦しめるが最後は腕をちぎられ、アイスラッガーで喉笛を切断、頸動脈を斬られた大量出血で眠るように息を引き取った 

・寄生宇宙人ヴァルキューレ星人
登場:1999年版ウルトラセブン「 栄光と伝説」
特徴:ウルトラセブンの活躍から数十年後、 地球防衛軍(もういいよ・・・)は地球に侵略する可能性のある星に先制攻撃を仕掛ける「フレンドシップ計画」を実行しようとする(どこがフレンドシップだよ!)
これの計画で調査されて怒ったヴァルキューレ星人は防衛軍とウルトラ警備隊の無力化のために潜伏、寄生の名のとおり人間を精神支配することができ、内部で殺し合いを起こさせて壊滅させようと陰湿な手段をとる。(旧ウルトラ警備隊フルハシ隊員もこの時に死亡)その後ふるはし隊員に寄生しウルトラホークで一般市民を襲い、彼のクーデターによる仕業にさせ、警備隊の信用を落とし、活動停止させた。最期はウルトラセブンにより撃退
(なおこの平成セブンは現在のウルトラシリーズとはつながっていない)

・宇宙捜査員メイツ星人 
登場:帰ってきたウルトラマン 「怪獣使いと少年」
特徴:地球の環境を調査にやってきたメイツ星人は地球の大気汚染の影響で衰弱、自分の地下に隠した宇宙船を掘り出すこともできずにいた、そんな時に天涯孤独の少年佐久間少年が巨大魚怪獣ムルチに襲われていたところを念動力で怪獣を地下に封じ込めることで救出、金山と名乗り一緒に川辺で住むことになる。
佐久間少年は被差別を受けており、大人、子供からも陰湿ないじめを受けており、金山は彼を念動力ですくっていたが、結果的に彼も宇宙人と思われ、余計に差別を受ける結果になり、商店街では何も売ってもらえないという差別を受けることになってしまった。(唯一パン屋のお姉さんだけはパンをうってくれた)やがて市民は2人を宇宙人として殺そうとするが金山は自ら宇宙人は自分だけで佐久間少年は関係ないとかばうものの警官により射殺された。
その後封印されていたムルチがよみがえり、民衆を襲う、この際都合のいいことに宇宙人であるウルトラマンに助けを求める姿に郷秀樹=ウルトラマンジャックも絶望した
その後佐久間少年はどうなったのか明らかになっていないがウルトラマンメビウスによれば彼が死んだ後も宇宙人として差別を受けており、やがて行方不明になっていたことが明らかになった 

マツコ有吉の怒り心頭でも挙げられたこともあり知名度は高い作品、金山は在日朝鮮人に多い名前で、佐久間少年の父親がいたのは北海道=アイヌ民族、川辺で済んでいたことから部落を暗示刺せていると思うのは私だけでしょうか?またこの話は議論も多く、メイツ星人が地球に調査にやってきた理由が明らかになっておらず、もしかしたら地球侵略の準備のためだとも言われています(殺された本人は悪人ではないため知らなかった説が濃厚)いずれにせよ宇宙人による侵略が続き、疑心暗鬼になっている地球に無許可で潜伏していた彼にも非があったのは間違いありません。(普通に考えれば他人の家を勝手に調べてるものですからね)
のちの作品、ウルトラマンメビウス、怪獣使いの遺産では後日談が語られており殺されたかの息子「ビオ」がムルチを改造しゾアムルチ(ゾア=憎悪)として復讐に来ています。
小説版ではより深く書かれており、メイツ星でも自分たちにも非があったとし、星間問題に発展する恐れがあるとして隠蔽されています。




・宇宙大怪獣ムルロア
登場:ウルトラマンタロウ「これがウルトラの星だ」「燃えろ!ウルトラ6兄弟」
元々は宇宙にあるムルロア星に生息していた生物、 おとなしい怪獣であったが某国の軍事兵器トロン爆弾の実験台にされて星を滅ぼされ、怪獣化したというギエロン星獣と同じ復讐目的でやってきた怪獣。
光を嫌うため地球に宇宙蛾スペースモスを地球に覆い、太陽を遮断、溶解液は人間はもちろん、鉄塔すら瞬時に溶かしてしまう威力を誇る。光を消したため、タロウを苦しめるが、ウルトラ兄弟の手を借り、ウルトラの星の宝具、ウルトラベルの力でスペースモスは消滅、タロウとZATの協力で撃破に成功

異常が昭和ウルトラマンの人類のエゴで犠牲になった怪獣の代表です。

こうしてみるとやっぱりひどいな・・・(;´・ω・)
なんといってもその後全く救われてない存在が多いというのもまた・・・