ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

カテゴリ: コラム

しばらく前に話題になったn/aプロジェクト




渋谷の街を突如襲う怪獣〔ザラガスモチーフ〕

電車を咥え、我が物顔に渋谷駅周辺を荒らすザラガスの前に現れた銀色の巨人


ウルトラマン
「ウルトラマン na」の画像検索結果

かなり作風はリアルなフルCGであり、ウルトラマンは足の指や表情、口元もかなり人間味のある形にリメイクされています


詳細は不明のままですが、このウルトラマンのフィギュア、発売されるそうです

amazonよりウルトラマン 彩色済み組み立てキット






画像を見る限りでも足の指、目の表情、しかめたような口元など完全にn/aプロジェクトのウルトラマンですね

_SX425_


なかなか猛々しい顔ですね、改めてみても


このn/aプロジェクト、詳細が一切明かされておらず、一説にはシンゴジラに対抗して作られたPVだったともいわれていますが現段階では何とも言えません



でもこのCGクオリティは高く、ウルトラを知らない人にもウルトラマンのカッコよさ、大迫力さは十分伝わったと思います。





2018年以降、ウルトラマンをはじめとした業界に逆風が吹き荒れそうです

というのも

ウルトラマンや様々なアニメや特撮作品の取引先ともいえるパチンコ業界が一気に衰退する可能性が高いんです



2017年以降、パチンコの法改正により、現状以上に勝ちにくい=儲けにくくなるということになるようです


パチンコの法改正の内容は下記を参照してください

・4時間遊戯した場合の出玉を現行の3分の2まで下げる(つまり4時間で5万円以内の出玉にすること)

・1回の大当たり上限2400発→1500発へ引き下げ

・射幸性を抑えるために、出玉情報を容易に把握できるようにすること

・パチンコに6種類までの設定を認める

※当たりやすくなるとは言っていない

同様にパチスロも改正され

・1回の大当たり払い出の上限を480枚→300枚へ引き下げ

・スロットについてもパチンコと同様に遊戯獲得性能について新基準の新設を行う(6号機の導入ということ)

※当たりやすくとは言っていない

簡単に言えば、今のパチンコ、スロットの当たる確率はそのままに、その出る玉の数が大幅に減るということ

つまり、勝つ=利益を得ることが徹底的にできないようになるということ


これにより、今まで勝つためのギャンブルから負ける、よくて引き分け(時間だけが消費される)値段の高いゲームに成り下がってしまうということです

これでは間違いなくパチンコ業界は大打撃を受けてしまいます。

ウルトラマンの会社、円谷プロダクションの親会社フィールズもパチンコ業界なので間違いなく大打撃を受けることが予想されます。


この逆風はウルトラマンだけでなく、今までパチンコ業界と密着していた様々な作品にも影響が出ると思われます


たとえばエヴァンゲリオン、牙狼といった作品群ですね


個人的にはこの逆風はなるべくして起こったとしか言いようがありません


本来日本では私営ギャンブルは禁止されていて、パチンコ業界は3店方式、警察や政府との癒着に寄り成り立っていた業界


パチンコには麻薬以上の依存性があり、そのせいで経済的、社会的に大損害を受け、自殺した方々も数えきれないといわれています。


この危険な業界が消えることは日本にとって必ずプラスになるといえるからです


パチンコ業界が衰退したとして、軌道に乗ったウルトラマンは簡単にはつぶれないでしょう


私は信じてます


逆にこの逆風で衰退するようであればそれまでだたとしか言いようがありませんが・・・




人気アニメおそ松さんとウルトラマンとのコラボが決定しました


osomatsu-hikaku


おそ松さんはイケメン声優を起用しているためか女性から人気を得ている作品

メインキャラ6人中5人はウルトラマン本編でも声を当てているため、このコラボはある意味必然だったのかもしれませんね



長男:おそ松(声:櫻井孝宏)
ウルトラマンではウルトラマンオーブ、オーブリングの声やウルトラマンフェスティバル2016では初代ウルトラマンを担当

次男:から松(声:中村悠一)
ウルトラマンでは言うまでもなくウルトラマンエックスの声を担当

三男:チョロ松(声:神谷浩二)
ウルトラマンではジャンボットを担当

四男:一松(声:福山潤)
ウルトラマンではウルトラマンメビウスの声を担当
※ウルトラ10勇士以降

五男:十四松(声:小野大輔)
ウルトラマンでは担当した声はないが仮面ライダー電王でテディイマジンを担当

六男:トド松(声:入野自由)
声優としてはジャンナインの声を担当、顔出しではウルトラマンガイア劇場版で出演

このコラボを機にウルトラマンに興味を持ってくれる女性層が増えることを期待しています

ウルトラマンには宮野真守、緑川光、関智一、杉田智和といった人気声優がほかにも多数出演してますしね



ウルトラ作品をまとめてみたいというウルトラファンになりたてのお姉さま方はアマゾンプライムに加入をお勧め!

とある教授のツイートが炎上中です

東洋大学国際学部、横江公美教授のツイートでウルトラマンを馬鹿にしたとしかとらえられないツイートがされました


それがこちら

「日本の正義の味方の典型はウルトラマン。どこからともなく正義の味方がやってくるとの前提がある」



教授はウルトラマン=米軍として米軍に守ってもらって当然と思っている日本人をウルトラマン症候群と称して批判している

口を開けているだけで平和を享受する日本人をウルトラマン症候群として皮肉っている


彼女はウルトラマンの何を知っているのだろうか?


ウルトラマンはいつの時代もぎりぎりまで頑張って、ぎりぎりまで踏ん張って、ピンチのピンチのピンチの連続の時に少しだけ力を貸してくれる存在だ


ウルトラマンに対して依存は決してしてはいけない


ウルトラマン第37話「小さな英雄」ではまさにそんな展開が描かれている

「イデっ!ピグモンでさえ我々人類の平和の為に、
 命を投げ出して戦ってくれたんだぞ!
 科特隊の一員としてお前は恥ずかしいと思わんのかっ!!!」


ウルトラセブン第49話 地上最大の侵略後編ではキリヤマ隊長がこの言葉を残している

地球は我々人類、自らの手で守りぬかなければならないんだ!


ウルトラマンメビウス第48話「皇帝の降臨」のサコミズ総監の言葉





誰が見てもわかると思うがウルトラマンはウルトラマンだけが戦っているのではない

人間とウルトラマン、それぞれが助け合い、支えあうことで今まで強敵を撃破してきたのだ



ウルトラマンサーガでもチームUが命を懸けて子供たちを守ってきた、だからダイナ、コスモス、ゼロは戦った

『ウルトラマンよ!なぜ貴様らは邪魔をする。なぜ人間に寄り添う。人間…つまらない生き物を』


『別に理由なんてねぇよ。ずっと昔からそうやってきた!ただそれだけのことだ!』


ウルトラマンギンガでタロウはこう言っている


「ルギエル!お前が何を壊そうが、何を奪おうが人間は立ち上がる。何度も… 何度でも! ウルトラマンが人間を救うのではない人間と力を合わせ、戦ってきたのだ! かけがえのない友たちよ。戦おう! 私と共に!」


ウルトラマンはいつも時代、どこの世界でも人類と共に戦ってきた


そして今のウルトラマン

ウルトラマンジードも





ウルトラマンは人間が頑張っているから力を貸してくれている


もし人間が他力本願であれば最初からウルトラマンは力を貸してくれていなかっただろう




最近ドラケンにはまってます


スマホゲームでできる小遣い稼ぎ系のアプリなんですが、一応RPGでもあるのが面白いです


ゲーム内でのGが現金で10G=1円で換金ができます


とはいえRPGゲームとしてもそれなりのクオリティも持っていて声やBGMはきちんと用意されています


ゲーム内でキャラを育てていくと軍団に入ったり、モンスターを育成したりしてゲームを深めていきます


深めていくとその分Gもたまり、現金に換金もできるということですね


ゲーム内でのGは最初は現実でのアプリやサイト登録で貯めていき、ある程度ためるとそれを武器や防具に変えてキャラを強化させて、イベントで勝利させて元を取っていくのが主な手法となります


私も開始数か月ですが現状月1000Gは普通に稼ぐことができてます


人と一緒にすればさらにポイント効率が上がるので知り合いとやってみてはいかがでしょうか!?



このページのトップヘ