ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

カテゴリ: ウルトラ怪獣列伝

バルンガ


ウルトラ戦士の登場しないウルトラQの怪獣でありながら現在のウルトラ作品の中でも最強クラスとして名高い怪獣


b0003180_11505247

身長:無限大
体重:??

雲のような外見で見た目からは意志を感じない怪獣?である

自発的な攻撃することはないため悪意ある怪獣ではない


しかし恐ろしいのは周囲にあるエネルギーをすべて自らのエネルギーとして吸収できる点である

劇中ではガソリン、電気といったエネルギーは勿論、ミサイル、挙句の果てには台風すら自らのエネルギーに吸収してしまっている

つまり光線などでこいつを倒すのは不可能である


しかし完全無敵というわけではなく

・小さければ人間でも物理的に殺すことができる
・生体エネルギーや運動エネルギー、すでに存在している物体食べることはできない
また地球に昼夜がきちんと訪れていたことから地球の自転エネルギーも食べることはできない

劇中では2体地球に来ており、1体目は1940年代に研究者が見つけ、危険と判断して処分している

2体目は高度経済成長期の日本のエネルギーを食い荒らした

上述のようにこいつは悪意のある怪獣ではなく、地球に飛来したのは隕石やシャトルに引っかかって堕ちてきただけであり、また街を破壊することもなく、ただ上空を漂っていただけの怪獣である


実質的な被害はシャトルの燃料を吸い取ったため墜落してしまったこと、乗っていた車の中で肥大化したために車が破裂して破片で負傷者を出したくらいだ


バルンガ自体も意図的に地球に来たわけでもなく、両者ともに不幸な事故であったといえる


しかしながらエネルギー社会である地球では害獣ともいえる


本来の食料は太陽エネルギーであるとされ、軍隊の人口太陽で宇宙に誘導されて宇宙に帰っていった



何がしたいのかも不明の怪獣であり、不気味な化け物であるといえる


ここで考察をしたいが、バルンガは明確な意思はなく、ただエネルギーを溜めているだけにも見える

そこには生物的な活動もない


もしかしたらバルンガは生物ではなく、宇宙現象の一つなのかもしれない

ならばエネルギーを溜めていた理由は何か


最終的に太陽に向かったことから考えて本来は宇宙のエネルギーを溜めて太陽などと一体化し、エネルギーを太陽に与える存在なのかもしれない



このバルンガ、存在感が強いためか後にも登場しており
ウルトラマンFではこのエネルギーを吸収する作用のバルンガ細胞を活かしウルトラマンFの能力向上に役立っている。なんとメフィラス星人がフジを巨大化させたメフィラスポッドの相乗作用でダークザギのエネルギーを吸収し、ダークザギ、そして彼がかつて戦ったウルトラ兄弟の力すら自らのものにしている・・・

ウルトラマンオーブではジャグラスジャグラーがかつてこのバルンガを使い銀河系破壊爆弾「バルンガボム」を作っていたことが明らかになっている

ウルトラマンジード劇場版で登場予定の

「ギルバリス」

umg_05_cs1w1_290x


全宇宙の知的生命体を滅ぼそうとする巨大人工知能であり、ギャラクトロンを操り地球に攻めてきている。
ウルトラマンオーブの宇宙にギャラクトロンを送り込んできたのはおそらくはこのギルバリス

オーブ時点ではギャラクトロンを送り込んできたのは誰か不明であったがこのギルバリスであった模様


ただでさえ並みのウルトラ戦士よりも強いギャラクトロンを率いており、その上位的存在ということで強力な敵であることは言うまでもない


というか驚いたのはギャラクトロンはインペライザーと同じく強力な力を持っていながら尖兵だったということ

ギエロン星獣
images (1)


ウルトラマンジードでまさかの再登場を果たした怪獣

本来生息していたギエロン星は惑星破壊兵器R1号により破壊された星でありその復讐のために地球に飛来した怪獣
(ギエロン星は灼熱の星であり生命体は存在しない星だと考えられており、それゆえにR1号の実験で破壊された)

口から吐く放射能のガスとリング状の光線「ビームコイル」と強固な体を活かした体当たりが得意

放射能のガスは当時防衛軍であったトリヤマ補佐官の同僚も浴びており、40年近くたったメビウスの時代でも彼はその放射能により苦しんでいるらしい

ばらばらになっても復活できる生命力を持ち、再生怪獣の異名は伊達ではない

物語では地球人の手により惑星を滅ぼされ復讐の鬼となった哀れな怪獣であり、声が「助けて」という悲鳴にも聞こえることから人気の高い怪獣である


ウルトラマンジードに登場した個体は上述の生命力を活かし、バラバラにされても24時間で復活し暴れ回った
高温な星生まれであるが故低温には弱く、バラバラになった肉片はその状態では再生不可能であることが明らかになった


ジードではギエロン星の悲劇については語られておらず、伏井出ケイがカプセルを持っていたことから彼により召喚された怪獣であるとされている

ウルトラセブンに登場したギエロン星獣の話は兵器で平和が作れるのかという社会風刺を混ぜた作風であったが今回のジードはウルトラマンという盾に守られることが当たり前になってしまった某教授のウルトラマン症候群に近い話になっている


とはいえ最終的にはギエロンの破片を民間人が拾うのに協力し、ギエロンの何度でも復活する
血を吐きながら続く悲しいマラソンを終えることができた

戦争とという血を吐きながら走り続けるマラソンは多くの人の協力がなければ実現は不可能ということだろうか?


余談だが今回のギエロン星獣の着ぐるみはおそらくスロットのウルトラセブンのために造形されたものの可能性がある

ある意味パチスロも血を吐きながら走り続ける悲しいマラソンかもな

ウルトラマン作品のすべての始まりの元凶はある意味ベムラーだろう

ベムラーは別の星で暴れ回っていたところをウルトラマンにより倒され、怪獣墓場に移送中に復活し地球に飛来した

追いかけてきたウルトラマンが不幸にもパトロール中であったジェットビートルに衝突し、搭乗者のハヤタを死なせてしまう。

ウルトラマンはそのことを謝罪し、彼と同化して地球を守ることを決意した

ある意味ではウルトラマンを地球に招いてくれた益獣ともいえる怪獣ベムラー


しかしその実態は狂暴であり、ウルトラマンの同僚、クロードを殺していることから決して侮ってはいけない怪獣だとわかる
ダウンロード (2)


しかし地球上での活動は極めておとなしく、最初は湖に眠っていたところ、科学特捜隊により攻撃を受けて暴れ回り、ウルトラマンの手で倒されている
(ウルトラマンに敗北したダメージがかなり蓄積していた)


また再編集されたウルトラマンの作品ではハヤタ=人間の手で撃破されている

この戦いでは際立ってウルトラマンを苦戦させた描写がなく他の怪獣群と比較しても弱く見えてしまう

これは考察であるがベムラーは宇宙では超光速の青い球になるなど、どう見ても宇宙での活動の方が優れており、地球や酸素の或る星で活動は適してないからではないかと推測



現に後にウルトラマンメビウスと戦った際は超光速で宇宙をチェイスしていたり、光線を連発するなどなかなかの動きを見せている。

この時のメビウスは地球での戦いから長い時間がたち、本編時代よりもはるかに強くなった状態であったため、メビウスは冷静かつ大胆にベムラーの光弾を避けてメビュームブレードで光線を斬って無効化しているなどメビウスはノーダメージで倒している



ダウンロード (3)

因みにベムラーはウルトラマンオーブにも登場
シャプレー星人に強化されてはいるがそれでもオーブの光線を吸収するなどオーブを苦戦させている
因みにオーブは怪獣の上位の存在である魔王獣ですら倒してきた上位の戦士であり、オーブにかなりのダメージを与えていたことから強敵といえる


何はともあれこのベムラー、地球人にとってはウルトラ戦士との絆の物語の立役者でありある意味感謝しなければいけないだろう

もしベムラーがそのまま怪獣墓場に送り込まれていたら、地球は滅んでいたのかもしれない・・・

ウルトラマンジードに登場している宇宙人
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-1-300x234


ストルム星人伏井出ケイ


ベリアル軍に所属しており力の失ったベリアルに変わり暗躍していた
知能と念力に長けており、朝倉リクをベリアルの遺伝子から想像したのも彼

現状ほぼ謎に包まれているが今まで人間型の姿でしか出ておらず、戦いの際にも怪人の姿では登場していないことから人間型の宇宙人であることがうかがえる


ベリアル軍に加入した時期は不明であるが、ウルトラマンゼロとベリアルの因縁(劇頂版大怪獣バトル~ウルトラマンゼロ ベリアル銀河帝国~ウルトラゼロファイト)を知っており、それをもとに小説を執筆している
(結末は改変しており主役はベリアルでベリアルがゼロを倒すものとなっている)
ことからベリアルとゼロの因縁は知っている模様

ベリアル軍の中でも冷徹な性格であり、目的のためであれば人を殺すこともいとわない
(ライハの両親や編集部の人間を殺している)

ストルム星人の固有の能力としては
超光速思念体通信(はるか遠く離れた相手とも連絡がリアルタイムで取り合うことができる)
ストルム器官(周囲のエネルギーとは別の本質のエネルギーを生み出すことができる、これにより相手の攻撃を逆のエネルギーで中和させ防ぐことができるほか、光エネルギーのウルトラカプセルを邪悪な方式に活用することができるが多様に使うと相当なダメージを追う)
カレラン粒子を散布:カレラン粒子は粒子を取り込んだ生命体の内部に宇宙を循環する幼年期放射と呼ばれるエネルギーを引き寄せて捕まえることで、 空気と一緒に生物の体内にとどまり「リトルスター」に変化する性質を持つ。 


ストルム星人が他に表れていないため、不明ではあるがゼロがストルム器官のことを知っていたことから別種族がかつてゼロと出会っていたことが仄めかされている


伏井出ケイ
伏井出ケイの性格は普段こそ落ち着いた紳士的なふるまいを魅せるが本質は邪悪であり、上述のように目的のためには手段を一切選ばない狡猾な性格であり一般人を人質に取るなど卑劣なもの
ベリアルに対しては絶対的な忠誠を持っており崇拝している、そのためベリアルが死亡?した際は大きく取り乱し、記憶すら失ったほど

他のベリアル軍同様に目が赤い

戦闘力は高いとは言えずライハに敗北、斬られかけたこともある
(このときはキングがライハの手が血に染まる(ライハが殺人を犯す)ことを是としなかったキングがライハの刃を止めさせた)


伏井出ケイについては謎の多く、なぜベリアル軍に加入しているのかという点やなぜ彼以外のベリアル軍が登場していないかも不明である

またベリアル自身が彼のことをストルム星人と呼びケイと呼んでいないのも妙である、ベリアル自身はスライたちにはちゃんと個人名で読んでおり仲間はそれなりに大切にしているからである

ベリアル自身がすでに利用価値のない捨て駒と考えている可能性もある


このページのトップヘ