ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

カテゴリ: ウルトラ怪獣列伝

ウルトラマンジードで登場したサンダーキラー

images (10)


エースキラーとエレキングという一見何のつながりのない組み合わせですがその実力は本物


因みにエースキラーとエレキングは
・何者かに操られていた(エレキング=ピット星人、エースキラー=ヤプール人)

・エースキラー、エレキング共に派生キャラが多い(エースキラー=ビクトリーキラー、メビウスキラーetc、エレキング=EXエレキング、ハイパーエレキング)
・派生キャラであるビクトリーキラーはエレキングテイルを使用した)

という繋がりがある


サンダーキラーはエレキングをベースにエースキラーのパワーと能力が組み合わさったもの

エレキングの時はあまり戦闘に活用できていなかった腕を使った攻撃もエースキラーの剛力と爪でカバーされている

またエレキングの三日月型のカッター光線や長い尾、そして電撃攻撃もパワーアップしている

(打撃攻撃の1発1発すべてに電撃を付帯できる)



なによりも受けた攻撃をそのまま跳ね返すことも可能(エースキラーの光線再現能力から)


とまさしく遠近戦ともに長けた強敵であることが分かるだろう


7月21日は カウラの日

ウルトラマンエース16話「怪談牛神男」が放送された日



カウラは牛の怨念と宇宙怪獣が合成した怪獣


ダウンロード (6)



牛を祀る鼻ぐり塚から腕輪を盗んだ高井青年が怪獣化したもの



ダウンロード (7)


牛の呪いで徐々に怪獣へと姿を変えていく様はまさにホラー

最終的にはウルトラマンエースの活躍で腕輪は取られ、元の姿に戻った


ちなみにこの後カウラはヤプールのお気に入りなのかジャンボキングの頭部に流用されている


この高井青年を演じたのは故蟹江敬三さん

ウルトラマンではブニョを演じたことで人気な俳優さんでした。


この回は岡山県とのコラボも兼ねておりロケーションは岡山県牛窓町(現瀬戸内市)で行われており
牛の供養塔である鼻ぐり塚は実在している




最近都市伝説では牛の首というものがあるそうで

なんでも話を聞くとあまりの恐ろしさに死んでしまうため誰も知らないというもの


このカウラも関係あるのでしょうか?(なんてね)

ウルトラマンの都市伝説の中にはこういうのがある


最終回でウルトラマンが敵と手を組み、悪堕ちして街を襲って終わるものがある

悪堕ちするウルトラマンといえばベリアルをイメージさせるが本編でそういった悪堕ちウルトラマンはいない



でもこの最終回、実際に見たという人が多いのも事実


この最終回はどこから生まれたのか?



正解は別の特撮ヒーロー「アイアンキング」をウルトラマンと勘違いしていたというのが真相だ




ダウンロード (19)

これがアイアンキング


赤と銀、そしてカラータイマー的な模様とウルトラマンと勘違いしても仕方ない外見



というかウルトラマンのパクリそのものだ

放送は1972年、日曜夜19時から放送と本家ウルトラマンと放送時間も同じなのも勘違いさせた要因に拍車をかけている

放送は全26話と2クール番組


制作は円谷プロではなく宣弘社。シルバー仮面と同じ会社である

内容を説明すれば、アイアンキングはウルトラマンのような宇宙人ではなくサイボーグという設定

アイアンキングに変身できる霧島五郎と相棒静源太郎が悪の不知火一族と戦うというもの



アイアンマンに変身するには水が必要で、飲んだ水を蒸気に変えてエネルギーにするのが、活動時間はたったの1分

そしてアイアンキングはタイトルを冠しているが主人公は静源太郎(人間)であり、アイアンキングのピンチを人間が助けるという何とも情けないものになっている・・・


一応光線技も出せるが決めての技ではない

敵と戦うも単独勝利はなく、源太郎がいなければ全戦全敗というものだ


彼の仕事は敵の足止めであって戦うことではない

そして終盤、彼は敵に操られて東京の街を襲ってしまうのだ

それが第25話の話で良く26話で元に戻るのだが地方によっては肝心な26話が放送されず、魔の悪かった人はアイアンキングが悪堕ちしてバッドエンドという放送を見てしまったのだ


彼の見た目のせいでそれは次第にウルトラマンの悪堕ちにつながり、妙な都市伝説が生まれたのだ



ウルトラファンからすればはた迷惑の風評被害者だ(笑)


ちなみに言っておくがもともとアイアンキングはウルトラマンに似せて作ってはおらず色は白で全く甲冑のような外見と違う姿をしていたが、大人の都合によりウルトラセブンをイメージするようにということで泣く泣くこの姿になってしまったのだ

ウルトラマンを馬鹿にして作られていたのではなく、大人の事情であえなくこの姿になってしまったのだ


iron4

アイアンマン
変身者:霧島五郎
身長:身長45m
体重:55万トン(重すぎるだろ・・・)
技:アイアンキック
アイアンフラッシュ
アイアンファイヤー

長所:なし(ウルトラ作品に比べたら)
短所:制限時間1分、決め手の技がない

戦歴:なし



ちなみに赤い外見に青い目ということでウルトラマンジードソリッドバーニングに似てる気がする・・・

geed-sb-704x1024




テレビで話題のスッポンダイエット

すっぽんの濃厚なアミノ酸でダイエットができる話題!

今回は歴代ウルトラの最強の敵を独断と偏見で挙げていく



・エンペラ星人
p048

映像で登場したのはウルトラマンメビウスであるがその名前はウルトラマンタロウの時代にはすでに登場していたエンペラ星人

太陽が滅んだ星で光を憎み、闇に堕ちた通称宇宙大皇帝

その名前通り数々の星人や怪獣を従えている。

古くはウルトラ大戦争を引き起こし、ウルトラの星を侵略しようとしたがウルトラマンケン=ウルトラの父の活躍で退いた。
能力は太陽を鎮火させる念動力など、必殺技、純粋なウルトラ戦士(地球人と一体化していないウルトラ戦士)を一撃で消滅させるレゾリューム光線は並みの敵ならば一撃で葬ることができる


地球侵略の際は活用していなかったが暗黒の剣「エンペラーブレード」
惑星規模の質量を誇る暗闇の宇宙船「ダークネスフィア」
莫大な闇の意志と力を持ち、再生能力の或る鎧「アーマードダークネス」などを所持

地球でウルトラマンメビウスフェニックスブレイブに敗北したもののこの時は上記のアイテムを使用していない状態であった。特にアーマードダークネスを装備したエンペラ星人には通常の手段では倒すことはもはや不可能だろう

(雑誌展開ではアーマードダークネスを装備して復活、この際はメビウスインフィニティーとグリッターティガというチートウルトラマン2人で辛勝している)


・ダークザギ
ダウンロード (21)
通称暗黒破壊神。元々は究極神「ウルトラマンノア」を模したウルティノイド。
星を守るための平気であったが自我を持ち、星を侵略していたスペースビーストを率いるようになる。
自ら成長する能力を持ち、ザギを作った星人たちが過ちに気が付いた時はすでに遅く。星もろとも超新星爆発で破壊しようとするが無傷。
模造体であることに劣等感を抱いており本物であるノアを倒そうと挑むもノアに封印されたが復活
地球でスペースビーストを率いて暴れた

人の精神を支配する能力も備えており記憶改変、憑依、予知能力といった手段を活かして自らの分身であるダークファウスト、メフィストを操った

通常の戦闘でもノアと互角クラスであり最強ランク


・レイブラッド星人

img_3
数万年にわたり実質宇宙を支配してきた存在。
すでにその身は滅んでいるものの霊体として自らの後継者・・・もとい自らの肉体を求めるために怪獣使いである自分の因子をばらまきレイオニクスを生み出した。
ウルトラ戦士とは直接戦ったことはないが数々の怪獣・宇宙人を支配し、ヤプール、ヒッポリト星人といった上位宇宙人たちも恐れていたことから相当の戦闘力があったと思われる


またウルトラマンベリアルを完全に悪の道に招いたり、レイバトスが所持するギガバトルナイザーを生み出した。


この3体がウルトラ宇宙で最強クラスの存在とされている



昭和ウルトラマン好きであれば


この怪獣こそ最強と考えている人は多いのではないか?


暴君怪獣タイラント

ダウンロード (17)


◎特徴
怪獣たちの怨念が集結して生まれた怪獣。
死んだ怪獣たちの部位がそのまま集められているのが特徴。
怨念の力で強化されており非常に強力。

体の各部位は

津波すら引き起こす念力を持つシーゴラスの角

地球の裏側10万キロ先の声すら聞き取れ、アロー光線を放つイカロス星人の耳

光線を吸収し、エネルギーにできるべムスターの腹部

鎌、鉄球という武器を持ち、使いこなせるバラバの腕

憎しみを持ち強力な生命力を誇るハンザキランの背中

剛力を持つレッドキングの脚部

怪獣屈指の長い尻尾を持つキングクラブの尻尾



と実力は怪獣の優秀な部位が集まっている、もちろんそれらの能力はすべて使用可能


この能力に加え、怨念による憎しみパワーによりゾフィー~エースを撃退している


◎タイラントの活躍

初登場時では正月記念作品として過去の怪獣やウルトラマンの活躍をまとめた話「ウルトラ兄弟を越えていけ」で登場。
ゾフィーを圧倒し、エースのメタニウム光線すら無効にする無双っぷりは当時の子供を驚かせた。


その後もウルトラ作品にて現れてはウルトラ戦士を苦しめた



そしてウルトラゼロファイトではレイバトスによって復活


こちらの個体はゾフィー、ジャックを苦しめたほか、ゼロ、セブン、オーブの3人と戦った
バードンを瞬殺したゾフィーや、グドン、ツイテールの2体を瞬殺したジャックですら苦戦させ、
さらにはゼロとセブン、オーブにすら互角に渡り合ったことから相当な個体といえる





タイラント強化態


EXタイラント

38d9fef0

ゲーム版ウルトラマンファイティングエボリューションリバースで登場したタイラント強化態

ダウンロード (19)

ウルトラ戦士よりはるかに巨体であり画像ではわかりにくいがゴモラの脚部、自在に動くジェロニモンの羽が新規で追加されている
その巨体を生かしたパワーと肥大化した両腕のバラバの腕が特徴

バラバ鞭はなんと巨大隕石を引き寄せ、相手にぶつけるという荒業ができる

敵どころかフィールドそのものも破壊する威力。しかし自分は無事

シナリオではタロウにより撃破された



EXタイラントⅡ
ダウンロード (18)

EXタイラントがさらに怨念を取り込み復活し、暴走した姿。
肉体は暴走し朽ち果てゾンビとなっている他、巨体だった体は本来のタイラントの大きさに戻っている

タロウと戦うものの怨念の力で何度でも蘇生するまさに不死

しかし怨念の力は太陽の光で弱まり、不死の能力が弱まった際にタロウに撃破された

必殺技はすべての怨念を開放し、相手にぶつける。怨念は相手の肉体を食らいつくすまで消えない





このページのトップヘ