ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

カテゴリ: ウルトラ怪獣列伝

ウルトラマンジードで登場したゼガン

シャドー星人の用心棒として現れた怪獣というだけあり、癖の強い強敵です


シャドー星人はゼロの言うように宇宙ゲリラとして攻撃的な戦闘種族として悪名高い宇宙人

かつてはウルトラマンゼロの父、セブンと戦ったこともあります

その時用心棒として連れてきていたのがガブラ

ダウンロード (70)

ガブラ
歪んな獅子と芋虫を足したような外見をした不気味な怪獣

ガブラとはシャドー語で「戦い」を意味する言葉というらしい

防御力が高く、走行のようなボディーは攻撃を吸収することができるほか牙には猛毒があり、セブンですらダウンさせるほどの威力を誇る強力な怪獣


たとえ首を切断されてもコントロールしているシャドー星人を撃破しない限り行動不能にすることはできない



続いてゼガンを見てみましょう

images (7)

こちらはサメ等の水棲怪獣のような外見

例えるならウルトラマンマックスのラゴラス+ウルトラマンダイナのレイキュバス+ポケモンのガブリアスといったところ

時空破壊神という大それた異名を持っているがその名のとおり、異次元に身を隠し、異空間をサメのように泳ぐことができるほか、相手を異次元に追放するゼガントビームを放つ

胸にはカラータイマー上の器官がありシャドー星人と融合することが可能

外見上はガブラとは似ても似つかない外見と能力ですが、完全にシャドー星人のコントロール下にある生物兵器であることは共通しているといえる


異次元に追放する能力はかなり厄介であり、対象者がゼロ(ウルティメットイージス)やエックスのような異次元移動のできる特殊能力者でない限りほぼ確実に相手を不戦勝にすることができるのが恐ろしい

また異次元の飛び方次第ではウルトラ世界以外の異世界にも干渉することも可能であるといえる

つまりウルトラマンのいない世界にゼガンを送り込むということもできる

「宇宙ゲリラ」の名に相応しい恐ろしい能力といえる




PR人気セレブ雑誌「GLITTER」に掲載された筋トレサプリを知ってますか?
それが、ディープチェンジHMB
こんな人に選ばれてる
・筋力トレーニングをしている方。
HMBサプリDCH ディープチェンジHMB ・プロのアスリート ・運動系の趣味をお持ちの方 ・時間を無駄にしたくない方 ・金額より効率とスピードを求める方 ・金額より結果を求める方

一日10分の筋トレ時間がさらに効率化!
日々の階段の上り下りや肉体労働の筋肉効果を向上させると話題

いまだにウルトラ怪獣最強といわれている

イフ
[画像:ad7146ef.jpg]


完全生命体という異名をもつイフは浮気マックスで一度しか登場していないが未だにウルトラ怪獣最強と言われている怪獣だ


イフとは英語のもしもを表すIFと畏怖をあらわしていると言われている

基本的には無害で大人しいが一度攻撃を受けるとその攻撃を自信の能力にすることができるのだ

それもエネルギー消費0で何度でも


つまりRPG的にいえばMP0で相手の技を永遠に撃つことができる

しかもイフは一度受けた攻撃も次に受けた攻撃も致命傷にならない


ウルトラマンマックスのマックスカノンは相手を粒子単位で分解させる効果があるがそれすら受け付けなかった


相手はイフの対処法を知らなければどんどんと強い技や兵器を使い、結果的に自分の首を絞めることになる

最終的には自分の技で身を滅ぼすことになる

要は戦闘で倒すことは実質不可能といってもいい

イフ自体は上のように悪意ある怪獣でなく、上の能力も相手とのコミュニケーションを図るために備わった能力である

故にイフの対処法は簡単で武力以外での対処で解決が可能だ

劇中では盲目な少女がイフにたいして音楽で話し合うという手段に出るとイフもその心に呼応、美しい姿となり破壊活動を止めた

武力は武力しか生まないから武力以外の方法しか平和は産み出せないということだ


ウルトラマンFではイフが登場している

こちらの個体は能力発動に限度があり攻撃を立て続けに受けると疲労が溜まり隙が生まれるとあり、その隙にハイパーゼットンに吸収されてしまっている

この疲労がたまる点がイフを倒せるチャンスと言える

しかしそうなるか自分が倒れるかが肝であるが…


イフは一見万能ではあるが、不明点も多い


ルギエルのスパークドールズに変える能力などの封印系など通じるかは不明

ダイナのレボリューションウェーブのようなブラックホールの除外技、どこかの魔法少女よろしく因果率を変えて存在そのものを消し去る手段なども効くかは不明である
さすがに存在そのものを消し去る手段は効くと考えられるが

またはレジェンドやノアクラスの超威力は吸収不可能とも考えられる

しかし通常手段で倒すことは実質不可能であるのは間違いないだろう

バルタン星人

mig

おそらくウルトラ宇宙人の中でトップの知名度を誇る宇宙人だ

両手のカニのような鋏とセミのような顔、さらに宇宙忍者という肩書


子どもから人気を得るには十分すぎる要素が集まっている





逆にバルタン星人は基本的にはさほど強い宇宙人ではなく弱点はウルトラマンのスぺシウムエネルギーという雑魚要素も持っている


強いか弱いか、これもう分かんねえな


因みに自分はこいつが結構トラウマでした



バルタン星人といえば母星が滅びたために難民生活となっておりその流れで地球侵略に来たやから


結構迷惑な存在だ


その難民設定から悲しき悪役としての側面もアリ、コスモスで出たバルタンは子供だけでも安全な★に移住させたいという思いで侵略をしてきたりと同族には優しい性格のやつが多い



バルタン星人の派生はいろいろあるが一番強いのはゼットンバルタン星人(ウルフェス2006登場)だろうな
images (4)



投資0で小遣い稼ぎ!

ウルトラマンの世界にも多数の人間型の宇宙人が登場する

代表的なのは月星人であった南夕子(ウルトラマンエース)やギャシー星人(ウルトラマンコスモス)などである
[画像:e8d4331a.jpg]

またウルトラマンたちM78宇宙人もプラズマスパークで超人に進化する前はヒューマノイド宇宙人だった


また地球人の姿を借りている所謂擬態型の宇宙人も多く、ウルトラマンメビウスのサイコカノ星人、帰って来たウルトラマンのメイツ星人などは交渉や潜伏の為に人間に成り済ました宇宙人も多い

先日登場したゾベタイ星人ナビアはヒューマノイド宇宙人か擬態しているだけかは不明である

宇宙人たちにとっては別種族の宇宙人に成り済ますのは難しいことではないらしい

漫画版のULTRAMANのレッドキングモチーフのレッドも擬態装置により人間に成り済ますことも可能であるほどだ[画像:a8499ad3.jpg]


ぎゃくにウルトラ戦士のように人間に憑依する形の宇宙人は少数派でありこちらはかなりの技術や能力が必要とのことである

人間が整形や変装で化けることができてもあいての体を奪うのとができないのと同じ理屈だ

擬態型除いてもヒューマノイド宇宙人が多いのはヒューマノイド型が人としてのデフォルトでありそこから派生して進化していった為と言われている

ウルトラ作品を除いてもスターウォーズやその他サブカルチャーでも人間型宇宙人が基本である

メタ的には着ぐるみや編集の予算削減や人間でないと感情移入が難しいためであるか


恐らくはべリアル合成獣最強の敵のネタバレがでました!

キメラベロス
[画像:27f7d20c-s.jpg]


なんと素材はゾグ第二形態、ファイブキング
[画像:297c34f5.jpg]

[画像:ef8cf14f.jpg]

両者ともに二人のウルトラマンを一度は退け黒幕の切り札として活躍した最悪の怪獣

またファイブキングの素材,ガンQ,コッヴはゾグとおなじ根元的破滅将来体により呼び出されている(ガンQは謎な点もあるが)

どちらにせよジード一人ではかなり厳しくガイア、アグル、ギンガ、ビクトリーのようにゼロとの共闘で戦うはずである


以前の合成獣とちがいかなりべリアル色が出ているのが特徴


恐らくはべリアル自身がそれだけ深く関わっているためであると思われる


しかしゾグが再び現れるとはかなり驚きだ


ゾグといえばあの天使の第一形態が印象的だ

[画像:e7c1c8d1.jpg]

天使の面を被った悪魔に相応しいゾグがガイア、アグルを圧倒し、倒したことはいまだにトラウマだ

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TER66+2ZEIQ+2DDC+5AKFB5" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=170329614005&wid=011&eno=01&mid=s00000011064032008000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2TER66+2ZEIQ+2DDC+5AKFB5" alt="">
間違いなくジード、ゼロが力を会わせなければかてないだろう
[画像:fa180d0d.jpg]


このページのトップヘ