ウルトラファンで語られているある噂

それはゾフィーとセブンの不仲説です
5e3b525ded3fe0646a8810fa99a5ecc2_600
 
この説が語られた発端はウルトラマンタロウの33話「ウルトラの星大爆発5秒前」でタロウ=光太郎が兄弟たちを地球に呼んでバーベキューをしようとしたとき、マン、セブン、ジャック、エースたちがそろったのにゾフィーはパトロールで遅れていた 

ゾフィーを待とうとする光太郎に向かって言ったダン=セブンのセリフ 

「ゾフィーの事なんかいいよ」

上司であるゾフィーにたいして「なんか」というダンから不仲説が浮上したわけですね



また、セブンが地球にいたとき、ゾフィーは一度も救援に現れなかったこと(セブンが過労死になりかけた際も、MAC隊長として活躍し、負傷した時も) 


またゾフィー自身も観測員のセブンが勝手に自分たちの仕事である宇宙警備を行ったことでいい印象を持っていないのでは?

という話です 

ウルトラセブン放送時はウルトラマンとの世界観が異なる描写もあったのでゾフィーの救援はないのは仕方ないですが、レオの際はそうではないので確かに怪しいです。


またウルトラ兄弟にも派閥があるとされ
セブンに助けられたジャック、面倒を見てもらったレオはセブン派
ゾフィーに救助されたマン、幼少期に面倒見てもらったエース、縁の深いヒカリはゾフィー派
どっちつかずのタロウ、メビウスという感じだろうです。

(80はどっちなんだろうか・・・)

ただ個人的にはどうであれ、戦う際は全くそんな素振りを見せず力を合わせて戦う兄弟たち

いずれにしても互いの実力を認め合っているのは事実といえます