ウルトラ怪獣・ヒーロー最強列伝

カテゴリ: ウルトラ考察

ウルトラ戦士たちの故郷 ウルトラの星



地球からオリオン座の方角約300万光年離れた先にある巨大な惑星でサイズは地球の60倍であり重力は120倍の巨大惑星である


今回はウルトラの星について解説



ウルトラの星の環境
26万年前に発生した太陽の爆発以降プラズマスパークにより気温や環境は管理、維持されている。
プラズマスパークの光はディファレーター光線という放射能が発生しており人間や耐えられない宇宙人にとっては浴びただけで体に影響が出てしまう
また、地球のように春夏秋冬の概念はあるものの気温は一定しており暑さ寒さはない
(そのためウルトラ戦士は極度な環境の変化には思うように動けない)


ウルトラの星の街並み
中心部に巨大都市が広がっているが離れると一面の荒野が広がっている
都市部にはプラズマスパークが収められているプラズマスパークタワーをはじめ様々な施設が存在する

・クリスタルタウン

・銀の広場
プラズマエネルギーが強く集まっている広場。よくビデオとかで登場する
img60be0b75zik6zj


・スペースポート
他の宇宙人が訪問した際のいわゆる空港的なもの。重力やプラズマスパークの調整ができる
銀河帝国でレイたちが降り立ったのはここ

・ウルトラ学校
若いウルトラ戦士が訓練に励む場所
宇宙警備隊養成施設があり、タロウやゾフィーが教官を務めているほか通常の教育機関ではウルトラマン80が先生を務めている。
ウルトラマンボーイやウルトラウーマンジャンヌなどが通っている
卒業生としてはウルトラマンメビウス、ウルトラウーマンアムールなどが存在

・宇宙情報センター
宇宙中の情報を管理、管轄している。


・ウルトラタワー
エンペラ星人との戦争の勝利記念に建てられた塔。塔内には戦争で怪獣たちを一気に殲滅し、闇を払うウルトラベルが収納されているが通常のウルトラ戦士では目にすることができず、ウルトラ兄弟が融合したスーパーウルトラマンタロウクラスでなければ取り出すことは不可能

・ウルトラクリニック78
銀十字軍が運営している病院。ウルトラウーマンマリーが責任者
げきちゅではバードンに敗北したタロウが運び込まれていた

・宇宙牢獄
ウルトラマンベリアルを閉じ込めていた牢獄

・その他
様々な訓練施設が存在しており、ウルトラ戦士の戦いをまとめたシアタールーム的なものや念力の練習場所や様々な空間での戦いを疑似体験できる施設がある(ウルトラマン物語にて)


・治安
かつて大規模な犯罪を犯したのはウルトラマンベリアルのみであるため警察機関は事実上消滅しているが宇宙警備隊がやはり治安維持を行っている

動画などを見ていると犯罪はないものの小規模なケンカなどは少なからずあると思われる




経済
経済の概念は存在しており「ウラー」と呼ばれる通貨を使って金銭のやり取りが行われる
ウルトラマン80もアルバイトをしたことが語られている


生物
ウルトラ戦士以外にはドックンという怪獣(現在はサラリーマンとして働いている模様)やラピドックと呼ばれる生物がいることが明らかになっている


まTM78星雲にもメタル星(ウィンダムの故郷)、バッファロー星(ミクラスの故郷)、アニマル星(アギラの故郷)やソーキンモンスターが生息している惑星がある


兄弟星

しし座L77星雲
いわずと知れたウルトラマンレオの故郷
すでに滅んでいる


U40
ウルトラマンジョーニアスなどの故郷

Z95星雲ピカリの国
ウルトラマンゼアスなどの故郷
ゼアスが初代のことを知っていたことからつながりはある模様

馬の首暗黒星雲
罪を犯したウルトラ戦士を閉じ込める牢獄
平成ウルトラセブンにて登場。おきてを破り、地球人に加担しすぎて任務を放棄したセブンを閉じ込めていたが正史では未登場。
内容的にベリアルよりも罪は軽く「頭を冷やせ」というための説教部屋のような施設と思われる
(一応念力はつかう権利はあったみたいであり
宇宙牢獄のような蟲のいるおぞましいところではないため)
ウルトラマンゼロがそこで折檻を受けていた可能性はあるが・・



 
 

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説

2009年に公開された映画でメビウスから大怪獣バトル、そしてゼロへと続く物語となっており、今まで以上のSF感が光る名作でした

ただこの映画のベリアル、無茶苦茶強いんですよね

復活して大暴れのベリアル
images (14)
 


それを抑えようと集結するウルトラ戦士

その中には名だたる猛者が集まっており

勇士司令部のエリートでザム星人と戦ったウルトラマンネオス、ウルトラセブン21

アメリカでソーキンモンスターを倒した3人のチーム戦士、スコット、チャック、ウーマンベスのUSAチーム
 
火星でゴーデスを倒し、地球でゴーデス細胞や環境破壊で生まれた怪獣たちを沈めたウルトラマングレート

アメリカで降り立ったバルタン星人や怪獣たちを倒したウルトラマンパワード

最強最速の戦士、のちにウルトラ10勇士として活躍したウルトラマンマックス

マックスの上司で運び屋、ウルトラマンゼノン


全員主人公格でウルトラ兄弟にも匹敵する強さを持つスペックのヒーロー



これだけいたら絶対に負けるはずがない





惨敗でした・・・




でもね、ある意味仕方ない

ベリアル自体無茶苦茶強いし(直前でタロウを倒している)、ウルトラ戦士って乱戦だと下手に光線とか打てないし(実際にメガスぺシウム光線を放ったパワードだけどウーマンベス盾にされて返り討ちに(普通なら死んでる))

この後ウルトラマンメビウス、ヒカリが参戦するもメビウスは吹っ飛ばされ、ヒカリも撃沈。

さらにマン、セブン、ゾフィーすらも退いてジャック、エース、80すらも倒したというまさにベリアル無双状態



なぜベリアルがこれまで無双できたか

・ベリアル自体が強い(ただでさえウルトラの父とタメを張れるスペックの持ち主)
→さらにギガバトルナイザー所持で攻撃力底上げ状態(なければタロウ・ゾフィー・合体光線(ジャック、エース、エース)・ウルトラの父との一騎打ちのいづれかで敗北していた可能性がある)

・不意を突かれた乱戦状態の為一騎打ちとは違い技が出しにくい(特にマックス達は顔合わせの少ない戦士ばかりで連携がとりづらい状態)

・直前まで活発になっていた怪獣たちの駆除に追われていて急遽戻った状態の為疲労が蓄積していた

というのが答えだろう


事実瞬殺されていたマックスは後のエックスや10勇士で活躍してるし、そもそも名だたる戦士たちの活躍は有名


 

下ネタ注意
某有名AV男優がウルトラマンが拉致されてという謎のポエムが有名なのでこれについて考察




続きを読む

ウルトラマンタロウ


o0586041913703628687


かつてタロウは人間「東光太郎」と融合し地球で戦った

後にタロウは光太郎と分離して光の国へ帰還メビウスを鍛えた教官になったといわれているが


タロウと光太郎にはいつ分離したのかという謎がある


仮説は2つ存在し
 
・タロウ最終回でウルトラバッチを母に返したとき
 ・1986年(ウルトラ兄弟がウルトラキラーザウルス戦で変身能力を失ったとき)

が存在する

 
一つ目のタロウ最終回で分離説は ウルトラマンがの愛した日本でそれが描かれている

 

ウルトラマンの愛した日本 (宝島社新書 422)

新品価格
¥864から
(2016/12/7 20:43時点)



二つ目の1986年説は没プロット「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2」にて描かれている
プロットによれば光太郎と旅を続けていたタロウは災害で孤児となった子供たちと出会い、
孤児院を建てることを決意、 しかしマン~エースが変身能力を失い、宇宙の平和を守るためにタロウは光太郎
と分離したとされている


いずれの説ははっきりしないが光太郎と太郎が分離したのは事実である

タロウは著により光太郎は自分によく似た盟友で忘れられないとしている

光太郎を演じた篠田三郎さんもタロウを演じたことを誇りに持っていらっしゃる


おそらく東光太郎がタロウになることはもうないかもしれないがタロウの中から光太郎は消えたわけでも
光太郎の中にもタロウが消えたわけでもないはずである


宇宙を守るウルトラマンタロウ、人として子どもたちを笑顔にするために戦う光太郎

違う道を歩んでも2人の絆は消えないだろう


 

ウルトラマンタロウの過去を考察

o0586041913703628687



ウルトラマン物語で子どもタロウが出てきたりとウルトラ兄弟の中では過去の様子が描かれているタロウ
(ちなみにこの時の声はドラゴンボールの悟空などの声を演じた野沢さん)



ダウンロード (25)
 

実は雑誌設定ではより細かに描かれており

・生まれて2週間で歩行
・生まれて1か月でしゃべる
・幼少期は親せきであるセブンがよく遊び相手をしていた
・エースとは本当の家族のような付き合い
・少し乱暴者であり見かねた父が怪獣をペットにしてタロウに育てさせたことで優しさを身に着けた
(ウルトラマン物語でもやんちゃっぷりを披露していたな)
・子供の時はクラスでも人気者で8歳で12tの岩を持ち上げる
・エース曰く成績も優秀でエースの成績より良かった
・学校卒業後は宇宙で旅をしていた
・暴れていたデスガロンを討伐(当時警備隊にも所属してない)
・アンドロメダ星雲でダイヤキングを倒し宇宙刑務所へ送り込んだ
(ソースは当時の小学館)

(以降は主の考察)
・宇宙警備隊に就任後はウルトラの父の弟子ウルトラマンカラレスによって指導を受ける
・ウルトラ戦士たちから地球の話を聞き興味を持つ
・性格などが非常に似た光太郎と共に地球を旅をする



ここであえて書きたいのは

タロウは生まれながらの天才であり周囲を驚かせた(努力型のレオとは対照的)
子どものころは(どっかのセブンの息子の様に)暴れん坊だった→ウルトラの母の血筋は結構暴れん坊多いのか・・・ 
(ウルトラの母とセブンの姉は姉妹関係→ゼロとも親戚関係)
ウルトラの父の血を受け継いでいるためか文武両道な好青年に成長
成長したタロウは旅が好きな様子(光太郎とリンクしている?)


 

このページのトップヘ