ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

ウルトラ考察

謎の巨人 ノアの神の正体はゾフィーか?

ノアの神


ウルトラマン第7話「バラージの青い石」で登場した、5000年前、バラージにてアントラーを撃破したとされる伝説の戦士

unnamed (1)

その正体は未だ謎に包まれており5000年前にM78宇宙の地球に現れた、記録上最古のウルトラマンとされている(あくまでm78星雲の地球の話)


※ウルトラマン80に登場する光の巨人は3000年前
このノアの神については、現在はバラージに安置されている石像でしかみることはできないが、外見はオーソドックスなウルトラマンの姿


今回は、ネット上で囁かされているノアの神正体をまとめ、自分なりの考察も入れていく


・ゾフィー説
ダウンロード (89)

ウルトラマンSTORY0にて、ノアの神の正体はゾフィーとして描かれている

というのも作中でゾフィーは地球に赴いたことがあり、そこで古代バラージが石油を利用して発展していたことで地が不安定となり、それがアントラーを呼び覚ましてしまい、ゾフィーがそれを撃破したからだ

だがウルトラマンSTORY0はウルトラマンの正史と異なる展開が多いため、パラレルの世界観であることが明らかであり、正史でもそれが真実かどうかは明らかにされていない


・ウルトラマンノア説
images (28)

ノアの神という名前、そしてベリアル銀河帝国でバラージの石というワードがノアに関連していたことから近年で有力とされている説
ノアであれば、M78宇宙にも現れることができるので辻褄が合う
だがノアというチートすぎるウルトラマンがアントラー如きのためにわざわざイージスを使ってM78宇宙にくるのも怪しいし、ノアの実力であればアントラーを根絶やしにすることも可能であり、5000年後にアントラーが再度現れるというのはおかしい
7

もしノア説が真実であれば、アントラーはもしかするとネクサス宇宙のスペースビーストの派生であったのかもしれないし、アントラーと戦ったときはネクストの姿だったのかもしれない


・ウルトラマンティガ説
images (29)


劇場版ウルトラマンエックス きたぞわれらのウルトラマンより囁かれ始めた説
ティガがエックスの宇宙に存在していたことからティガ自身も時空を超えて様々な怪獣と戦っていたのではという考察から生まれている
事実ティガはオーブの宇宙でも現れ、マガタノゾーアを封印していたことが明らかになっている
ティが自身、超古代より戦ってきているので古代のウルトラマンとしてのイメージが強いことも一因
この節が本当だとすればティガは超古代に肉体をネオフロンティアスペースに置いて、光となって星雲に帰ったという言い伝えが存在するため、その光となったティガが再び肉体を手に入れ、様々な宇宙で人々を現在も守っているのではないかと推測する

・ウルトラマン本人説
images (20)

バラージが古代とはいえ、それは人間尺度によるもの5000年前なぞウルトラマンにとっては数十年分にしかすぎないのだ
5000年前といえばウルトラマンは15000歳とこの時点でも十分宇宙警備隊員として戦っていてもおかしくはない

だがしかし、それにしてはアントラーと戦っていた時、苦戦しており、ウルトラマンが1回戦ったアントラーに磁力化光線などで翻弄されるのはいささか不自然である


この他、地球にこれ以降来たことのないウルトラマン説等様々存在するが、個人的な考察ではこの人の可能性が高いと考えている




ウルトラマンリブットさんだ

ダウンロード (87)

これには根拠があり、アントラーを封印したという点、そしてバラージの青い石とリブットブロッカー である


アントラー封印についてだが、リブットはあのエタルガーの動きを止めたストロングネットという有用な技を持っている
ウルトラ戦士でここまで拘束技を巧みに操れるのはリブットだろう
 
バラージの青い石もギャラクシウムも同じ青色をしている

ributto

またリブットはマレーシアの作中でウピンとイピンの二人に地球を去る時に自らの力の一翼であるGフラッシュをプレゼントしている
もしかしたらリブットは再び訪れるアントラーに人間が対処できるように自らの力の一翼であるGフラッシュorリブットブロッカー (と同一素材のクリスタル)をバラージに残していったのではないか?
それをバラージの民は宝具として球体に加工して保管していたのでは?


リブット自身の年齢は公式に明らかになっていないが劇中での貫禄を見る限り1万歳は超えてるだろう

ストーリーを妄想すると

5000年前、バラージの民は石油によって発展をしきたが、石油を過剰に求めたため、地脈が弱まり、アントラーが襲来、ギャラクシーレスキューフォースの新米戦士リブットはバラージ救援の為地球へ

アントラーと激闘を広げた、リブットは力強いシラットの動きでアントラーを圧倒するが、アントラーから逃げる人々を守るためにブロッカーエフェクトを発動

しかしその隙きを突いてアントラーの磁力光線と鋭い顎攻撃でギャラクシウムを封じられ劣勢に、頑丈な甲殻にはリモートカッターも有効打にはならず、追い込まれていく・・・
リブットの活躍に鼓舞されたバラージの民は姫の指揮のもとリブットを援護、アントラーの隙きを突いてリブットはストロングネットでバラージを封印し、地脈の奥の奥まで封印に成功する
リブットは石油の過剰な採掘が環境が乱れたことを警告するとともに勇敢なバラージの民が再びアントラーに襲われた時に備え、自らのギャラクシウムの一部を与えていった

バラージの民はリブットに対する感謝として神として崇め、そのギャラクシウムのクリスタルを円形に加工し宝具として祀った

時代は流れ、リブットの名は歴史に消えていったが旧約聖書の救世主ノアと合わさり、ノアの神として崇められるようになった・・・


という展開があったらな・・・って思います






自分語り
このノアの神リブット説は徹夜明けのテンションでふとんで寝たいと思いながら思いついた説です
個人的に結構有力説あると思うんですが、どうでしょうか?
ちなみに一番有力説は漫画でも描かれ知名度が高いゾフィー説ですが、今後ノアの神について話題に出ることはあるのか?



財布でも布団で寝てるのに・・・

三位一体のチートウルトラマンを紹介

三位一体といえば、もともとキリスト教の教義で神、キリスト、精霊は同一の存在という意味

日本でも三人集えば文殊の知恵などというように3人が力を合わせればとんでもない力を生み出すという

今回は三位一体の最強のウルトラ戦士を紹介する

・ウルトラマンサーガ
ダウンロード (34)


M78最強ランクのウルトラマンゼロ、ネオフロンティアスペースで地球サイズの巨大さを誇るグランスフィアを一撃で倒し、ブラックホールに吸い込まれても無事だったダイナ、カオスヘッダーを沈め、様々なチート技を持ち合わせるコスモス、何れも一つ以上の宇宙を救ったウルトラ戦士
その3人が力を束ねたウルトラマンサーガ、弱いわけがない

ウルトラマンとは離れた外見を持つサーガは光の結晶体ともいえる姿を持っており、そのスピードは瞬間移動に匹敵するスピード、1兆度の温度を誇りさらに威力を増しているハイパーゼットンイマーゴの火球と同意力のサーガプラズマーは連発可能と通常技の時点でも規格外であるが、必殺光線を未だに発動しておらず、ハイパーゼットンすらサーガマキシマムというパンチ技で撃破している
この他にも確実に死亡していたアンナがサーガの登場とともに息を吹き返し、ハイパーゼットンに吸収されたすべての生物を元の場所に帰還させていた(描写なく、考察ではあるが)ことからもしかしたら死者を蘇生させたり、莫大な数の生物を無事に送り届ける転移能力など神に相応しい力を持っている可能性が高い


・ウルトラマンXベータスパークアーマー
ダウンロード (35)

昭和ウルトラの始まり、ウルトラマン、平成ウルトラマンの始まり、ウルトラマンティガの力を鎧にまとうウルトラマンXの最強アーマー
天のウルトラ、地の地球、人の祈りを結ぶ奇跡の鎧であり、その一撃は地獄を具現化させたザイゴーグを撃破する威力
また、他のウルトラ戦士を呼び出したり、そのウルトラ戦士のエネルギーを与える事もできる

・ウルトラマンオーブトリニティ
ダウンロード (33)

ウルトラマンオーブにギンガ、ビクトリー、エックスの力が加わったフュージョンアップ形態
専用武器であるオーブスラッシャーの一撃は強力なのは言うまでもないが、エックスのサイバー空間への干渉能力やモンスアーマー、ビクトリーのウルトランス等も使うことができる
反面あまりに多彩すぎる故、オーブ=ガイでもその能力をフルに活用しきれていないようで圧されている場面も多かったりする


・ウルトラマングルーブ

湊カツミ、イサミ、そしてアサヒの湊3兄妹が一つとなって生まれたウルトラマングルーブ
先代のロッソ、ブル、そしてグリージョが辿り着くことができなかった湊三兄妹だからこその姿
外見は男性の筋肉質さと女性的なボディラインをかけ合わせたような独特な外見のグルーブ
基本的にはルーブの上位互換のようなスペックであり、ルーブと同様にルーブコウリンを駆使して戦う

QUICPayを侵略!カネゴンの燃費の悪さ

カネゴン


ウルトラマン知らない人でも認知度の高い怪獣の一体であるカネゴン
images (60)


元々はウルトラQで登場した怪獣

彼の正体は元々人間で金が好きな加根田金男少年が落ちていた貯金箱?を広い、それが巨大化した繭に取り込まれたことで生まれた怪獣


このカネゴンの生態といえばやはりお金を食うことだろう

その額は一日に3520円、そこまで高くはないように見えるが当時1965年なので現在と貨幣価値が違う


現代の価値からいえばおよそ20000円が一日に必要なのだ


つまりカネゴンの月のエンゲル係数は約60万円で年間720万は必要なのだ

かなり高い…


しかも食費のみなので家賃や云々考えれば年収1000万円(手取り)でようやく一人暮らしができるくらいだろう



一般のサラリーマン並の収入では生活ができないどころか高所得者でも年収1000万超えるとかなり税金が高くなるのでまあ残念ながら生きていくのは厳しいだろう…恨むなら今の政治家を恨んで成仏してクレメンス…


たがそんなカネゴンに朗報!


今の設定では3520円と金額は同じであるため随分生活しやすくなった

これだと月105060円で少し高いが無理な数字ではない



IMG_20200113_232451

そんなカネゴン、見た目通りと言っては可哀想だが戦闘向けの能力は皆無であり、お金をいち早く見つけられる目や偽札と本札を分けられる内蔵、そして胸部には腹に溜まったお金をカウントするカウンター(ご丁寧にローマ数字)が備わっていてそれが0になれば死んでしまう…


という謎にご丁寧な能力…


ちなみにカネゴンを元に戻すには占い師の予言通りに何故か当時子供たちの天敵であった工事の現場監督の雷親父が逆立ちしなければならない…というものでクリアすればカネゴンは空に飛んでいきパラシュートで降りてくる時には元に戻ってるという謎仕様


恐らくは金にがめつい金男少年を懲らしめるために誰かしらの宇宙人?が仕組んだものだろう(多分占い師あたり?)

ただし金男少年が家に帰ると両親もカネゴンになっていたという謎ホラーエンドだが…
images (61)


ちなみにカネゴン、近年急速に広まった電子マネーに対してはやはり死活問題なのか電子マネーの一つであるQUICPayに対してTwitterアカウントをハッキングしたりと謎の攻撃をしている…


その結果QUICPayの宣伝になっているとも知らずに…


ウルトラマンタロウの謎、タロウは東光太郎と分離したのか?

ウルトラマンタロウの謎といえば


東光太郎とウルトラマンタロウの後日設定がかなり曖昧化しているという話

images (75)




東光太郎といえば、ウルトラマンタロウの主人公、アストロモンスとの戦いで命を落とした後タロウと一体化して地球の平和を守った人物だ

最終回で光太郎はウルトラバッジをウルトラの母に返して地球人としてバルキー星人を撃破、その後光太郎は旅に出てタロウの物語は終幕した

ダウンロード (31)

それ以来、東光太郎を演じた篠田三郎.さんはウルトラの表舞台を後にしたがここで謎が起こる


ウルトラマンタロウと東光太郎は分離したのかしなかったのか?


現在、ウルトラマンタロウの声を演じているのは石丸博也さんでウルトラマン物語以降一貫して彼が声を担当している


声が違うため、タロウと光太郎は分離したように見えるが公式でもこれはかなり割れているようで


ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟の設定
こちらではウルトラキラーザウルスとの激闘の末、ファイナルクロスシールドを発動し自らのエネルギーをほぼ全て使い果たし変身能力を失ったハヤタ、ダン、郷、北斗に変わり東光太郎がウルトラバッジを受け取りタロウに変身しウルトラの星へ、その後ウルトラマンメビウスの教官として彼を鍛え上げた設定となっている、本来ならこれが正史になったと思われるが、篠田三郎さんのスケジュールの都合でそのシーンは実現しなかった

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2のプロット
大決戦!超ウルトラ8兄弟以前に考案されていた映画、ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2のボツプロットではウルトラマンタロウと東光太郎が主役を務める予定であった
こちらの設定では上述のウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟の映画の際、光の国に帰ったのはウルトラマンタロウのみであり、東光太郎は旅の末にボクサーとなりそのファイトマネーを元に怪獣災害で孤児となった子どもたちを保護する施設「ウルトラの家」を経営しており地球を離れるわけには行かなかったとされている
こちらではその時(ウルトラキラーザウルス戦後に分離したとされている
こちらのボツプロットは大決戦!超ウルトラ8兄弟のDVD特典で見ることができるがかなり感動できる名作だ

ウルトラマンタロウ著の「ウルトラマンの愛した日本」の設定
2013年11月20日に発売されたウルトラマンタロウ自身が執筆した書籍「ウルトラマンの愛した日本」によればウルトラマンタロウ最終回でウルトラバッジを光太郎がウルトラの母に返還したときにタロウも分離したとされている。

こちらの書籍ではタロウ自身が見てきた地球について語られており、中には平成ウルトラシリーズについても語られていたりとなかなか面白い書籍となっているためぜひ閲覧してもらいたい





ウルトラマンの名作を手掛けた上原正三さん、光の国へ…

ダウンロード (29)
1月2日に脚本家 上原正三さんが光の国へ旅立たれたことが明らかになりました

上原正三さんと言えば円谷英二監督の元で数々のウルトラ作品の脚本を手がけられてきた方


今回は上原正三さんの作品を紹介


ウルトラQ
宇宙指令M774(キール星人登場回)※キール星人は後に大怪獣バトルで登場
ゴーガの像

ウルトラマン

怪獣無法地帯(レッドキング、チャンドラー、マグラー、ピグモン初登場回!)※後に様々な作品で登場
宇宙船救助命令(キーラ、サイゴ登場回)

ウルトラセブン
アンドロイド0指令(チブル星人登場回)※ウルトラマンギンガSにてチブル星人、アンドロイド再登場
地底GO! GO! GO!(ユートム初登場回)※ウルトラマンジードにてユートム登場
登場
悪魔の住む花(ダリー登場回)
散歩する惑星(リッガー登場回)
侵略する死者たち(シャドウマン登場回)
第四惑星の悪夢(ロボット長官登場回)
恐怖の超猿人(ゴーロン星人登場回)
ダン対セブンの決闘(サロメ星人、にせウルトラセブン登場回)※ウルトラマンゼロOVにてそれぞれ再登場
円盤が来た(ペロリンガ星人登場)後にウルトラマンタイガにて後日談あり
あなたはだぁれ?(フック星人登場回)

帰ってきたウルトラマン
怪獣総進撃(アーストロン、タッコング、ザザーン登場回)※タッコング、アーストロンは後にウルトラマンタイガにて登場(アーストロンは強化されたギーストロンとして)
タッコング大逆襲

恐怖の怪獣魔境(サドラ、デットン登場回)※サドラはウルトラマンメビウスにて再登場
必殺!流星キック(キングザウルス三世登場回)※この戦いはウルトラマン物語で再収録
二大怪獣 東京を襲撃(ツインテール、グドン登場回)※メビウス、オーブファイトなどで再登場
決戦!怪獣対マット
怪獣レインボー作戦(ゴルバロス登場回)
恐竜爆破指令(ステゴン登場回)
津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ!(シーモンス、シーゴラス登場回)
二大怪獣の恐怖 東京大龍巻
大怪鳥テロチルスの謎(テロチルス登場回)
怪鳥テロチルス 東京大空爆
宇宙から来た透明大怪獣(サータン登場回)
戦慄!マンション怪獣誕生(キングストロン、クプクプ登場回)
怪奇!殺人甲虫事件(ノコギリン登場回)
怪獣使いと少年(メイツ星人、ムルチ登場回、ウルトラシリーズ屈指の鬱展開!)※後にウルトラマンメビウスにて怪獣使いの遺産として後日談が描かれる
ウルトラマン 夕陽に死す(ナックル星人、ブラックキング登場回)※ナックル星人、ブラックキングともに人気怪獣、エックス、タイガなどでのちの作品にも登場
ウルトラの星 光る時(ウルトラマン第2期ウルトラシリーズ初登場回)
ウルトラ五つの誓い(バット星人、ゼットン二代目登場回)バット星人、ゼットンは後にウルトラマンサーガ、ウルトラマンタイガにて再登場


ウルトラマンA
大超獣を越えてゆけ!(カメレキング登場回)
大蟻超獣対ウルトラ兄弟((ギロン人、アリブンタ登場回、ゾフィー初バトル)
超獣は10人の女?(ユニタング登場回)
サボテン地獄の赤い花(サボテンダー登場回)
夏の怪奇シリーズ怪談 ほたるヶ原の鬼女(ホタルンガ、鬼女登場回)

ウルトラマンタロウ
大海亀怪獣 東京を襲う!(キングトータス、クイントータス登場回)
親星子星一番星(ミニトータス登場回、セブン登場回)

ウルトラマンティガ
ウルトラの星(ヤナカーギー、チャリジャ登場回、初代ウルトラマン初平成シリーズに登場)

ウルトラマンダイナ
チュラサの涙(トロンガー、ギガール星人チュラサ登場回)

ウルトラマンマックス
ゼットンの娘(ゼットン星人、ゼットン登場)

作品群を見るだけでも名作とわかる回ばかりなのが分かるだろう



とくに帰ってきたウルトラマンでは1話、最終話等の重要回を手がけている

この手がけられた作品に登場する怪獣の多くは現在も登場するような怪獣ばかりだ

特に
images (74)

レッドキングで有名な怪獣無法地帯、グドン、ツインテールの登場回の二大怪獣総進撃等は言うまでもなく


images (72)

バット星人はウルトラマンサーガ、チブル星人はギンガS、シャドー星人、ユートムはウルトラマンジードで、タッコングやアーストロン、ペロリンガ星人等はタイガでも登場したことは記憶に新しい
ダウンロード (30)

中でもウルトラ史最問題作とも言われる怪獣使いと少年という差別を風刺した非常に語り継がれる作品

そして第1期のウルトラマン、セブンとジャックをつないだウルトラの星光るとき、そして昭和と平成ウルトラマンをつないだウルトラの星等ウルトラの歴史に大きな影響を与えた作品だ
ダウンロード (29)

この他にも、
大蟻超獣対ウルトラ兄弟ではゾフィー、親星子星一番星ではセブンが客演した回であり、当時でも言われていた客演ウルトラマンは弱いということはなく、主役ウルトラマンを引き立たせつつ客演ウルトラマンもかっこよく演出されている名場面として今でも語られている


なによりもすごいのがこの作品群を
50年近くも前に執筆しているということ

サブカル文化が浸透した現代ならともかく、ネットもなにもないあの時代にこれほどまでの名作が書けるのは並大抵の才能では不可能だ

しかも彼が書いたのはウルトラシリーズだけではなく、秘密戦隊ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊、バトルフィーバーJ、電子戦隊デンジマンといった初期スーパー戦隊シリーズ、さらには私が好きな超力戦隊オーレンジャー

仮面ライダーでは仮面ライダーブラック

メタルヒーローシリーズではギャバン、シャリバン、シャイダー、ジャスピオン、スピルバン

さらにはアニメでは北斗の拳などの脚本も手掛けたというとてつもない才能の持ち主なことが伺えるだろう






本当に数々の名作、ありがとうございました。
この場を借りて、上原さんの
ご冥福をお祈りします






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

フリーダムな社会人、それがやんしのです! アニメ、特撮好きなヲタクですが、一番好きなのはウルトラマン!同士の人集まれ! 趣味:車いじり、ドライブ、特撮、アニメ
検索
カテゴリー
君の願いを叶えにやってきた
勇者
筋肉パイセン
NINJA
Buddy Go!