ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

カテゴリ:作品別 > ウルトラセブン

ウルトラマンZにも登場が確定している


ウインダム


ダウンロード - 2020-06-09T200131.869




初登場はウルトラセブン1話でなんと主であるウルトラセブンよりも先にお茶の間に顔を見せたカプセル怪獣


外見は全身銀色で鶏冠が目立っており、シルエットだけではウルトラセブン少しにている


では簡単にスペックを紹介

・別名:カプセル怪獣
身長:ミクロ - 40メートル
体重:0 - 2万3000トン
出身地:M78星雲メタル星

カプセル怪獣というのは、ウルトラセブン=モロボシ・ダンが所持している使役怪獣であり、普段は小型のカプセルに入っており、ダンがセブンに変身できないときに変わりに戦ってくれる存在である
一言で言えばポケモン(というか、ポケモンの元ネタがこのカプセル怪獣である)

その中の1体であるウインダムは金属生命体であり、金属質の表皮と電子頭脳を生かしたカプセル怪獣の中では発達した知性を持つ

ダウンロード - 2020-06-09T200131.869

能力は頭部からのレーザーショットであり、遠近両用のバランスの良い戦い方できる


しかし、劇中での役回りは殆ど活躍ができていない

ダウンロード - 2020-06-09T201341.747

・クール星人の円盤郡の内2機を撃ち落とすものの合体光線を受けて返り討ち
・カナン星人のロケットを破壊しようとするがカナン星人に逆に電子頭脳を操られてダンを襲う
その後はセブンと戦うがセブンを追い回していくうちに目を回して正気に戻るもののカナン星人に負ける
・ガッツ星人との戦いでは町中で戦うも返り討ち、さらに大爆発を起こして死亡する
ダウンロード - 2020-06-09T201400.018



といった散々な役回り

上述の通り、一度死亡をしているが後の作品にも登場しているため(or別の個体?多分セブンのことだから復活させた?)蘇生したと思われる

EPhy37qUUAgfxzB


平成ウルトラセブン1999年版ではレモジョ星系人を追い払うといった活躍を見せた

ダウンロード - 2020-06-09T201630.330

またノンマルトの守護怪獣であるザバンギとの戦いではミクラスと共に戦うが、返り討ちにあった



と言った感じ

とはいえ平成ウルトラセブンは本編の歴史とは分岐した世界線であり、正史での生死は不明であった

ダウンロード - 2020-06-09T202517.469

ウルトラマンメビウスの時代では、特殊技術「メテオール」により、ミクラス、ウインダムが防衛組織GUYSのマケット怪獣(味方)として登場
これは防衛組織の味方怪獣としてのイメージに合わせての人選であった

ただしマケット怪獣の登場は1分間しかできず、使い勝手が悪かったがそれでもかなりの善戦をし、インセクタス♀を撃破したり、マケットゼットンに追い詰められたメビウスを救うというファインプレーを見せつけた
ダウンロード - 2020-06-09T202527.488


後に改造を受けて火炎放射器を搭載したファイヤーウインダムとして登場
こちらはなんとゼットン、パンドン、ブラックエンドといったラスボス格の強力怪獣の炎をアップデートされておりシュミレーションとはいえバードンやムカデンダーといった強豪怪獣すらも倒せるレベルまでパワーアップした


セブンのウインダムが再登場するのはウルトラ銀河伝説より
久しぶりのセブンのウインダムであり、初のカプセル怪獣の仲間であるアギラ、ミクラスと揃い踏みして変身のできない状態であったダン、そしてレイを救援した
ダウンロード - 2020-06-09T202503.738

その時に上半身だけを高速回転させレーザーショットを乱れ打ちし、サラマンドラを単身で撃破した


このように年々強くなっているウインダム

ウルトラマンゼットでの活躍に期待である



そして余談ではあるが、ウインダムはカプセル怪獣ということで人気が高く

怪獣娘ではヒロインとして登場

images (42)

さらには現在連載中のULTRAMANではセブンの相棒として登場している

ダウンロード - 2020-06-09T202909.492


銀のバイクのウィンダムはロボットに変身しいつでも飛んでくる頼もしい仲間となっている


またウルトラマンストーリー0では故郷が侵略者の手に落ちて洗脳されていたがウルトラマンの活躍で正気に戻った個体がセブンについてきたという設定が加えられている

かなり頭のキレが良く、セブンが動けない中、レッドキングから人々を守るために自ら飛び出し、大地の生物を吸収し異常肥大化した巨体のレッドキングに力比べを挑むように挑発し、レッドキングが調子に乗って自分の何倍もの大きさの岩(というか大地ごと)をもちあげたときにレーザーショットを放ち意識を削がしたところに自らの持ち上げた岩の下敷きとなって圧死するように仕向けたりと知恵者として活躍した




セブンガー!
カプセル怪獣最強の怪獣として名高いがウルトラマンZでも登場が確定している


今回はセブンガーを解説


images (74)

見た目はシンプルな古いロボット風でどこか眠たそうな目がチャーミングと一見すれば他のカプセル怪獣同様に弱いと見られるかもしれない…

なんとこのセブンガー、カプセル怪獣最強として名高い

というのも不意打ちとはいえ帰ってきたウルトラマンを倒したアシュランを始終一方的に圧倒した強豪怪獣

images (76)

アシュランの攻撃を持ち前の防御で意に介さずに逆に一方的にボコボコに殴り虫の息まで追い込むという異常すぎる猛攻で追い詰め、あと10秒あればアシュランを倒していた


しかしながら欠点として当時は制限時間が1分でかつ1度使えば50時間の休息が必要というあまりの燃費の悪さが欠点となり1度しか活躍はない


セブンガーは打撃攻撃のみしか持っていないが逆に言えば小細工無しの単純な強さではウルトラ兄弟すら上回るというスペックを持っている

images (75)

今回はウルトラマンZの防衛組織 ストレイジの特空機として登場、なんと3分も戦えるように強化されている


また、ウルトラマンレオに登場した際には近接打撃攻撃のみであったが今回はロケットパンチも修得している

さすがに今回は人間の造ったロボットだからウルトラマンレオに登場した個体よりも攻撃力は下がっていると思われるがそれを引いても十分なパワーアップがされていると言える




ウルトラセブンの特徴といえば

額についているビームランプだ


もともとは成田亨さんが初代ウルトラマンのカラータイマーに対して反対していた(自分のデザインに勝手につけられたことに不満を持っていた)ため、彼がセブンをデザインするにあたってつけられる前につけて野郎の精神で額にランプを付けたのが特徴だ



本編では光線発射器官として活用されている他、ガンダー戦の後遺症で制限時間がついてからは初代ウルトラマンたちのようにピンチのときに点滅するようになっている



この額のランプ、おそらくは仏像などでもついている白毫だろう



成田亨氏は仏像に対しても精通しており、初代ウルトラマンの口元は弥勒菩薩像のアルカイックスマイルをモチーフにしているとのこと


この白毫、毛という字がついている通り毛の一種でなんでも光を放つ事ができるらしい、
ちなみにこの白毫が備わっているのは如来、菩薩という仏の中でも高位の存在しかつけることができないらしい

ちなみにヒンドゥー教のチャクラなどで有名な第三の目も額についているが厳密には別物とされている


なんでもウルトラ6兄弟のパチンコ版が出るとか
ダウンロード (37)


PV見る限りゾフィー~ウルトラマンタロウの6兄弟が登場する作品ということ


しかしPVやYOUTUBEで上がっている動画を見る限り



一応CGは派手なものとなっており札幌で戦う帰ってきたウルトラマン等原作ではないバトルが描かれていたり、原作ではないタロウVSゴモラやエースVSゼットンのバトル演出、ウルトラダークキラー等も登場したりとレアな対局を見ることができる




6兄弟と言っておきながら主役はウルトラセブンの様子でギミックなどもアイスラッガー型のボタンや当たればセブンの顔が出る仕様となっている他、各原作のバトルにセブンが救援に来ればチャンスとなっている

たとえばウルトラマンVSゼットン、ゾフィーVSバードン、ジャックVSベムスター、エースVSヒッポリト星人、タロウVSタイラントの戦いにセブンが参入する

また、各バトルも原作ではないバトルとなっており

ゼットン戦は東京、バードン戦は荒野、ベムスター戦は札幌、ヒッポリト星人戦は大阪等バトルの舞台も異なる

映像にもなかなか力を入れており派手でかつかっこいいバトルが見ものだ

またハイパーエレキングやウルトラダークキラーも参戦する模様!

ナレーターがグレンファイヤーの関智一さん

しかし難点もいくつか存在し

・変身者が全員代役(ゼロのときはタイガ、アスカ、ムサシが本人、タロウのときも代役とはいえかなり声質はにてる人)

・6兄弟とはあるが上述の通りメインがウルトラセブンとなっており、実質ウルトラセブン&ウルトラ兄弟とも言える仕様

・確変演出が早いようだが怪獣とのバトルはかなり少なく、出ても結構あっさりしている印象でウルトラ好きにとっては微妙な印象



というカンジダ

一応主は写メ目的で1円なら打ってみようかとはおもうが・・・









ウルトラ兄弟の俳優が全員代役となっているなど少し肩透かしを食らいそうになる演出が目立つ

今回は双頭怪獣パンドンを紹介
IMG_20191126_122033


ウルトラセブン最終作 史上最大の侵略で登場したパンドン
外見は赤いトンカツのような外見で剣立ちしてて美味しそうだ
出身地はゴース星でゴース星人の切り札として怪獣兵器として操られている

攻撃力ではそこまで強い部類ではなく、セブンに優勢に立てたのは彼自身が疲労によりグロッキー状態での戦闘という不利な状況でのため


しかしながらアイスラッガーをキャッチして投げ返す等決して侮れない芸当も持っている

双頭怪獣の名の通り頭部が2つ繋がっており両頭から連続して放つ火炎攻撃は相手に与えない

元々は後年のような首が二股に別れたケルベロスのようにイメージされていたが技術の都合により繋がった形となっている
IMG_20191126_121950


ウルトラマンタイガの個体は初代パンドンに似た外見を持ち、鳥の雛のように刷り込みの習性を持つことが明らかになっている他親想いで親を守る為に戦うという本来は家族愛の強い優しい性質であることが仄めかされたがウルトラマントレギアにより一撃でバラバラにされて惨殺されてしまった

IMG_20191123_094252

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DXタイガトライブレード「ウルトラマンタイガ」
価格:3050円(税込、送料別) (2019/11/26時点)


↑このページのトップヘ