ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

ウルトラマンA

ヤプールの語源はかなりやばい!ヤプールと女性の関係(リョナ注意)

※今回の記事はヤプールの由来であるR-18G指定の書籍についても軽く説明しています。
またその使用上、性的、グロテスク、差別的な表現が含まれております

そのような文章が苦手な方、不快に思われる方は閲覧を控えてください








ヤプール


ウルトラマンAの宿敵であり下劣な異次元人
ダウンロード (53)

そのヤプール、名前の由来はかなりやばい

というのもヤプールの語源となったのは


SM雑誌で連載された小説「家畜人ヤプー」

SM雑誌で「あっ・・・(察し)」の人の思うように、18禁作品です


それもかなりハードルの高めの


話の内容はかなり女尊男卑と白人至上主義を極端に行き過ぎた未来世界で白人女性が絶対的権力を持ち、黄色人種である日本人たちは改造され、ペットにされるという驚愕的な世界観

とはいえ白人女性側も、改造されて快感に生きる彼らも幸福に満ちた生活をしている


というもの・・・


レベルが高すぎる・・・

18禁どころかR18Gに指定される奇作ではあるが文学的にもかなりの評価をされており、コミカライズ化もされている、なんと仮面ライダーや009でも有名な石ノ森章太郎さんの手でコミカライズ漫画も存在している(たまげたなぁ)


また、この作品のヤプーはならず者を意味するヤフーから来ていると思われる


ヤフーは、元々はガリバー旅行記で登場するならず者の民の名前が起源であり、
インターネット検索エンジンのYahooも創設者が自らをならず者と称してあえてこの名前をつけたとされている(諸説あり)

そんなやばめの語源のヤプールではあるが、その由来からか間接的、直接的関わらず女性にまつわる話がかなり多い

たとえば

アリブンタの好みの食事はO型の女性の血液

ダウンロード (54)



くノ一超獣ユニタングは10人の女子大生に擬態できることから素材元に女子大生を使ったのではと言われている
ダウンロード (46)


女性に異常な執着心を抱く久里虫太郎を利用したり
ダウンロード (51)


アプラサール、マザリュースも素材は女性だ
ダウンロード (50)

ダウンロード (52)




自分自身が女ヤプールとして擬態して北斗に幻覚装置を付けたり
ダウンロード (49)



などなど、仇であるウルトラ戦士への執着とともに、どことなく女性への執着も見られるようにも思える

まるで自分の由来となった家畜人ヤプーとは逆に、女性をいたぶり、改造することを楽しんでいるように・・・




もしかしたらヤプール・・・おまえむちゃくちゃやばいリョナラーだろ・・・





ちなみにやんしのは当然女性に対してはメフィラス星人もびっくりするほどの紳士なのでご安心ください




実はむちゃくちゃ怖くてグロい設定?くノ一超獣ユニタング

くノ一とは女性を表す言葉、女という字をバラバラに分解したらくノ一となるのがその由来だ

現代でも女性忍者を表す言葉として時代劇などで登場している

そんなくノ一の名を冠すのが


くノ一超獣ユニタング
ダウンロード (46)


外見は悪魔のような顔に両腕のハサミ等、オーソドックスな怪獣型であるがよく見ると胸部から腹部にかけて、乳房のような模様が見える

それはこのユニタングの能力に由来する


ユニタングはバキシムなどと同様に人間の姿に擬態でき、その姿が女子大生10人という
o0800060012922745199

外見モチーフは上述に悪魔のようなと描いたが性格には蜘蛛もその要素にはいっている

蜘蛛といえば女郎蜘蛛など女性に化ける能力のある妖怪もいる


能力はその人間の姿となり相手を油断させ攻撃するほか、糸による拘束、角からの発光で相手にダメージを与え、相手を操る、口から消化液や鎮火液を放つことができる

この能力のほか、体を分離させられる能力を応用して、ウルトラマンAの十八番である切断攻撃を無効化できる
images (21)


最終的にはストップフラッシュで動きを止められてウルトラシャワーで溶かされて絶命した

この超獣は他の超獣同様ヤプールが作り出して生まれた存在ではあるが、その素材は公式に明らかになっていないが、可能性で最も高いのが、女子大生10人と蜘蛛型の怪獣ではないかと言われている

もしその説が本当であれば、ヤプールはサイクリング部の女子大生を拉致、それぞれをバラバラに溶かして、あろうことか蜘蛛の怪物と融合させられ、死後もヤプールに魂を操られる傀儡にされていることになる

そう考えればヤプールの猟奇的な性質が更に色濃くましてしまう

とはいってもこの裏設定は少し引っかかる

というのも女子大生の体を利用した超獣であればヤプールはそれを利用してエースにそれを明かし、人質として利用する可能性が高いからだ
エースもそれを知っていたら迂闊に攻撃ができず、寧ろ彼女たちを助ける方法を模索しようとするだろうからヤプールに有利な展開になっていただろうし、それを利用しない手はないだろうがそれをしなかったということは素材に人間が使われていないと考えるほうが自然だろう



ムルチの三枚おろし!怪力と毒が優秀ではあるが・・・頭があまり良くない・・・蛾超獣ドラゴリー


紹介する超獣は

蛾超獣ドラゴリー

ダウンロード (43)

ウルトラマンA、ウルトラマンメビウスで登場した超獣
蛾超獣というだけあり、素材元には蛾が組み込まれており、下半身に蛾の羽のような模様や複眼のような目にその名残が見受けられる

ウルトラマンAの登場時は妖星ゴランが地球衝突の危機に地球人がマリア1号(22歳とは関係ない)という迎撃ミサイルで落とそうとしたときにそれを妨害するときにメトロン星人jrと共謀して活動開始した
images (19)

「蛾」というだけ毒鱗粉や毒の含有されているキバでの噛み付きなど毒を使った攻撃が得意なほか、腕力にも自身があり、同時に現れたムルチを力づくで引きちぎり文字通り三枚おろしにしてしまうほど

最後はウルトラマンAのパンチで腹に穴を開けられたあとエースブレードで首を切断、さらにはメタリウム光線で爆死となんとも言えないオーバーキルを受けて撃破された

に見えたが実は完全には死んでおらず30年以上経ったあとで復活した
ダウンロード (44)


毒や怪力など消して弱いことはないがこのドラゴリーなんと言っても頭が悪い

images (20)

2006年に復活したのはいいが当時の任務でありマリア1号の破壊を未だに実行しようとしておりマリア1号がまだフェニックスネストにあると思いこんで活動を再開
このときはフジサワ博士に憑依するという新能力を見せつける
フジサワ博士の所持していた「水と混ざると爆発する爆弾」でフェニックスネストを爆破させようとするが、知能でフジサワ博士に勝てるはずもなく、それはフェイクでありフジサワ博士はドラゴリーに憑依された時を考えて歴代の催眠宇宙人の能力を利用した自己暗示でまんまと踊らされた

その後はメビウスと相まみえて持ち前の怪力で苦しめるが最終的にメビウスブレイブのメビュームナイトブレードにより撃破された
ダウンロード (45)
後には大怪獣バトルやギンガ、ギンガS、ビクトリーファイトなどでも登場している

中でもヤプールの指揮下で現れたときはウルトラマンレオ兄弟と戦うがこのときには黒い光線を吐いていたりと新技をさり気なく見せつけた


意外と強かったり芸達者なドラゴリーであるが、残念ながら頭が悪い器用貧乏な面を持っているといえる

合体怪獣はロマン 超獣の組み合わせ ジャンボキング

ウルトラマンエース最終回でヤプール人が放った最後の超獣


ジャンボキング
527

見た目はまるでケンタウロスのような獣人型のシェルエットを持つジャンボキング


エースやTACに倒された超獣達の怨念をヤプール人の残党が寄せ集めて生み出した最強超獣



頭はカウラ
ダウンロード (21)

腕はユニタング
ダウンロード (22)


胴体はマザリュース

353


背中はマザロン人

ダウンロード (23)

と各超獣のパーツが集まっている他

体の棘は巨大ヤプール
ケンタウロス型の姿も垣間見得る

能力もそれぞれの超獣の技が活用されており隙のない攻撃を得意とする

しかしながら所謂亡霊の寄せ集めであり光線技のエースキラーや耐久のブラックピジョン、武器のバラバ、パワーのドラゴリー等の高い能力の素材が使われていない為いまいち決め手にかけるのが弱点



しかしそこはさすがに合体超獣、隙の無い攻撃とメタリウム光線を受けても怯む程度にしかダメージを受けない防御力を持ち合わせており弱い訳では無い


ヤプール人もそれは理解していたのかこの時はヤプール人がかつて滅ぼしたサイモン星人の子供の姿となり影で操りながら子供たちを利用して自分を守らせて北斗だけにテレパシーで事実を伝えて自分を殺させ、北斗がテレパシーを読み取れる存在=ウルトラマンエースだと暴露せざるを得ない状態に持っていきエースを地球から追い出すことに成功している   

北斗は子供たちの前でウルトラマンエースに変身し、人間、北斗星司としての最後の戦いに挑む

エースは隙のないジャンボキングに苦戦するもエースを応援する子供たちの声の元活気を取り戻し最後はメタリウム光線とスペースQの応用技、ギロチンショットで斬首されて死亡した

エースはヤプール人に弱いサイモン星人の子供を守りたいという優しさを裏切られ踏みにじられた子供たちに言葉を残した




余談であるがジャンボキングは後のタイラントやグランドキング、イズマエル、ギガキマイラ、ベリュドラ、ファイブキングに先駆ける合体怪獣の先駆けではあるがヤプール人自身このジャンボキングで再び暴れた痕跡はない


この時、ヤプール人自体がエースに壊滅的にやられており人員不足があり満足な超獣が作れない状態であり、ヤプールもこいつが作れたのはたまたま恨みの強い超獣が複数いたから作ってみた的なノリだったのだろう…

また人格が明確に存在していたマザロン人意外の超獣の共通点として、人間から超獣になった存在というのもある
(カウラは元々屠殺されて死んだ牛の霊が篭っていた為怨念が強いため、ジャンボキングの頭部になったのかもしれない)



ユニタングは明確にはされていないがもともと女子大生の姿として現れたことから女子大生達がヤプール人に捕まった成れの果てとも考えられているのだ

カウラ、マザデュースは完全に心が失われる前にエースに救われたが…

そう考えると人間の魂を持っているため超獣の中でもいっそう強い念がこもっていたのかもしれない…

写真の数だけ無数に分裂のチート!ガマス

ウルトラマンエースの戦ったヤプール人の超獣はヤプール人が生み出した戦闘怪獣でありそのバリエーションは多種にわたる 中でもこいつむちゃくちゃ強くね?
なんでヤプール人こんなの持ってて負けたの?笑


というようなチートも存在する

今回はそんな一匹


二次元超獣ガマスを紹介

784

二次元と言えば我々の行ってみたい世界ナンバーワンを誇る場所であるがこのガマスは別にアニメの世界からこんにちはしたやつでは無い

ウルトラマンエース 超獣10万匹!奇襲計画に登場した怪獣で既にタイトル時点でパワーワードが着いているがこいつの能力は


自身の写真の数だけ分身する


というもの

当時は新聞写真のネガに潜みこみ印刷により10万匹に増えようとしたが北斗星司により阻まれたがそんなことになればシャレにならない


今の情報社会なら何億体もの分身が可能であろう…


分身以外の能力に口からのロケット弾、まきびしや手裏剣、手には暗器とまさにその様はNINJA!

ただこの怪獣自体は蘭の花と宇宙怪獣の合成と言うからヤプール人の謎の技術には驚かされる(蘭の要素どこ…?どちらかと言えばカメレオンじゃね?笑)


弱点は写真が出来てから直ぐに分身はできずに波長の会う音波がないと分身できない、ネガを焼かれたら抵抗すら出来ずに無効化されること


またNINJA特有の瞬間移動などもできるがこいつ自身のパワーは大して強くはなくウルトラマンエースの前では武器を取られ瞬間移動も見破られてその武器で刺されてパンチレーザースペシャルで撃破された

しかし手の内がバレなければほぼ確実に無数に分身できて人海戦術であっという間に地球を制圧できるスピードと特殊能力はさすが忍者汚い…と言えるだろう

逆に少しのヒントで気がついたTACは有能と言える(普段は北斗の言葉も大して信用してくれないが…)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

フリーダムな社会人、それがやんしのです! アニメ、特撮好きなヲタクですが、一番好きなのはウルトラマン!同士の人集まれ! 趣味:車いじり、ドライブ、特撮、アニメ
検索
カテゴリー
君の願いを叶えにやってきた
勇者
筋肉パイセン
NINJA
Buddy Go!