ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

カテゴリ:作品別 > ウルトラマンダイナ

デスフェイサー

ウルトラマンダイナ劇場版「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」に登場したロボット怪獣
images - 2020-09-07T224934.475


元々は人類の生み出したネオマキシマ砲搭載の最新自動操縦艦隊「プロメテウス」をモネラ星人が開発者の「キサラギ・ユイ」博士を洗脳して改造して生まれた怪獣

ダウンロード - 2020-09-07T224958.271



身長 77m
体重 9万6千t
別名 電脳魔神
出身地 地球

出力は大怪獣バトルの時代でも活用されているネオマキシマの技術が使われているため超高出力で稼働
戦闘には優れたパイロットの操作技術がAIによりインプットされており、常に万全の状態で動くことができる。
ウルトラマンダイナとの戦いでは、アスカシンの行動パターンも組み込まれており、ウルトラマンダイナのミラクルタイプにすら優勢に立ち回った

images (100)


武器はダイナを遠距離から拘束した右腕のデスシザース

そしてデスシザースから放たれるビーム砲デスシザーレイ

images - 2020-09-07T225624.513
そして左腕のバルカン砲

そしてバリアー技のジャノミラーなどの正しく遠近両用の装備


そして極めつけは胸部の砲から放たれる


ダウンロード - 2020-09-07T225657.520

「ネオマキシマ砲」

チャージこそ必要であるが一撃で島を跡形もなく吹き飛ばすほどの絶大な威力


これらの装備をフルに活用し、ウルトラマンダイナを1度は撃退した


とはいえ上述のアスカシンのデータを取る際にネオマキシマでダイナは瞬殺されるというイメージを植え付けており、トラウマにさせているため本調子では戦えないようにしていたりとセコい勝ち方だったが・・・
images - 2020-09-07T230156.075


最終的にはトラウマを乗り越えたダイナのストロングタイプに力負け、デスシザースを引きちぎられ、ネオマキシマもチャージ中に真正面からのストロングタイプのダイナックルを決められて胸部を砲台ごと貫通されて自爆した



だが、その後の作品にもデスフェイサーがモデルとなった強敵が登場しており、大怪獣バトル(ゲーム版)ではあのレイブラッド星人の依代として復活した。


またキラーザ・ビートスターでは、ロボット怪獣軍団として登場予定だったが没となり、最終的にはスーツは黒幕のビートスターの本体として登場している

ビートスターもAIの安全システムが暴走して生まれた存在であり、デスフェイサーとは暴走したAI繋がりだったりする



余談であるが、ダイナがネオマキシマ砲で瞬殺されるというのはあくまでもモネラ星人が見せたイメージであり、実際にダイナはネオマキシマ砲を直撃していないため、本当にウルトラマンを一撃で葬る威力があるのかは不明であるが、ネオマキシマ砲自体は後にグランスフィアのバリアーを破壊するほどの威力であり、ウルトラ戦士の必殺光線級の威力はあることは間違いない




ウルトラマンダイナ



ieTHttUu_400x400


今では結構登場の多いウルトラマンであるが・・・


実は本編最終回では生死不明だったことを覚えているだろうか?

images (49)
ウルトラマンダイナ最終回、明日へ・・・ではグランスフィアの撃破に成功したダイナだが、その際に発生したブラックホールに飲み込まれて物語は幕を閉じている


ダイナ最終回の放送日は1998年8月30日

この最終回を見た当時の自分たちは唖然とした


「ダイナ消えちゃったけどどうなったの?」





視聴者の多くは、その最終回のあと放送開始したウルトラマンガイアに登場するのでは?

と考えてた人も多いだろう


ダウンロード - 2020-06-26T211055.746

実際劇場版ティガダイナガイアではダイナは登場しているが、アスカが登場せず、ダイナ生存の確たる証拠にはならなかった

(後に判明したのだが、このティガ、ダイナはマドカ・ダイゴ、アスカ・シン本人ではあるが、それぞれが戦っていた時代と世界線から召喚されており、ダイナ最終回後の彼ではない)
i-img500x374-1542030708u5cqbr2221347
i-img500x374-1542030708u5cqbr2221347

それから2年後2001年発売のウルトラマンダイナOV「帰ってきたハネジロー」も発売されたが、ダイナの話はダイナの本編時代であり、最終回の前の戦いが描かれていた



それ以降、長らくダイナどころか、ティガ、ガイアの活躍は描かれるの機会がなく、ファイティングエボリューションリバースでもティガ、ガイア、アグルは出てもダイナだけが出ず本当に死んでしまった説も結構囁かれていた
ダウンロード - 2020-06-26T211727.068


そんな中、ダイナの役を演じたつるの剛士さんはクイズ番組で珍回答を出しまくるおバカ芸人として活躍、ウルトラマンバカとイジられながらも名を馳せていった

(まあ、実際アスカも賢いキャラではなかったから・・・)


そんな中、突然の朗報が


なんとウルトラ兄弟とティガ、ダイナ、ガイアが共演する大決戦!超ウルトラ8兄弟の放映が決まった

ダウンロード - 2020-06-26T211908.030

当時を知るファンたちは大歓喜した


アスカの生存が決まっただけではなく、ティガ、ガイアと再共演してさらにM78ウルトラマンとまで!!







だが・・・現実はそう甘くはなかった



この時のダイナ=アスカは本編とは別世界の人間であった

俗に言うスターシステムのようなものだった


だが悲しむことはなかった


この映画ではダイナ本編ではリョウに言えなかった「おかえり」が実質10年ぶりに言えたのだ


そしてヒビキ隊長に、「宇宙に迷子になるなよ」とダイナ最終回を明らかにオマージュした言葉が出てきた



円谷プロはダイナを忘れてはいなかった!!



そして、この世界線のようにいつかリョウにお帰りが言える日が来るのではと誰もが思った


それから一年


事態は一気に急展開を見せた


大怪獣バトルの劇場版が決定!

レイとウルトラ戦士の共闘、ベリアル、そして謎のウルトラマン!

宇宙で繰り広げられるウルトラバトルの予告に熱くなっていた

その予告の最後に映ったのだ


あの懐かしいスーパーガッツのジャケットに身を包む彼の姿・・・


BCKbEo2CIAAiP8I


アスカの生存が確定した瞬間だった!!!!


およそ10年以上の長い間どこに言ったか、生死不明だった彼が生きていたこと、そしてM78ウルトラマンと共闘するということが明らかになった瞬間!!!


もう俺この予告見て本当に泣きそうになった・・・


そしてその映画を皮切りにサーガにてスーパーガッツのメンバーと再会というね・・・

t02200124_0800045012885712987


今回紹介する怪獣は

ダイオリウス
ダウンロード - 2020-06-13T202347.670


ウルトラマンダイナに登場した怪獣であり外見は蜂に近い外見をしている



スペック
身長:70cm(幼虫) 115m(成虫)
体重:25kg(幼虫) 6万5千t(成虫)
別名:宇宙大昆虫
出身地:宇宙


・生態
このダイオリウスは昆虫怪獣であり、非常に頭のいい怪獣であり光や電気信号、通信信号などを探知して宇宙船などを襲いそこに卵を産み付ける


卵は短期間で孵化し、そのに居る船員を捕食して成長する
さらにダイオリウスは短期間で成虫となりその際には地球の気圧だと数秒で気化し何百万人単位の人間が即死するだけの毒液を散布するという恐ろしい特性を持っている


もしかしたらダイオリウスは宇宙船に卵を寄生させ乗員を捕食して成長、さらに、その船が母星に戻る頃合いに羽化してその毒液で星を制圧して毒で死亡させた原住民を捕食しさらに巨大化するという餌場兼縄張りとして生息する生態なのではと思われる


かつては冥王星に建設中だった宇宙ステーションを壊滅させたとされている

攻撃技は幼虫の際は防護シャッターすら貫通するほどの体当たり
成虫の際は角からのエネルギー型の緑色破壊刃と体内から分泌する電撃


この恐ろしいエイリアンのようなSFホラーチックな怪獣ではあるが、ダイナの世界にはきちんと対策が打てるスーパーガッツが存在している


ダイナ本編での様子
ダイナ本編では、木星から地球へ向かっていたガゼル号を襲撃するもすぐにスーパーガッツにより一度は追い払われた。
またその際、3体卵を産み付け、船員を襲った
残念なことにその際、不意を疲れたことで一人の船員を捕食した
しかし、上述の通り、成虫になる際の毒を懸念した防衛軍がガゼル号を防衛衛生「ユニコーン」で撃墜させる判断をしたことで
スーパーガッツは乗組員の船員、並びに生まれてはじめて大地を踏むことを楽しみにしているスターチャイルドたちを救援に向かうことになる
スーパーガッツの尽力と朝倉船長の奮闘もあったがガゼル号がユニコーンの攻撃範囲着までにすべての幼虫は破壊することができず、スターチャイルドの女の子が一人ガゼル号に取り残されてしまう事態となってしまう

ユニコーンによる幼虫の撃破を阻止するために成体が再度やってきてそれを破壊し、ガゼル号を地球に投げ込もうとする事態が発生するもその最中にカリヤ隊員が最後の幼虫を撃破した
それに怒り狂ったダイオリウスはカリヤと女の子の乗ったガゼル号を破壊しようとするがそこにウルトラマンダイナが登場!ガッツイーグルとダイナの連携にはさすがのダイオリウスも叶わず、ソルジェント光線により木っ端微塵に砕かれた


・まとめ
このように虫型ではあるが、知能というか狡猾さに関しては映画のエイリアン並にやっかいな存在
映画のエイリアンでは人間が圧倒的に不利な状況下にあったもののここはさすがウルトラマンの世界、一人の犠牲があったもののスターチャイルドたちは無事に地球にたどり着くことができた

ウルトラマンダイナ

ネオフロンティア宇宙のウルトラマンでありティガの後輩でもあるウルトラマン

変身者は熱血漢のアスカ・シンであり変身者の性格もあり親しみやすいウルトラマンである

ダウンロード (94)


その正体はかなり謎に包まれており同じ宇宙のティガの出生が超古代に戦った戦士の力を継承した存在というのが明らかになっているのに対してダイナは長年その正体が不明であった

 ダイナの光は、スフィアとの戦いで宇宙空間に投げ出されて生死の危機に陥ったアスカの元に現れた謎の光でその光を得たことでウルトラマンの力になった

それ以外全くの謎とされていた


しかしダイナの正体はここに来て一気に明らかになった


ウルトラマンダイナの公式小説が発行されたのだ

それがウルトラマンダイナ 未来へのゼロドライブ


そこでの正体はかつて実験中に光となって消息不明となったアスカの父親、カズマだったことが明らかになった
que-10184851300


これは小説版であるが公式本、それも当時からのメインライターの長谷川圭一さん執筆ということもあり信憑性はかなり高い


事実ダイナ最終回でアスカはグランスフィアにより異空間に飛ばされたあと、父親と再会しているからだ


ただし劇中での描写を見る限りダイナの人格はアスカ本人であり、カズマはあくまでも力と姿を与えているようにもみえる

ちなみにそうとなるとティガ、ダイナの謎だった部分もかなり考察ができるようになる


ティガ46話のウルトラの星に登場した初代ウルトラマンの正体
劇中、竜ヶ森湖にヤナカーギーを封印し円谷英二氏に友情の宝石を与えたウルトラマン
その正体もアスカ・カズマだったと思われる

ダウンロード (95)
小説内では光となり人の因果から1つ上の段階に進化し、ウルトラマンとして覚醒しその力で人知れずに怪獣達から人間たちを守っていたことが明らかになっている
この初代ウルトラマンもカズマが変身し過去の時空に赴いてヤナカーギーを封じていたとなると合点がつく

またその時は不完全形態のようなもので仮の姿としてオーソドックスなウルトラマンの姿をしていたがティガと握手をした際にティガのタイプチェンジ能力を受け継いでダイナの姿となったと考えることが出来る
ダウンロード (96)

ダイナのタイプチェンジ能力が1変身1回のみというのももしかしたらタイプチェンジ能力を獲てからの期間が短いからかもしれない

また超古代の星雲生まれのウルトラマン達も元々は人間出会った可能性も産まれてくる(ウルトラマン達も元々は人間に近い生物だった)


人間がそのままウルトラマンに進化すると言うといささかそれまでのウルトラマンとは全く異なる考えのように見えるがそもそもM78のウルトラマン達も元々は人間でありきっかけはプラズマスパークだったのを考えると不思議ではない

特にティガ、ダイナの世界観は科学とともにスピリチュアルな世界とも言え、劇中でも魂の進化、霊、といった概念がかなり多い

例えば姑獲鳥からシンジョウマユミを守る為にかつての恋人アオキタクマが霊体となって助けに来たり、エボリュウ細胞の暴走で死亡したサナダリョウスケが霊となってかつての片思い相手を助けに来たり等あの世界には霊の概念が確かに存在している

また人間の魂の進化として光となることも劇中仄めかされており最たる例がティガ最終回で子供達が光となってティガと共に戦ったことだろう


あの世界での人類の最終目的地は善行を積み、いわゆる悟りを開き肉体から脱却し光の存在となりこの世の因果から解き放たれて次の次元へ進化してウルトラマンになることなのかもしれない(仏教世界で言う涅槃寂静の考えに近い)


ウルトラマンダイナで登場した

姑獲鳥(こかくちょう)
719


この怪獣、元々はガゾート、クリッターのように電離層に潜む生命体のひとつで外見は人間の女性の体に鳥のパーツを付けて顔に大きな嘴が特徴
151

嘴の中には本当の頭部が存在しており不気味な笑みを浮かべる

この姑獲鳥は妖怪の名前であり(うぶめ)とも呼ばれているがウルトラマンダイナのこいつは(こかくちょう)と読む

元々姑獲鳥は不吉な妖怪として信じられており、元々は人間の女性であったか妊娠時に子どもが不幸にも死んだことで妖怪化し子どもを攫ったり病気にして殺すという悪意に満ちた妖怪である


ウルトラマンダイナの姑獲鳥も元ネタに倣って凶悪な性格をしており地殻を刺激して地震を意図的に起こしこの電子エネルギーを捕食するという迷惑極まりない行動をとる
174

武器はプラズマ光弾である他、自身はプラズマ生命体のためエネルギー攻撃を無効化にできる、また性格は上述の通り悪意に満ちており人語を話すなど頭がいい


最終的にダイナとの戦いでは落雷や光弾で攻撃するもミラクルタイプにより形勢逆転、落雷を吸収されエネルギーを取り戻したダイナのレボリウムウェーブにより消滅した

ちなみに姑獲鳥といえば、1つ現代の都市伝説が存在しており、相蘇敬介さんというアーティストが姑獲鳥をモチーフに作品作ったがデザインがあんまりにも不気味な為か海外でその画像を都市伝説上の不気味なアプリのキャラクターとして勝手に画像利用され彼自身が誹謗中傷を受けたという話がある

そのアプリは使ったユーザーに無理難題な命令を行い最終的には自殺させるというもの

途中で抜けるというものならばそのユーザーを呪いいずれにせよ興味本位でアプリを始めたユーザーは死んでしまうというとんでもないアプリだ

当然このようなゲームアプリは存在せず単なる噂であったがイメージ画像は海外の迷惑な人間により作られておりあろうことかこの画像のキャラとして使われてしまった

姑獲鳥自体が不気味な妖怪でありそれを最大限に表現されているとても素晴らしい作品であり、今にも動き出しそうな程の丁寧で作り込まれた造形は見ていて震えてしまいそうなほどいい意味で不気味な造形でありトラウマになる人も多いと思うので調べる時は注意して検索して欲しい




閲覧注意!






↑このページのトップヘ