ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

カテゴリ:作品別 > ウルトラマンマックス


僕と契約して、魔法少女になってよ! 

魔法少女といえば、魔法少女まどかマギカに登場するキュウべぇだろう

実はこのキュウべぇは地球外生命体であり、地球人の感情エネルギーを摂取しようとしている



ダウンロード - 2020-06-17T083830.443



外見は、猫と兎を足して二で割った感じをしていて一見するとただの可愛い小動物

ではあるがこいつには喜怒哀楽という感情が存在せず、つねに同じ口調で話をしているところに不気味さを垣間見せている

おそらくこの姿は地球人に鑑賞するための仮初の外見と思われる


正式名称は「インキュベーター」
日本語訳にすると孵化者、その名の通り人間の魂を抜き取り、ソルジェムと呼ばれる卵型の宝石に変えて、彼女たちに力を授ける代わりに人間を襲う魔女として戦わせる
そのソウルジェムはストレスや心理的負担が掛かるたびに黒く濁っていき、最終的にソウルジェムはわれ、そこから人間を襲う魔女が孵化する

キュウべぇはその魔女に成るときの感情エネルギーを求めているのだ

まさしく孵化者=インキュベーターに相応しい行為である

またこのインキュベーターの意味の中には「インベーダー=侵略者」「インキュバス=女性を欺かせる悪魔」も含まれていると思われる



話は長くなったが、このような魔法と宇宙人はウルトラ宇宙には関わりが深い

今回はウルトラの世界に現れた魔女を紹介する

タイニーバルタン
ダウンロード - 2020-06-17T085019.768


身長:ミクロ~1.5m
体重:0.1g~55kg
別名:子供の超科学宇宙人
バルタン星人の子供(と言っても年齢的には中学生ほど)であり、侵略にやってきたダークバルタンに対して穏健派
人間の姿に擬態してダークバルタンを止めるために地球人とウルトラマンマックスに協力した
人間の姿でも様々な能力を使うことができて箒で空を飛ぶ、水をクリスタルに変えると言った魔法や錬金術に近い能力をみせたがあくまでもバルタン星の科学の賜物らしい

サラサ星人麻璃亜
20190921190018

ウルトラマンタイガに登場したヒューマノイド宇宙人
外見や基本的な身体能力は人間と近いが宇宙に存在する人間では未だ観測できていない未知のエネルギーを使って、箒で空を飛んだり、想像の海を実現化させたりと強い魔法を使う

これは考察ではあるが、未知のエネルギーは感情や想像エネルギーのようなものだろう


ウルトラマンゼノン

ウルトラマンマックス本編で登場したもうひとりのウルトラマン
20180803211811


しかしながら本編上ではゼットンとの戦いでマックスを援護した1回のみの登場から

正直影が薄いウルトラマンである


しかしながら本編終了後は結構顔を出しているため、今回はゼノンについて紹介


・ウルトラマンゼノン
身長:47メートル
体重:3万6千トン
年齢:7900歳
出身:M78星雲光の国

技:ゼノニウムカノン
ダウンロード (84)


ウルトラマンマックスがゼットンと戦い、窮地に陥ったところに参戦したのが本編初にして最後のバトルである
マックスを追い詰めたゼットンとある程度までは戦えていたので決して弱くはない
ゼットンに必殺のゼノニウムカノンが防がれた際はすぐにマックスギャラクシーを召喚し、対処しようとするも召喚中にゼットンから攻撃されて装着が失敗
マックスギャラクシーはマックスが装着し、ギャラクシーカノンでゼットンを倒した

その後は流れでマックスギャラクシーをマックスにそのまま譲り渡し、正体不明の宇宙戦闘機が4体(キングジョー)近づいていることを警告して去っていた


マックスの同僚で文明監視委員でありながらも地球に干渉して地球を守っていることに対して特に何も咎めなかったりと固い性格ではない様子

ダウンロード (85)

最終回ではウルトラマンマックスがカイトと分離した際に迎えに来ていたりとマックスを心配していた様子である

ダウンロード (86)

ゼノンの登場は本編ではこの2話分しかないが、大怪獣バトルウルトラ銀河伝説ではベリアルを抑えようとするもふっとばされていた(これはマックスやパワード、ウルトラ兄弟も同じだったため仕方ない)
DbNvamQUQAAbsya

翌年公開ベリアル銀河帝国ではゼロにエネルギーを与えた、ベリアル軍のダークロプス軍団が光の国襲撃の際には迎撃していた



また、2011年東日本大震災時に発足されたウルトラマン基金ではマックス、ネクサスと共に地球へ応援のメッセージを送ってくれたりもしている


このように本編では総登場10分もない影の薄いウルトラマンではあるが、意外と客演は少ないことはなく、活躍をしてくれているウルトラマンである

ただ残念なのは使用した攻撃技はゼノニウムカノン一つだけというのが辛い
頭部にはビームランプみたいなのもあるんだしぜひ他の技が見れる日がきてほしいものだ



余談ではあるが顔、特に目の周りはウルトラマンメビウスによくにているが、意識して造形されたものではないことが明らかになっている他、カラータイマーはウルトラマンダイナと同じ形のものである



ウルトラマンの全作品だけでなく、あらゆる作品の「敵」との戦いには倒す、和解、封印等必ず対処法が存在する

それはそれらの作品が「物語」である以上、作者や脚本家がどういう形であれ、物語を完結させるために用意するからである



けどもしも、倒す方法が存在しない敵が存在したら?


それが魔デウス

体長:24メートル
体重:3万5千トン
出身地:蓮沼征夫の夢の世界



8116768c




人間の夢を取り込んで生まれた怪獣
多くの夢を取り込みすぎた結果、特徴を失い、それを表すように定まった形すらもっていない

技は体当たりや相手の攻撃を打ち返す、相手を喰らう



特徴はその世界、作品のキャラクターには対策は絶対に不可能


この作品は、TV番組「21世紀版空想特撮シリーズ「ウルトラマンマックス」」の脚本家である蓮沼氏の奇妙な夢に登場した原型師の女がデザインした怪獣

そう、この怪獣が生まれたのは「物語の展開の為」である


全く何を言っているのか分からないと思うが、実際そうなのだ


ただこの怪獣、脚本家が結末を描く前に作品に現れてしまっており、その結果、あらゆる攻撃すら聞かない究極の怪獣として登場してしまった。

対処法は脚本家が脚本上で魔デウスを倒す設定を加えること

この作品はウルトラマンマックス=トウマカイトと脚本家、蓮沼は双方の夢のなかの同一人物であり、ウルトラマンマックスの世界と、ウルトラマンマックスを制作している怪獣のいない世界を相互に展開される異色作である


最期は夢から現実に抜け出したトウマカイトが脚本を書き足したことで魔デウスを倒すことができた



倒し方は脚本家の匙加減次第という究極のメタでしかたおすことができないという、その世界のキャラクターにはどうしようもできない

それ故にこの魔デウスの登場したウルトラマンマックス「胡蝶の夢」は見る人を選ぶ作品と言えるのかもしれない


個人的に面白いと考えるのは、物語の世界、キャラクターは異世界では普通に存在しているのかもしれないということである


もしかしたら、あらゆるゲーム、漫画、アニメのキャラクターは我々が知らないだけで実際は別の世界で生きているのかもしれない


ただそれだと作品の創造者(脚本家、監督、漫画家等)の諸事情により打ち切りになってしまった作品のキャラクターたちは敵味方全員互いに完結させる方法を持たないため終わらない戦いを繰り広げてるのかもしれない・・・

最強最速を謳うウルトラマンマックス

images (3)




身長:48メートル 
体重:3万7千トン 
出身:M78星雲・光の国
人間体:トウマ・カイト

光の国のウルトラ戦士であり、惑星の文明を監視、守護する存在であるウルトラマンマックス
地球には飛来しているがそれはM78の存在する宇宙とは異なる別のマルチバースの地球である。

マックスは滅びゆく運命にある惑星にチャンスを与える存在でもある。

images (2)


最強最速を謳うマックス、その実力派相応しく



・マクシウムカノン 

ダウンロード (2)
左腕に装着されたマックススパークから放射する、最強最大の必殺光線。 
相手を分子レベルに分解、跡形もなく消滅させる強さを見せる

・マクシウムソード 
ダウンロード (3)

頭部の角飾りをテレパシーで操作してブーメランのように使う、ウルトラセブンのアイスラッガー風の技。 マックス自身の分身能力の応用で分身させ四方八方から相手を切り刻むことも可能



。マックスギャラクシー 
images (6)



ウルトラマンゼノンから授けられた(?)武器。 
ピンチの時に召喚し、装備すると光線等の能力を飛躍的に高めるが、体力の消耗も激しい。 


・ギャラクシーカノン 

ダウンロード (5)
マックスギャラクシーから放つ、マクシウムカノン以上の威力を持つ必殺光線。
その威力は絶大であり、惑星消滅させる威力の爆発すらもろともしなかったルガノーガーを消し飛ばした

・ギャラクシーソード 

images (5)
マックスギャラクシーから伸ばす光剣。 
最終回では地球の直径を遥かに超えるほどに伸ばしてギガ・バーサークを両断した


また、マックスの特徴といえば、超巨大化(劇中では300m、900m)、同等の力の分身を無数に作るといったチートとも言える特殊能力、また超光速での瞬間移動能力をも見せている


しかしながらもあまり戦績は好ましいとは言えず、苦戦する場面も多く見られ、最強最速の力で無双

ということはできずにいた



それもそのはずで、敵もまた「最強」だからだ


最たる例が


・力で倒すのは不可能な「イフ

・生命体の記憶を消す「ミケ・タマ・クロ」

・最速のマックスをも翻弄するスピードの「スラン星人」

・分身、超巨大化なんでもありの「ダークバルタン星人」

・マックスを100%の確率で倒す機械獣「ギガバーサーク」

・トリックを見破らない限りは無敵の「シャマー星人」

・脚本を変えなければ勝てないというメタすぎてなんでもありの領域を超えた「魔デウス

さらにはゼットン、キングジョーといった歴代での強豪たちなど、マックスの敵は強豪ばかりだった


さらには後にゲスト出演した際は

・力に溺れた魔王「ウルトラマンベリアル」

・ウルトラ戦士の絆を奪う「エタルガー」


といったやばい奴らばかり

そのせいか最強最速に疑いの声まである始末・・・

それならゼロの方が強くね?っていう話だ
images (7)

個人的な目線ですが、残念ながらマックスのスペックはゼロよりもしたとしか言いようがない

これは上のエタルガー戦にてエタルガーはゼロと挑むのを極力避けており、ほかの戦士を封印し、孤立したところを狙う目論見であったため



しかし必ずしも弱いと言えないのも事実

マックス本編の敵はかなり強力な敵ばかりで

上述のようにゼットン、キングジョー、イフ、ダークバルタン、ミケ・タマ・クロ、魔デウスといった強豪ぞろい

(ゼットン、キングジョーはウルトラマンやセブンと戦った個体よりも明らかに強化されている)

またウルトラマンエックス客演時に操られたエックス、ゼットン、スラン星人と3体に襲われた時もカラータイマーがならなかった(苦戦しているように見えていたがダメージはそれほど受けていなかった)

またダークロプス軍団が現れた時もウルトラ兄弟と共に討伐部隊に参加していることから明らかネオス、21、パワードなどの海外戦士よりもはるかに優遇されている

そのためマックスの実力としては平成10勇士の名に恥じない実力は少なくとも持ち合わせると言える

ダウンロード (7)

マックスは平成ウルトラマンならほぼ全員が持っているタイプチェンジ、それに値する能力を持っていないのが欠点であるが逆に言えばタイプチェンジ、強化に依存することなく万能に戦えると言える

それを補うようにマックスギャラクシーを所持しているがこれはかなり強力な武器であり必殺技のギャラクシーカノンはゼットンのバリアですら貫通させ、バルタンの再生能力を無視して撃破できる、所謂相手の影響を受けずに倒すことができる万能技、またフルパワーのギャラクシーソードは地球の直径をはるかに超える範囲を攻撃できることからゼロのウルティメイトブレスレッドに次ぐ最強アイテムといえる。
ダウンロード (6)


総合的に言えばほかのウルトラ10勇士のような目立った能力こそ少ないもののあらゆる敵にも互角に渡り合えることができるのがマックスの長所ともいえる

余談であるがウルトラマンマックスの声優を務めたのは中井和哉さん!

人気声優であり、ワンピースのゾロ、銀魂の土方等として現在も話題!!

↑このページのトップヘ