ウルトラマンパワード
<発売初月で売上1万枚超【VアップシェイパーEMS】 br />
ウルトラマンパワード Blu-ray BOX
ケイン・コスギ
バンダイビジュアル
2017-03-24

 
最近ようやくブルーレイでも発売され、人気を集めているウルトラマン

彼の魅力を紹介


アメリカ・ハリウッド制作
ウルトラマンパワードはアメリカ映画のメッカ。ハリウッドで制作された
大まかな内容は初代ウルトラマンのリメイクであるがアメリカの文化や流れ、技術により大幅にアレンジされたウルトラマン作品

アメリカで得た技術については

着ぐるみに水を循環させてアクターへの負担を軽減させる
アメリカの高い造形技術を生かした生物感あふれる怪獣群
などなど

しかしアメリカでは殴る蹴るといった過激な戦いに当時規制があったため押したり投げたりという戦いがメインであった


主役はリボビタンDのCMで有名な日系アメリカ人ケインコスギ氏


ウルトラマンパワードの設定
images (9)

出身:M78星雲光の国
身長:55M
体重:58000トン 
スペック:ウルトラマンの5倍の能力を誇る
能力:メガスぺシウム光線、ウルトラスラッシュetc
特徴:数少ない青い目を持つウルトラマン。感情が高ぶると赤くなる
アメリカのバスケ選手のような高い身長とスリムな外見であるが筋肉もある細マッチョ系

性格: 穏やかな性格であり、責任感が強い。本来人間と同化すれば力にセーブが入るが負傷したカイを治療するために同化した。その際もきちんと自己紹介をし、分離の際にはきちんと挨拶を言うことからかなりの生真面目な性格といえる。
また、無益な戦いは望まず、怒りによって暴れたザンボラーにたいしてはテレパシーで謝罪し、平和的な解決を実現させた。

戦法:主な戦いは上述のように規制のため、押したり、投げたりといった戦い方が主流であるが性格から考えると無駄に相手を傷つけたりしたくなかったともとれる



生物感あふれる怪獣の良リメイク
パワードの魅力といえば生物感あふれる怪獣たちだろう
レッドキングを例にとっても、雌雄の性別があったり、ドラコはかなり印象が異なる


個人的に好きなのはドラコだ

6f77cb67
 
蜂などの虫のような外見と動議を着た中国拳法の達人のような外見がなかなかかっこいい
しかも隠しナイフのような武器でオリジナルでは敗北したレッドキングを倒し、パワードにもダメージを与えた強敵になっている


また逆に嫌いなのはパワードダダだ

9803aefb
 
日本のように社蓄宇宙人ではなく、PCウィルスとしてアレンジ。
現実世界に現れるため人間の炭素を奪い、実体化してくる。

日本とは逆に生き物らしさを感じられず、どこからでも現れる不気味な存在として見事に演出されている。

ゆえにトラウマになった人も多い・・・


pawagomora
 パワードゴモラ

日本のそれよりも怪獣というよりもむしろ恐竜らしさが出ている。
本来はミイラであり、博覧会に展示されるところ生命力の強さから水を得て復活した。
日本ゴモラのようにおとなしい怪獣であるが人間のエゴで被害を受けた怪獣だ


このほかにもアレンジされた怪獣群を見るだけで面白い 


パワードの海外での評価
残念ながら地味ともとれる戦闘スタイルや巨大ヒーローにたいする評価は当時としてはあまり高くなかった
またウルトラマンのような表情のわからない造形や、服なのか裸なのかわからないというのもアメリカ圏では理解されにくかった様子だ


しかしアメリカではクトゥルフ神話というものがあり、そこではウルトラマンに酷似した戦士が登場していたり、同じ円谷監督の作ったゴジラが人気を博していたりと現時点ならばその評価はがらりと変わるかもしれない



いろいろと惜しいものだ

     ↓