ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

カテゴリなし

【黒歴史】タイの猿の神 ハヌマーン

今回は日本では黒歴史扱いを受けているけどなにげにアクションや自体は面白いウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 で登場した

ハヌマーンについて紹介
ダウンロード (88)


白猿 ハヌマーン
身長:??
体重:??
変身者:コチャン
声優:二俣一成(日本ビデオ版)
タイで公開されたウルトラマンの劇場版「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 」で登場した戦士
風を操る戦士であり、仏教を厚く信仰する少年コチャンが仏像泥棒の手で射殺された死体をウルトラの母がハヌマーンと融合、蘇生させて登場した。

ハヌマーンとはインド神話で登場する猿の神で風を司る神「ヴァーユ」の息子
意味は「顎骨を持つ者」という意味
中国に伝わり、西遊記の斉天大聖「孫悟空」のモデルとなった存在

復活して早々にコチャンを殺害した仏像泥棒をその巨体を活かし、倒木で潰す、握りつぶすなどして惨殺する、その際、「仏様を大切にしろ!大切にしない奴は死ぬべきなんだ!!」と過激な発言をしている


a7a6007b

↑手で持って命がいする泥棒をグチャリと潰すハヌマーン・・・凶悪犯とはいえ・・・


変身方法はコチャンが神に祈り、祈りを捧げることでハヌマーンへと変化を遂げる。
上述のように性格な身長体重は不明ではあるが人間サイズになることも出来たりとウルトラマンギンガの様な自由サイズなのかもしれない。
空を飛べば宇宙まで行くことができるなど基本的なウルトラ戦士のようなこともできる


なお飛行時は卍型のポーズで空を飛ぶ。

(卍は現在ではヒトラーの鉤十字と似ているため忌み嫌われているが仏教の世界では新石器から伝わる象徴の印でもある)

この能力を使い、タイを襲っていた日照りを解消するために太陽に接近、太陽の神「スーリヤ」に呼びかけて距離を取らせ日照りを解消させた。


上述の卍のポーズで空を飛ぶ、身長体重は自由に操作できるというのは神話と同じである


その後は人工雨を降らせようとした政府機関?のロケットのミスにより怪獣たちが目を覚まし、暴れる事となりハヌマーンと激突する

その怪獣は

古代怪獣ゴモラ
暴君怪獣タイラント
宇宙大怪獣タイラント
泥棒怪獣ドロボン
妖怪怪獣ダストパン


・・・選出は少し謎であるが、ゴモラはタイでは妖怪として馴染みの深い水牛の妖怪(おそらくタイ古来の信仰であるピーのクワーイ・タヌーなど)の代わり、ほかは円谷倉庫にあったものを適当に集めてただけであるから原点とは関わりがない


さすがの風の神とはいえ5大怪獣の前では全く手も足も出ずにゴモラの念力で封印されてしまうが駆けつけてきたウルトラ6兄弟とともに撃破する

<textarea class="iframe_tag">
ハヌマーンの攻撃技は以下の通り

・手槍:釵(サイ、トライデントのような刃を持つ小型武器)に似た片手サイズの槍、三叉に分かれているが相手を切るというよりどちらかといえば殴打に使う。エースのバーチカルギロチンのようにエネルギーの斬撃を放つほか剣としても使えるが、こちらも切り伏せるというよりも叩き切る、もしくはそのまま殴打する
images - 2019-04-02T023939.724


また上述の身体能力を生かしてムエタイ式の戦いを見せたほか、風の神として瞬間移動、コチャンの親友であるアナンが熱射病で倒れた際には特効薬である人格があり、移動する能力のある不思議なサングロテトリチャナーの花をしっぽで捕獲している


仏教を重んじる存在や仲間には割と優しいハヌマーンではあるが、一方で仏教をかるんじる泥棒(まあこいつらは殺人もいとわないどうしようもないクズなので多少は止む得ないが)や科学で人工雨を降らせようとする研究員を助けなかったり(彼は存命しているが)、怪獣を踊りながら惨殺、リンチする姿は割と凶暴な正確であると判断できる


まあ、ハヌマーンだけでなく様々な国の神話の神様って日本のような人に恩恵を与える存在である反面、また人に禍を与える存在だったり、ギリシャ神話のような割と自由奔放だったりとそういう所あるから多少はね・・・?

<textarea class="iframe_tag">

月に住む宇宙怪獣、キララ、モチロン、月星人


ウルトラ宇宙では月には異星人が存在しており、王国が存在しており、独自の文化を築いていることが明らかになっている

しかしその月を侵略者たちが狙っていたことがある


ウルトラマンエースに登場したルナチクスc0139460_18269100

ヤプールが送り込んだ超獣の一体で月の中のマグマを食いつぶしたことで月の王国に壊滅的な被害を及ぼしている。
その時に地球に避難しながらもTACの隊員としてヤプールに立ち向かっていったのが南夕子であった


ダウンロード (17)

ルナチクスが撃破されたのちは月の復興のためにエースと分離して月に帰っていったが度々地球に現れたり、パートナーの北斗を気遣ったりしている。

代表的なのがウルトラマンタロウのモチロンとの戦いだろ


ダウンロード (18)


月に住む怪獣モチロン、知能が高く言葉を話すことができる怪獣であるが、新潟の米を食べたいという理由から地球に着た怪獣。南夕子が止めようとするも静止を聞かず、タロウと対決するも破れ、米を食べたお詫びに自分が臼となって餅をつく羽目になった。
モチロンは月の海(月の黒いところ)の化身とされており、本人が死ねば月は真っ白な星になるらしい


ウルトラマンレオには月星人弥生と、月光怪獣キララが現れている

かぐや姫を模した話であり、弥生は月の王女であり、何者かに命を狙われていたため、赤ん坊の時に地球に避難してきており、地球で15年間人間に育てられていた。
ダウンロード (16)

月での戦いが終わったことで連れ戻しに来たのがキララである


ダウンロード (19)
キララもモチロン同様に知能の高い怪獣であり、弥生を月に帰すために地球に現れたことから、月の王族に使える従者の役割を与えられている怪獣と思われる。
赤ん坊の時から地球で育っており、育ての親がいる弥生を地球から切り離そうとさせたことでレオと戦ったが弥生が月に変えることを決意し、月星人の記憶が封印されていたペンダントをキララが破壊したことで月星人として覚醒し、弥生を月に送り届けていった
(育ての親には何のフォローもしないで)


月星人がウルトラの歴史に登場したのはエース以降であるが、ウルトラセブンにもザンバ星人の操っていたペテロが存在している
ダウンロード (20)


また、ウルトラマンメビウスではエンペラ星人の軍勢が怪獣や宇宙人を呼び寄せる時空波の発生装置を設置していたことが明らかになっており、様々な宇宙人が月に向けて暗躍してきていたことがほのめかされている

月星人や怪獣が暮らしている星であるが、一回も王国についての内容が明らかになっておらず、謎の多い設定ではあるが、月表面にはウルトラ警備隊の月基地があることから王国があるのは地球からは見えない月の裏側、もしくは地下にあると考えられる。




ウルトラの父 ウルトラマンケンの強さ!

ウルトラの父
ultra_father-624x444


またの名をウルトラマンケン

今日はウルトラマンケンの実力を紹介

スペック
身長:45メートル
体重:5万トン
年齢:16万歳
飛行速度:マッハ15
走行速度:時速1000キロメートル
水中速度:200ノット
ジャンプ力:500メートル
パンチ力:直径100キロメートルの小惑星も砕く。
キック力:ジャンプキックは原子爆弾10発分の威力
肩書:宇宙警備隊大隊長
・ウルトラマンタロウの実父でエースの養父でもある。

ウルトラの父の代名詞であるウルトラホーンはウルトラマンタロウのウルトラホーンと同じく、宇宙の情報をキャッチする能力、エネルギーを吸収することができるとされる。

ダウンロード (13)

従来のウルトラホーンは現在のウルトラマンタロウと同程度であったが、エンペラ星人戦でパワーアップして現在のフォームになったことが判明している。

つまり今のウルトラの父としての姿はメビウスのバーニングブレイブなどと同じ強化形態であったことが明かされた。
しかしベリアルが闇に堕ちた第1次ベリアルの乱際にかつての同胞ベリアルに対して本気を出せず、被害を増大させてしまった戒めから従来の姿を封印し、常時強化形態のまま維持させている。
たとえるなら常にスーパーサイヤ人を維持したまま日常すごすものだ

images (67)


当然燃費は非常に悪く、ウルトラマンエース客演時は疲労によりヒッポリト星人相手に苦戦してしまう
images (68)



※ウルトラマン物語では地球までの移動前にタロウに猛特訓をしており、そのせいで疲労が蓄積されたことが補完されている
images (70)

それでも実力は本物であり、エンペラ星人、ジュダといったウルトラ宇宙最強格に対して勝利を収めているほか、第2次ベリアルの乱ではギガバトルナイザー所持のベリアル(ウルティメイトイージス所持のゼロですら勝てないレベル)に対して優勢に立ち回っている
ベリアル戦ではエンペラ星人戦の時の古傷を狙われたせいで惜しくも敗退しているが古傷がない、もしくはベリアルがこの古傷を知らなければこのまま倒せていた可能性が高い

メビウス客演時はジャシュラインのゴールジャシュラーをウルトラアレイで防ぐだけでなく、そのまま発射口であるランプを破壊、さらに黄金化したメビウスを回復させる攻撃力と治癒能力を見せつけた
images (72)


現在は宇宙警備隊大隊長として最高司令官として活動しているほか、ウルトラの星の政治も司っているが

また最近ウルトラマンジードでは
・別宇宙に移動
・ベリアルアトロシアス(上述のギガバトルナイザー所持時より強い、しかもベリアルはケンに対して嫉妬からくる恨みで殺意マシマシ状態)に対し20時間渡り合う
・しかも周囲に被害が及ばないようにウルトラコクーン(バリアーフィールド)常時展開、当然その分疲労度は蓄積される

というとんでもないことやっておきながらカラータイマーすら鳴らないという耐久性の異常さを見せつけた。
しかもそれでもなおベリアルに老いたなと言われていることから全盛期がとんでもない強さだったことが伺える
images (69)


ウルトラマンルーブに快獣ブースカ登場!声優は富永みーなさん

ウルトラマンルーブのネタバレが回ってきました

なんと、円谷プロの人気怪獣・・・でなく快獣ブースカが登場します

ダウンロード (4)

快獣ブースカ
身長:??
体重:??
好きな食べ物:ラーメン【軽く30杯は食べる大食漢】

もともとはイグアナが成長材「クロパラ」により成長した怪獣
知能は小学5年生並みの知能とされているほか、鼻は警察犬並、耳は10キロ先まで頑張れば聞こえる
弱点は亀でおなかに乗られると笑いが止まらない

「パラサパラサ」「シオシオのパー」などのよくわからない言語表現を多用する。

ウルトラマンとは別シリーズではあるが、何度もウルトラ作品には出演している

・ウルトラマンダイナOV「帰ってきたハネジロー」では当時放送されていたブースカのドラマ「ブースカ!ブースカ!!」からゲスト出演。声優は高戸靖広さん(ワンピースのビリー、ペポ、Mr9、サトリなどが有名)が演じていた

・ゲーム版では怪獣バスターズシリーズに登場している。

初代の声優さんは高橋和枝さんが演じていた。

高橋和枝さんはウルトラマンレオのコロ星人を演じていたり、代表作は鉄人28号の金田少年、サザエさんの2代目磯野カツオが有名)


さて、今回ブースカの声を担当するのは


富永みーなさん
images (3)


高橋和枝さんから磯野カツオの後を継いで3代目磯野カツオを演じている方。

また同じくウルトラマンレオでも梅田カオル役としてレギュラー出演していたのは有名な話。




無限に成長するバルンガ

バルンガ


ウルトラ戦士の登場しないウルトラQの怪獣でありながら現在のウルトラ作品の中でも最強クラスとして名高い怪獣


b0003180_11505247

身長:無限大
体重:??

雲のような外見で見た目からは意志を感じない怪獣?である

自発的な攻撃することはないため悪意ある怪獣ではない


しかし恐ろしいのは周囲にあるエネルギーをすべて自らのエネルギーとして吸収できる点である

劇中ではガソリン、電気といったエネルギーは勿論、ミサイル、挙句の果てには台風すら自らのエネルギーに吸収してしまっている

つまり光線などでこいつを倒すのは不可能である


しかし完全無敵というわけではなく

・小さければ人間でも物理的に殺すことができる
・生体エネルギーや運動エネルギー、すでに存在している物体食べることはできない
また地球に昼夜がきちんと訪れていたことから地球の自転エネルギーも食べることはできない

劇中では2体地球に来ており、1体目は1940年代に研究者が見つけ、危険と判断して処分している

2体目は高度経済成長期の日本のエネルギーを食い荒らした

上述のようにこいつは悪意のある怪獣ではなく、地球に飛来したのは隕石やシャトルに引っかかって堕ちてきただけであり、また街を破壊することもなく、ただ上空を漂っていただけの怪獣である


実質的な被害はシャトルの燃料を吸い取ったため墜落してしまったこと、乗っていた車の中で肥大化したために車が破裂して破片で負傷者を出したくらいだ


バルンガ自体も意図的に地球に来たわけでもなく、両者ともに不幸な事故であったといえる


しかしながらエネルギー社会である地球では害獣ともいえる


本来の食料は太陽エネルギーであるとされ、軍隊の人口太陽で宇宙に誘導されて宇宙に帰っていった



何がしたいのかも不明の怪獣であり、不気味な化け物であるといえる


ここで考察をしたいが、バルンガは明確な意思はなく、ただエネルギーを溜めているだけにも見える

そこには生物的な活動もない


もしかしたらバルンガは生物ではなく、宇宙現象の一つなのかもしれない

ならばエネルギーを溜めていた理由は何か


最終的に太陽に向かったことから考えて本来は宇宙のエネルギーを溜めて太陽などと一体化し、エネルギーを太陽に与える存在なのかもしれない



このバルンガ、存在感が強いためか後にも登場しており
ウルトラマンFではこのエネルギーを吸収する作用のバルンガ細胞を活かしウルトラマンFの能力向上に役立っている。なんとメフィラス星人がフジを巨大化させたメフィラスポッドの相乗作用でダークザギのエネルギーを吸収し、ダークザギ、そして彼がかつて戦ったウルトラ兄弟の力すら自らのものにしている・・・

ウルトラマンオーブではジャグラスジャグラーがかつてこのバルンガを使い銀河系破壊爆弾「バルンガボム」を作っていたことが明らかになっている

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

フリーダムな社会人、それがやんしのです! アニメ、特撮好きなヲタクですが、一番好きなのはウルトラマン!同士の人集まれ! 趣味:車いじり、ドライブ、特撮、アニメ
検索
カテゴリー
君の願いを叶えにやってきた
勇者
筋肉パイセン
NINJA
Buddy Go!