ウルトラ好きのブログ「ウルブロ!」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

カテゴリ: 情報

ウルトラギャラクシーファイトの最新情報が更新されてました・・・


仕事忙しくて遅れてしまった・・・


その情報がまたえげつない・・・・

なんと


なんとウルトラマンジャスティスが登場確定!!!!!!!



ダウンロード - 2020-09-24T221722.351


さらにウルトラマンコスモスも登場ということでウルトラマンレジェンドの可能性が・・・


今回ウルトラマンジャスティスの声を演じるのはウルトラマンジードのペガの声を演じた潘めぐみさん!!!

もうこれあのプロが大歓喜不可避・・・


今回声優陣もかなり多く明かされていて本編オリジナルでは


ウルトラマン80を長谷川初範さん
ウルトラマンコスモスを杉浦太陽さん


そして
ウルトラマングレートの声を関智一さん
ウルトラマンケンの声を飯島肇さん
ウルトラウーマンマリーの声を三森すずこさん
ゾフィーの声を武内駿輔さん
ユリアンの声を戸松遥さん
ウルトラマンパワードの声を森川智之さん

敵方では
ゼットの声を杉田智和さん
アブソリュートタルタロスの声を諏訪部順一

ウルトラマンパワードの声を森川智之さんが演じるというのはウルトラマンタイガ劇場版のデマ情報を思い出しますが、まさに嘘から出た真でしたね・・・

特出すべきは三森すずこさん、潘めぐみさん、戸松遥さんとプリキュア声優が一気に3人も出演されるという・・・

戸松遥さんは初のウルトラですかね・・・?おそらくウルトラマンタイガの2期エンディングを歌ってくださった縁かな・・・ということは、高垣彩陽さんや豊崎愛生さん、寿美菜子さんも可能性が高まります・・・

三森すずこさんは特にいま放送中のヒーリングっどプリキュアでキュアアース=風鈴あすみの声を演じて忙しいのに出演してくださるとは・・・

もうこれは期待するしかない・・・


以前このブログでも紹介した

ウルトラマンのパクリ映画
ダウンロード - 2020-07-09T154711.131

「ドラゴンフォース~さようならウルトラマン~(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」
でウルトラマンが勝手に映画に使用されたという事を巡った裁判で円谷プロ側勝訴の勝訴に!


まあ、当然といえば当然なんですけどね・・・

中国映画制作会社ブルーアークに対して、「ただちに本件著作権侵害行為を停止すること」「原告にもたらした悪影響を払拭するため、(裁判所の審査を経た)声明を発すること」「原告に対し、経済損失を賠償すること」を命じられる形で裁判は幕を閉じました


この顎ウルトラマン、日本でも批判の声が出ていたのですが、中国側でも気持ち悪いと評判悪かったようです


一体なぜそこまでしてウルトラマンを勝手に使ったのか・・・

そしてなぜここまで中途半端にしか造形できなかったのか・・・
images (56)

これではにせウルトラマンのほうがまだ何百倍も完成度が高いぞ・・・

DQw22v4UIAAJ-6K


ちなみにアメリカの映画、ゲームウォーズでも、原作ではウルトラマンが登場している
こちらはきちんと手順を踏んで認可を得ており、映像映画化された「レディープレイヤーワン」の際には円谷プロも許可を出したかったが、結局海外コラボの版権がややこしいため見送りになっていたそうだ・・・

ちなみにこのゲームウォーズという映画は、発達したVR技術を駆使したオンラインゲームの世界で様々な版権キャラやロボットを模したキャラが一堂に会し、そのなかでバトルをしていくという感じの作品であるが、画像を見てもらえると分かる通り、日本のアニメや特撮のキャラが多数登場する内容であり、非常に面白い内容となっている

、ガンダム、エヴァ、ライディーン、マクロスのバルキリーなども登場・・・そして主役が乗るロボットが日本東映版スパイダーマンに登場するオリジナルロボット、レオパルドンというから驚きである・・・

それらはあくまでゲーム上のキャラクターという設定のため、オリジナルとは全く異なる設定であるから、力比べの参考にはならないが、夢の対決が見られるというのは面白い


ちなみにウルトラマンは、その中でもかなり強キャラとして設定されており、使用するには特殊クエストをクリアしてベータカプセルをゲットしなければ使用できず、3分の制限時間はあるもののチートスペックという設定で登場されている
そのチートスペックはなんとメカゴジラ=三式機龍をノーダメージで秒殺するという圧倒的なまでのチートである

ちなみに三式機龍は弱いどころか主人公のレオパルドンやライディーンを撃破した所謂ボスキャラで無茶強く設定されており、それすらも全く寄せ付けないのだからウルトラマンが如何にチート設定されているか分かるだろう・・・

もし映像化できていれば、海外の人らにもウルトラマンの化け物じみた強さが伝わるチャンスだったかもしれない・・・


今回というか今回も少し与太話
モンスターハンターというゲームをご存知だろうか?


まあ知ってる人多いと思うけど一応解説


モンスターハンターとは?
プレイヤーは「ハンター」となり、村や街で依頼を受け、特定のモンスターの討伐・捕獲・撃退やアイテムの運搬・採取などの様々な「クエスト」に挑む。時には身の丈より巨大な武器を振り回し、時には小回りの利く武器で狩猟対象を翻弄しながら、巨大な“飛竜”を始めとするモンスターを狩り、クエストを達成していく。

ゲームクリアとなる具体的な最終目的は用意されておらず、クエストの成功報酬や狩猟したモンスターから素材を得て自分の装備を強化していき、より手強いモンスターと戦うことが主な目的となる。
(Wikipedia参照)


一見ただモンスターを倒していくという野蛮なゲームのように見えるかもしれないが実はかなりの設定や世界観が作り込まれているゲームなのだ


・異常でありながら実は理に適った多彩なモンスター

ダウンロード (46)

モンスターハンターというだけあり、登場するモンスターは豊富であり、猿型であったり恐竜型でったり、ワイバーンやドラゴン型であったり、時には猫型のモンスターも存在している

モンスターたちはそれぞれ多種多様な能力を持っており、火炎弾を吐いてきたり、電気を出してきたり毒を吐いたり・・・そんなモンスターたちに試行錯誤をしながらモンスターの動きに対処していきじわじわとダメージを与えていきやがて倒していくというのがモンスターハンターの醍醐味だ
一見現実ではありえないモンスターばかりではあるが・その生態や成り立ちは理に適った物が多く大半のモンスターは現実世界の動植物の生態が元にされていることが多い

現実の生き物の生態をいい意味で大げさに、ダイナミックにしたのがモンスターハンターのモンスターと言っても過言ではないだろう

単なる理不尽な化け物であるモンスターではなく、彼らもまた生態系の弱肉強食の世界に生きている生物の一部に過ぎないというのが面白い

・ハンターの責務

ダウンロード (49)

一見ゲーム上ではモンスターたちを理不尽に虐殺しているように見える主人公たちハンター
しかしその実態はきちんとギルドという組織に所属しており、そのギルドが許可したモンスターしか狙ってはいけないというルールに基づいた生活をしているという設定がある

これはハンターの仕事は単にモンスターを狩るというのではなく、ギルドがそれらのモンスターの頭数を把握し、増え過ぎたり、人間に危害を加えるように凶暴化したモンスターだけを狩り、人と自然の安定を守るというのが重大な任務である

当然ハンターはそれぞれ思想や主張は様々であり、時に力の豪語や財力などを目指しているハンターも少なくなく、ごく一部のハンターはギルドの指示に従わず勝手にモンスターを虐殺し、肉や鱗や甲殻を売ろうとしているものも多いが、そのような存在はその世界観でも忌み嫌われており、ギルド所属の組織に闇に葬られるらしい・・・


そんなモンスターハンターであるが、大人気コンテンツというだけあり、様々な著名人もモンスターハンターをプレイしている他、牙狼の監督である雨宮慶太監督、ウルトラマンオーブやエックスの監督である田口清隆監督もモンスターハンターを愛する方である


詳細はこちらのページにもあるが(電ファミニコゲーマー様記事「「いまの子どもたちは『モンハン』で怪獣を見ている」──特撮のプロが見た『モンスターハンター:ワールド』【カプコン藤岡要×『ウルトラマンオーブ』田口清隆監督対談】)より、モンスターハンターをプレイした人ならあるあると納得してしまうようなマニアックなことまで話されていて面白い

かく言う自分もワールドはプレイしていないが、ポータブル、2nd、try、4、、4G、XXはプレイしている(もちろん下手くそですが・・・笑)


ウルトラマンXといえば、怪獣が生物として描かれ、その怪獣たち自然との共存を描いた作風であるが、モンスターハンターの世界観はまさしくそんな世界なのだ

モンスター達はそれぞれの繁栄の為に生活しているにすぎず、そこには悪意もない



・モンスターハンターとウルトラ怪獣

上述のリンクでは田口清隆監督とカプコンのエグゼクティブディレクター兼アートディレクターの藤岡要さんのトークを読むことができる
モンスターハンターの世界観のモンスターたちとウルトラ怪獣、一見全く違うように見えるがそれぞれ魅せ方はかなり似通ったものがあると感じる

多種多様な特徴や能力のあるモンスターや怪獣はやはり観ているだけでも十分面白いし、そのようなものに憧れを持ってしまうのは今も昔も変わらないのだなとこの記事を見て感じる


・自分語り
今回はモンスターハンターについて語ってみました
まあたまたまYoutubeで実況みて、ネットで田口清隆監督の記事があったので書いてみたって感じなんですけどね・・・
モンスターハンターは学生時代かなりプレイしたゲームで、現代のワールドは仕事で忙しいのもありプレイできていないんですけど、チャンスが有ればやってみたいなって思ってます(時間と財力が壊滅的なやんしのですので・・・(TT))

オープンワールドでのリオレウスとかと戦いたいし、ネルギガンテと戦いたい・・・汗


モンスターハンターといえばある程度やり込んでいたので色々思い出話は結構あるんですけど、やっぱり一番最初にやったポータブルが印象に残ってます

ココット村のBGMすごくいいよね(2ndのポッケ村も好き、両方とも今聞くと自宅のような安心感がある)


モンスターハンターの最初の時に村クエストで潜入!飛竜の卵という卵を取ってくるというお使いクエストがあって、まだ全然なれていない時にいきなり看板モンスターであるリオレウスが出てくるっていうトラウマクエストがあって、そのときはガチで涙目になりながらプレイしたのを覚えてます

ダウンロード (50)

最初のクエストっておとなしい恐竜っぽいモンスターから肉をとってこいとか簡単なお仕事で操作をなれていくって感じなんですけど、それでいきなりこんなんがでてきたらビビるわ笑

あと、一番好きなモンスターはイャンクックです
ダウンロード (47)
ネットでも先生って言われてるほど、最初に戦う大型モンスターで初心者から半人前に昇格するための登竜門みたいなモンスターで基本的な大型モンスターの動き(しっぽ攻撃や火攻撃、突進等)をしてくる為、大型モンスターと戦うための立ち回りの基礎を体得させてくれるモンスターなんです
もちろん序盤のモンスターなので弱いといえば弱いんですけど全く立ち回りが分からないと大苦戦は必須のモンスター、でもこいつを倒せたら自然とモンスターハンターをプレイしていくための基礎スキルは体得できるというモンスターです

最初は畏怖の対象のイャンクックを初めてクリア出来れば大したもの、イャンクックの装備を集めるために何度もイャンクックを倒していけば自然と基礎テクニックは体得できます


モンスターハンターは主人公をレベルアップさせることができず、できるのは武器や防具を強化させること、プレイヤー自身の技術が物を言うゲームなのでクックを倒し他のモンスターを倒せるようになっていくと別のシリーズでも経験や学んだ立ち回りを活かして最初からある程度強い状態で始めることができるというのがモンハンの醍醐味でもあります



(別のシリーズでも上述のような一見簡単なクエストと思わせて実は強いモンスターが出るという新人殺しのクエストがあるんですが、ある程度慣れていくと落ち着いて対処できるようになります)

とすごく熟練みたいな言い方をしていますが、XXまでしかやってませんし、全盛期でも辛うじて一人でブラキディオスを倒せる・・・というレベルなのでお察しください・・・

ダウンロード (51)

ブラキディオスくんは強いけど装備もその分優秀でとりあえず初見モンスターと戦う時はとりあえずビールの要領でその武器選んでとけば互角には戦えます


ちなみに好きな装備は・・・王道をゆく片手剣です(盾あるしアイテムすぐに使えるし威力は弱めだけど安定するからね)

よかったらモンスターハンターやってた人は好きなモンスターとか思い出話とか書いてくださいですです!





今回は超朗報!


なんと戦姫絶唱シンフォギアとULTRAMANのコラボが決定しました!
IMG_20200427_115230




もうなんというか…







ガチでこの告知を見て驚きと嬉しさで叫んで泣きかけた
なんだよこのウルトラ級のサプライズはっ!!






SSSS.GRIDMAN、ゴジラ、進撃とだんだんウルトラマンに近づいている気がしてましたが、やはり来たと言うべきか!



いや…



来たぞ我らのウルトラマンと言うべきだな!

IMG_20200427_085716

今決まってる中でもシンフォギアGから参入した元FISの3人がメインになる様子!

間違った正義を貫いてしまいかけた3人とULTRAMANスーツを纏う早田進次郎や諸星団、北斗星司、それぞれの正義がどうぶつかり合うのか…?



ウルトラマンスーツの力をまとったマリア
IMG_20200427_114853
IMG_20200428_190445


祝え!!!!!
覚悟を決め構え!弱さを強さに変えた歌姫!
銀腕「アガートラーム」を纏うマリア・カデンツァヴナ・イヴが始まりの男!起源にして頂点!怪獣退治の専門家!光の国から正義のために来たぞ我らのウルトラマンの力を継承した瞬間を!
IMG_20200429_065348

o1080077814493576908

ウルトラマンの力を纏ったマリア!
一件因縁は少なく見えるが抜剣の時の構えがウルトラマンと同じくアイテムを高く掲げるポーズだったり、

バルタン星人型のノイズを切断したりと初代ウルトラマンに似た行動をとってたりする
IMG_20200428_005048


またウルトラマン特有のファイティングポーズを取っているのが特徴的だ!
789




もちろん必殺技は「重ねた勇気を煌めかせ、十字となって闇を暴く」

IMG_20200428_172606
o1080077814493576908


SPACIUM✝︎RAY!!!





まさに光の力!

お借りします!


そしてまだまだ!!

ウルトラマンスーツ バージョンセブンの力をまとった暁切歌

祝え!
太陽のように強く、獄鎌「イガリマ」を振るう暁切歌が、進め銀河の果てまでも!僕らの幸せを守る熱きミラクルマンウルトラセブンの力を継承した瞬間を!
IMG_20200427_185312


イガリマがアイスラッガー状に変化しており、それはアンドロメロスのダブルランサーやウルトラマンオーブのオーブスラッガーランスにも似ている
560

485


切歌といえば太陽であるがウルトラセブンも太陽エネルギーを肩のプロテクターに取り込むことでパワーを増大させる能力を持っている
136

IMG_20200428_002910
技名も絶斬・a遺SゥrAツ愚あーと切ちゃん読みだがきちんとアイスラッガーとなっている
技は相手にスラッガー状のイガリマで切りつけ、最後はエネルギーのアイスラッガーを放つ豪快な技となっている

969



祝え!
月のように優しく鏖鋸シュルシャガナを纏いて悪を切り刻む月読調が、銀河連峰遥かに超えて光と共にやってきたギロチンの使い手、宇宙のエース!ウルトラマンエースの力を継承した瞬間を!

IMG_20200427_185428

エースの力をまとった月読調のギアが登場することが明らかに!
月読調といえば円鋸型のシュルシャガナだからウルトラマンエースのギロチンとは相性抜群だろう
202

特にエースといえば南夕子が月星人だったりと月に因縁が深い
467


IMG_20200428_002920

ポーズは北斗星司と同様のウルトラリングを重ねる変身ポーズ!
474

035

技の名前は「A式滑空ギロチン」と自身のヨーヨーをウルトラスラッシュ型に変えて放った後にホリゾンタルギロチンを放つというこれまたギロチンの名手らしさが伺える!
555



ウルトラマンエースがギロチン王
ULTRAMANのエースがギロチン王子ならば月読調はさしづめギロチン姫というところか!?
ヤプール…逃げろ!
415



とにかく速報なので今回はこれくらいだが、本編が始まればさらに追求していきたい!




IMG_20200427_114853


このコラボ、本当にすごい!

今回は漫画、アニメのULTRAMANとのコラボですが、グリッドマン以降、確実にウルトラに近づいている勢いを感じます!


円谷プロ自体、ウルトラマン本編とコラボではないのはもしかしたら過去に円谷プロが受けた苦い経験があったりと版権に慎重になっているからではと想像します
IMG_20200428_005443


今回のこのコラボが成功すれば、ウルトラマンとの合作も期待できるかもしれません!

(問題はシンフォギア装者を子供たちにどう説明すべきか…)


ハヌマーンの事件が解決した今、もしかしたらシンフォギアはウルトラマンにとって新しい風を吹き込み、さらなるウルトラワールドを展開のきっかけを作ってくれるかも・・・

立花響という少女は劇中でも翼、クリス、マリア、切歌、調、未来、サンジェルマン・・・多くのキャラと手を繋ぎ、彼女たちの心を響かせたように、今度はその少女がウルトラ戦士たちの心を響かせてくれるかもしれない・・・


images (13)


まさに、「特撮の神様も知らないヒカリで歴史が創られて」いくのでは・・・?

まさかたまたま見たアニメがSSSS.GRIDMANとコラボすると聞いて本格的に見てハマって、そのアニメがここまでウルトラの世界に足を踏み入れてくるとは…感がすごい縁を感じます…

ウルトラ戦士よ・・・彼女たちはまじで頼れる優れた同胞たちだ!

今回!先日にも描いたとおり、アマゾンプライムビデオでプリキュア映画が見放題なので

映画 ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだちを見ていきます!

この映画、プリキュアシリーズの中でもかなり重い展開が存在し

それがプリキュア同士の戦い
プリキュア同士の戦い



というもの


ウルトラマンや仮面ライダー、戦隊でも時たまに起こるヒーロー同士の戦いですが、プリキュア同士の戦いはこの映画を以てほとんど描かれることはありませんでした


その理由もみていけたらなと思います


注意:管理人はふたりはプリキュアについてはほとんどわかってません
色々齟齬があるかもしれませんがそこはウルトラマンコスモスルナモード並の温かさでみまもってください




舞台は雪山に飛来した一匹のたぬき?と老人型の妖精?の会話
gokuu


二人は卵を持ってこちらの世界にやってきた様子


そのたぬきの妖精の声はものすごく聞き覚えがあると思ったら案の定野沢雅子さん

ウルトラマンタロウの子供時代の声を担当された人ですがいちばん有名なのがドラゴンボールのカカロット=孫悟空ですよね!
女性でありながらも力強い声や少年のわんぱくさ等幅広い声ができるすごい人!

てことは老師と呼ばれた人は武天老師か?


ちがうか・・・

老人の声は今はなき青野武さん!
ちびまる子ちゃんの友蔵でも有名だがウルトラシリーズではザラブ星人で有名だよね!(声だけでなくザラブ星人自体の中に入ったこともある)

yaminosimobe



その卵を狙い、闇から2体の怪人が目を覚ます

フリーズン、フローズンと名乗る名前からして氷技を使いそうな闇の戦士


声を演じるのはフリーズンは草尾毅さん、フローズンは檜山修之さんという豪華声優

草尾毅さんといえば野沢雅子とはドラゴンボールでベジータの息子である青年トランクスの声で有名なほかウルトラマンシリーズではゴーストリバースのときにウルトラマンAの声を担当

檜山修之さんはなんといってもジードライザーやウルトラマンキングを演じられていましたね!
(エースとキングとかプリキュアさすがにまずい…)
今の所ウルトラシリーズにも出演された実力派声優ばかりすげえな




場所が変わり、スキー場

TAKOCAFEというたこ焼き屋さんでお手伝いをしている九条ひかり=シャイニールミナスは上述の卵を発見(落としたなアイツら・・・)
たまご


卵が割れて暖かな光とともに鳥?が生まれる
たまご2


場所は変わり、ふたりはプリキュアの主人公の美墨なぎさ、雪城ほのかもスキー、スノボーを楽しんでる


と思われたがなぎさの方はスノボーに失敗(いきなりスノボーはきついんじゃないかな?)
yuri

先輩の前で恥ずかしいところを見られて落ち込むなぎさを励ますほのか

あら~

百合いいっすね~



tori


そしてひかりが見つけた鳥?と対面

鳥?

まあかわいいのはわかるが、、、これを単なる鳥と順応できるのすごいな・・・

頭にハート付いてるし・・・こんなギャルチックな鳥がいるか笑

とり2
 
生まれたときに見たものを親と思い込む刷り込みのため、ひかりに甘える鳥


かわいいぜ

なぎさはとりあえずポチ(何!?)と名付けようとするが、結局ひかりの影響でひなたと名付けられることに

(雛と日向をかけているのかうまいな・・・)

卵を探しに下界に降りた妖精



お昼になりスキーに戻るがなぎさは滑ることができず、好きな相手とほのかがスキーを滑っているのをみて嫉妬してしまう


これが後に響いてきそうで不安だ


氷

ひなたをみつけるフリーズン、フローズン


手始めに雪だるまにマイナスエネルギーを与えて怪物化させる

その頃、なぎさほのかは上記の嫉妬のせいでほのかに厳しく当たってしまう

マイナスエネルギーからうみだされた雪だるま怪人はひなたを襲い、ひかりは必死に守ろうとする

雪だるま

オラフかな?

上半身は普通の雪だるまが下にイシツブテ(ポケモン)みたいな顔のある怪人が執拗に攻撃する


怪人の名前はザケンナー
オラフ


そこになぎさほのかが合流


変身!


キュアブラック、キュアホワイト、シャイニールミナスに変身
ブラックの直球パワーとホワイトの回転により勢いをましたキックでザケンナーに応戦するも、二人の息が取れておらず劣勢に追い込まれてしまう


そこにルミナスの技でザケンナーは動きを止め、ブラック、ホワイトの必殺技で撃破!

昼の仲違いのことを互いに反省し、謝ろうとするがそこにたぬきと老師が現れ、いきなり木を生やして拉致

木は雲の上の世界へ

(いいのかこれ・・・)

鳳凰
雲の園へ飛ばされ、ひなたの正体は霊獣鳳凰であることを知る

(鳳凰って・・・そんなに垢抜けてたんだな)

ちなみにサイヤ人みたいな声してるたぬきはムタという

雲の園は鳳凰の住処であり、まるで天空の城のように厚い雲に包まれた浮遊土地

鳳凰は太陽の暖かさと光の証であり、世界で一羽のみの存在、もし死んでしまえば世界は氷結の星へ溶かしてしまう


それを狙い現れるのがフリーズン、フローズン



鳳凰を抹殺し、世界を氷結の星へと変える冷血な存在

当然プリキュアたちも変身


(ちゃんと浴衣姿で変身バンク服に合わせて変えてるんだな芸が細かい)

激闘を繰り広げ、乱戦へと発展


プリキュアたちは必殺技を放つも世界一のコンビと自負する実力は伊達ではなくその技を弾き返すどころか雲の園全体を凍結させた
氷結タッグ

まるで極暴タッグのようだ


ひなたを救うため、ほのか、なぎさはフローズン、フリーズンを追いかける


だが


フリーズンは「お前たちが戦う相手は俺たちではない」



「お前たちの戦う相手は」


「おまえたちだ!」


と不穏な言葉をはなちホワイトを攻撃
ホワイト


その技は単なる攻撃ではない


相手の心を氷結させ操る洗脳攻撃
頃好き


ブラック、ホワイト


その術中にハマったホワイトはキュアブラックを攻撃


キュアホワイト

キュアホワイトのこの顔


まるで
養豚場の豚を見るような目、殺意マシマシの顔


これ子ども泣くだろ


俺もドン引きだよ

完全に悪人

殺意の波動がやべえよ

ボコボコ

抵抗しないブラック相手に顔をぶん殴りまくるホワイト(流石に描写できないのか下半身のみに映って殴打音が響くのが生々しい・・・)

さらに投げ飛ばす執拗さ


そしてフローズンは今度はブラックを洗脳
殺意の波動

互いに敵の術中に嵌り、互いを憎むプリキュア同士の戦いが始まってしまう
プリキュア同士の戦い


いや前半のおっとり感どこ言ったんだよ


てかプリキュア同士の戦い、想像以上に悲惨だな

ライダーだと違いの顔が見えなかったり、あくまで大人同士の戦いだからまだ見れるけどプリキュア同士の戦いは互いの顔が見えてなおかつ互いに子どもで友達同士というのが悲壮感に拍車をかけているようにも見える

ルミナスもザケンナー相手に苦戦し応援に受けない状態

しかしまた作画の力の入れ方がよけいその悲壮感を演出させる

(丁寧な作画演出はぜひ本編を見てほしい)
キュアホワイトは途中で洗脳が解け、今度はブラックがホワイトを攻撃する


ブラック


寸手の所、ブラックも洗脳が解けた



フリーズン、フローズンは勝利を確信し、ひなたを氷漬けにして凍死させようとする


人思いに一撃で殺すのではなくじわじわと殺そうとするのにコイツラの冷徹さを感じられる
ルミナス

ルミナスはひなたを助けようと必死に戦う


キャプチャ111


互いに謝ることができて仲違いができた二人


(やっぱり百合はいい・・・)


フリーズン、フローズンを追いかけるため、氷をスノボー代わりにして向かう

苦手なスノボーを克服して必死にひなたを守るルミナスのもとへ駆けつける


だが強敵、力では圧倒的に敵のほうが上、しかも先程までの戦いのダメージが響いてるプリキュア

それでもなお立ち構える



友達を守るため尚諦めない


何百回、何千回、何万回
hands


固く結んだ手と手は絶対


離さない!


プリキュア、友達を守りたいひなたの願いは熱い炎となって氷結したプリキュアを救う
パワーアップ


それだけではなくそのエネルギーを糧としてパワーアップ

つよい


すべての攻撃を目を瞑りながらもたやすくかわし、美しくかつ圧倒するキュアホワイト
つよい3


そしてキュアブラックと息を合わせ、互いの敵を投げつけてぶつけ合う
つよい2

つよい4

美しい上に強い、嫌いじゃないわ!!!

喧嘩



そのせいで互いを喧嘩し合うフリーズン、フローズン



この喧嘩、、、かなり醜い


しかもプリキュアの必殺技を時間を稼いでしまう結果となり、その上防御中も平気で喧嘩する醜態をさらすフリーズン、フローズン


不利になったらすぐに手のひらを返す氷結コンビに対して互いを認め、想いをつなげ、その手を繋げ、全てを重なるブラック、ホワイトコンビが負けるわけもなく


百合3

撃破!



ひなた

だがひなたは冷たい体となっていた・・・

それに伴い、世界中を襲うブリザード


ひなたはルミナスの愛の力を受け継ぎ、復活


ルミナスには光の園のクイーンの力が備わっており、その希望の力で神獣鳳凰として覚醒


鳳凰として蘇ったことで世界に光が戻った


神獣の温かい光により世界を包んだ冷気は消失し、なぎさたちを地上に帰ために舞い降りる
3


感想

ふたりはプリキュアマックスハート


個人的にはほとんど知らない作品なのでかなり新鮮な気持ちで見ることが出来ました


ゲスト声優の人達が上述のように超実力派声優でありウルトラ作品にも関わったことのある人達だったな


しかしプリキュア同士の戦い、噂には聞いていたが想像以上に悲壮感が凄まじかったです



726
994
431
520
586

ウルトラマン同士の戦いは確かに何度か存在しておりそちらも、かなりの悲壮感のある内容が多いのですがウルトラマンとは違い互いに素顔が見え、しかも女の子と言うだけありウルトラマン、そしてライダーのそれを遥かに上回る悲惨さを感じました


プリキュア同士の戦い
キュアホワイト

どうもこのシーン、劇場の子供たちも泣いたといわれているのですが、個人的にはその悲壮感さに加えてキュアホワイトの殺意に満ちたゴミを見るような冷たい目と声優のゆかなさんの迫真の演技がさらに拍車をかけたのでは…と感じました

(これはビビるわな…)

いずれにせよプリキュアシリーズの初期の作品と言うだけあり造り手も試行錯誤した結果だったのかなと考えます


ただ今回のプリキュア同士の戦いは残念ながら受け入れられることはなく、以降の作品ではそのような描写は無くなりました


またそれを踏まえてかライダー、ウルトラマンシリーズも極力ヒーロー同士の戦いは減らして言ったように感じます(作品が2005年で、確かにそれ以降では執拗なまでもヒーロー同士の戦いは減った)


ちなみにウルトラマンだとウルトラマンタイガ劇場版が最新のウルトラマン同士の戦いと言うことになる(2020年3月時点)


またウルトラヒーローズエキスポ2019ではニュージェネヒーロー同士戦いが見ることが出来るがこちらは模擬戦であり悲壮感は全くないどころかゼロとジードは叩いてかぶってジャンケンポンしてたりと和気あいあいとしたユルい戦いを楽しめる

↑このページのトップヘ