ウルトラファンのブログ「ウルブロ」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

ウルトラマンアグル

23年越しの強化形態 ウルトラマンアグルスプリームヴァージョン

今回、海の日ということで


ウルトラマンアグル スプリームヴァージョンを解説

ウルサマ2021にてサプライズ登場したウルトラマンアグルの強化形態
aguru

公式からのアナウンスが、2021年7月22日にTwitterでサプライズで流され、1998年9月19日の「その名はガイア」にてアグルが登場して以来、実に約23年越しに追加された強化形態である

コスモスのフューチャーモードやゼロビヨンド等、本編終了後に追加された強化形態のウルトラマンは前例があるが、これほどの歳月を超えて実装された強化形態というのはかなり珍しい(一応ウルトラセブンXなどの例は無きにしろあらずだが)


アグルストリームヴァージョンは、ガイア同様の赤いラインが加わったこと、頭部のクリスタルが巨大化しているなどアグルV2の原型は残しつつ、明らかなパワーアップが見て取れる
また、ガイアスプリームヴァージョンと違い、上半身のプレテクター部分は黒から赤に、下半身のカラーリングが赤と青で逆転している、手の部位がガイアは銀色でアグルは赤とガイアスプリームヴァージョンとの差はわりとある

ウルサマ本編では、ブリッツブロッツとの戦いで苦戦していたところ我夢にガイアの力を貸されたことでスプリームヴァージョンへの強化変身が可能となり、本編で惨敗を期したブリッツブロッツを一方的に撃破するという雪辱を果たすことに成功している



必殺技はガイアスプリームヴァージョン同様のフォトンストリームであり、ガイアスプリームヴァージョンの例からアグルV2のときのアグルストリーム、フォトンスクリュー、フォトンクラッシャー、リキデイター、アグルセイバーなどの従来の技も使える他、シャイニングブレードも使える可能性が高い。また、ガイアの力も受け継いでいるのであれば、ガイアがリキデイターやフォトンクラッシャー、アグルブレードを使用していたことから、クァンタムストリームやフォトンエッジが継承されている可能性が高い

また、のちのデッカー編STAGE4などでも再登場をしており、この時はガイアスプリームヴァージョンと共闘をしていことからガイアのスプリームヴァージョンと並ぶことも可能である模様



また、ガイアとの共闘が可能である点から、従来の合体技である超コッヴ、超パズズをまとめて貫通させて撃破した、ダブルストリームクラッシャー(バーストストリーム)やゾグ第2形態を倒したストリーム・エクスプローションといった超必殺技もさらに強化されていることが伺えもはやガイア、アグルのタッグには向かうところ敵なしである

現時点では映像作品としては登場はしていないが登場した暁にはアブソリューティアンとの戦いでも非常に大きな活躍を見せてくれるのは間違いなく、そのときにはぜひともアグルストリームやフォトンストリーム、アグルセイバーなども使ってほしい

ウルトラマンアグルの最強形態・・・だと!!

いよいよ本日から開始した
ウルトラヒーローズEXPO!


自分も今週土曜日見に行きます!

そこで思わぬサプライズ情報が・・


(ネタバレ注意)
※すでにTwitterなどのメディア情報は出ていますが念入りに



























ウルトラマンアグル スプリームヴァージョンが登場!!!!!!!!!

いやむちゃくちゃ嬉しい!!!

ダウンロード - 2021-07-22T233112.146
なんとデザインは丸山浩さんデザイン!

アグルのヘッドパーツのイメージは変わらないもののクリスタルが大きくなり、胸部のプロテクターは初期のガイアのように赤くなっており、
腕部分はガイアスプリームヴァージョンと同様に金と黒、そして赤が混ざった非常に力強くなっている!!!


まだ、自分もウルフェス見に行けてないですし、見に行っても終わるまではレビューを書かないのですが非常に楽しみだ!!!

いやほんとガイア本編から23年の年月が経ってアグルの最強形態が登場するとは非常に驚いて情報がTwitterに上がってきたときは過呼吸になりかけた

ウルフェスオリジナルの怪獣が映像にも出てくることがレアではなくなった現在、アグルスプリームヴァージョンが本編に出てくるのも時間の問題だ

とくればやはりギャラファイに登場することが高く、その時ではガイアがアグルに力を渡した世界線、いわゆるアグルが主人公の「ウルトラマンアグル」の作品のアグルなのかもしれない


今の時点でかなり想像力が掻き立てられて、明後日のウルフェスは楽しみすぎて明日の夜眠れる自身はない・・・


無茶苦茶楽しみだ・・・・




人の心に利用し、洗脳し、挑戦する異次元怪獣「サイコメザード」

ウルトラマンガイアの世界の敵といえば根源的破滅招来体


だけではない

中には異次元から、根源的破滅招来体とは別に現れた存在も居る

それがメザード種
ダウンロード - 2020-07-14T230041.791


もともとはクラゲ型の生態で異次元に生息しており、触手からの電撃など見た目も能力もまさに空を飛ぶ電気クラゲといった感じの怪獣

しかし悪意を持った存在であり、地球を砂漠化させようとした侵略生命体

頭もよく、人間の心に興味を持ち、侵略の際には人間の脳を覗いていた


メザードはウルトラマンガイアにて何度も登場し、そのたびに人の心に興味を持ち、利用しようとしてきた

今回は各メザードを紹介していく

超空間波動怪獣メザードa017b70

防御力自体はそこまで強くはなく、ミサイルを受けて怪獣型となり、最後はフォトンエッジによって撃破された

だがこいつは通常種

今回メインで紹介するのはメザードの強化体といえる「サイコメザード」

・超空間波動怪獣サイコメザード

ダウンロード - 2020-07-14T230518.817
上述のメザード同様「人の精神や心」に興味を持った結果、電話回線を使い自らと会話させた人間の脳波をコントロールし、自らの手駒にするという洗脳能力を身に着けている

自らは動かず、洗脳した人間を操り、電話を介して洗脳した人間を増やそうとしていたが、目的は地球侵略のための手駒にするというよりは人間を操り、その精神を研究しようとするといった侵略とは違う趣旨で行動していた。


日本に現れる前はアメリカで猛威をふるい、街一つを閉鎖させた
f1eaf83e


上述のメザードよりもより地球での生活に適した姿を目指してか怪獣型をしているが、防御力はそこまで強くはないが、洗脳した人間を盾にしてガイアの攻撃を鈍らせたが、手加減なしのアグルのフォトンクラッシャーには通用しなかった


超空間波動怪獣メザードⅡ
ダウンロード - 2020-07-14T231149.712
上述のサイコメザードの強化個体
より人間の精神に興味を持ったのか、胸部に人間の顔のような部位が現れている
胸のシナプスを刺激して幻覚を見せる幻覚誘発粒子を放出することによって人間を操ることができる
操った人間の心を具現化させ、それにより強化できるという能力を持っている


超空間波動怪獣クインメザード

uga37-01
こちらはメザード種類の最終形態
態はサイコメザードに似ているが、複眼を持つ頭部と鞭状の腕を持ち、腹部だけでなく背後の襟巻にも人の顔のようなものが浮かび上がっており、さらにそこから4本の触手が生えている。
サイコメザード同様に人の心を洗脳し、電波回線でKCBの本社ビルと本社の人間を軒並み支配下に置いた。

上述のサイコメザードの能力をすべて持っているが今回は寄り本格的に侵略に重きをおいている
藤宮博也を再び破滅招来体の手駒とするべく、稲森京子の姿に変身して彼の手で吉井玲子を殺害するように差し向けたが失敗したりとメザード種にもれず人の心に挑戦してきた。

触手から電撃を放つほか、質量を持った幻影を召喚すると言ったサイコメザードⅡの能力を発展させた事もできる



ウルトラマンガイアに登場したメザード

メザードは全体として人の心に挑戦してくると言った一風変わった特徴の怪獣だ
ここからは考察なのですが、侵略時に砂漠に使用していた事からメザードの住む世界は砂漠のような空間で、知的生命体はメザードを除き存在しない世界かもしれない
また、クイーンが存在していることもあり、蟻や蜂のような群生生物であり、個性が存在しない生態なのかもしれない

故に個性を持ちながらも文明を築いている人間に対して興味を持ったのかもしれないな・・・・


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
フリーダムな社会人、それがやんしのです! アニメ、特撮好きなヲタクですが、一番好きなのはウルトラマン!同士の人集まれ! 趣味:車いじり、ドライブ、特撮、アニメ
検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ