ウルトラファンのブログ「ウルブロ」

ウルトラファンのしがないリーマンによる駄文&駄文!

ウルトラマンゼット

セブンガーファイト、戦え!セブンガーネタも!ウルトラマン ニュージェネレーションスターズ

ウルトラマンニュージェネレーションスターズがいよいよ放送!

舞台はウルトラマンゼットの世界

セブンガーのさらなる強化を課題として研究するオオタ・ユカ隊員が久しぶりに登場

こんな感じで作品が終わった後のその世界がどうなっているかを拾ってくるのはかなりいいね


セブンガーの戦いを振り返る中でセブンガーファイトにてエレキング戦で使った、特空機支援火器40ミリ汎用機関砲、漫画版戦え!セブンガーでディブラスと戦ったときに使用した水中戦闘装備搭載型セブンガーについても語られており、これによりセブンガーファイト、戦えセブンガーといった派生作品も完全に正史での出来事ということが明らかになった


また、トリガー本編でゼットがアキトから借りパ・・・譲り受けたガッツスパークレンスも現在はストレイジが管理していることが判明


しかしユカ隊員でも解析できないオーバーテクノロジーを作るアキトよ・・・
ヒカリは早めにアキトをスカウトするべきだと思うんだよね


そしてウルトラマンデッカーTHELIVEで登場したマウンテンガリバーがいきなり登場

どうやらマウンテンガリバーii-vには異世界のウルトラマンのデータがインプットされているようで
マウンテンガリバー自体、ジード、タイガ、デッカーのデータ持ってそうだよね

また、イグニスも登場!
イグニスといえばトリガーに登場しているがデッカーのTHELIVEにてデッカーと共闘歴があり、さらにその後はウルトラマンAにその腕を買われて潜入捜査要因として宇宙警備隊にスカウトを受けていることから他の時空での戦いも行っている様子であり彼らの異世界技術がセブンガーに組み込まれると思われる





ウルトラマンゼットデスシウムライズクローの驚異的才覚

ウルトラマンゼットの超最強形態

ウルトラマンゼットデスシウムライズクロー
images (70)


今期のウルサマでもサプライズ登場して話題になったウルトラマンゼットがベリアロクの力を開放して変身する形態

この形態の属性は闇属性ではあるものの、暴走などは一切行わず、むしろ普段通りのゼット特有の天然さも健在


これ実はナチュナルにやっているがゼット、とんでもないことをしでかしているのはお分かり頂けただろうか?


そう、闇の力を開放しても普段通りであり全く力に飲み込まれることはないのだ
ダウンロード - 2023-08-10T215614.625


そもそもデルタライズクローの時点でベリアルアトロシアスという最強の闇の力を使いこなしているのはとんでもない


ベリアルアトロシアスの力の由来は、ベリアル、レイブラッド星人、エンペラ星人、ダークルギエルといずれもラスボス級の闇の力の持ち主で実力あるウルトラ戦士ですらも単体では手も足も出ないほどの強力無比な闇属性の存在

その闇の力を難なく使いこなし、言動なども普段通りに居られる時点でゼットの驚異的な才覚が見て取れる

コロナウイルスの影響で、声援が規制されていたヒーローズEXPOであるがいよいよ解禁され、ゼットだけでなく、トリガー、デッカーにも声援を届けることができるようになった今、ウルサマではようやくご唱和ができるようになりゼットもかなり嬉しそうな様子だった!
今後のゼットの活躍に期待



ウルトラマンゼットレッドダメージはセレブロ憑依体!

ウルトラマンゼットに登場した快楽殺人寄生虫とも言えるセレブロ



今回ウルトラマントリガー エピソードZ のネタバレ含みます
ご注意ください











ウルトラマントリガーの劇場版ウルトラマントリガー エピソードZ にも登場していた
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA エピソードZ [DVD]
水野直
バンダイナムコフィルムワークス
2022-08-26


事の経緯はジャグラスジャグラーやストレイジたちの活躍で捕獲に成功してたセレブロであるが好きを見計らって逃亡、さらにトリガーの世界に侵入してきた



このセレブロ、裏で超古代崇拝集団であるライラーたちに干渉し、暗躍して再び胸糞悪い殺戮ゲームを楽しもうとしていた

今回、なんとナツカワハルキに憑依に成功し、ウルトラマンゼットを間接的に操るといった自体を引き起こした
ダウンロード (66)

以前このブログでも光の国に侵入しウルトラメダルとライザーを強奪した際もゲネガークの力を使っていたり、ジャグラスジャグラーには敢えて避けていたりとウルトラ戦士並びにそれと同等な実力者には憑依支配できないと考察していたがそれを示すかのように人間であるハルキを介して間接的にウルトラ戦士に憑依するといった形でウルトラ戦士に憑依している(逆に言えばウルトラ戦士本人には憑依できないことが明らかになったとも言える)

ダウンロード (65)

まるでどこかの黒いウルトラマンにぶん殴られたかのように目を赤くしながら困惑するトリガーを一方的にしばくゼット



しかしながら、ハルキの精神力が強くおもったより支配がうまくいかずゼットの動きが緩慢であったほか、オリジナル形態以外のウルトラフュージョンをしておらず、それでもイーヴィルトリガーとともにトリガー、そしてトリガーダークを追い詰めた

ハルキの精神力が強くなければガンマフューチャーによるガンマイリュージョンによりティガ、ダイナ、ガイアを召喚されてトリガーVSティガに持ち込まれていた&ティガ、ダイナ、ガイアによりトリガーがウルトラリンチされるという見るも無惨な展開になっていた可能性を考えるとまだ救いはあったと言える

それどころか、ゼットオリジナルと同じくゼスティウム光線を放てるがゼットとハルキの抵抗もありその威力はかつてデストルドスを屠ったものよりも遥かに威力は低く、直撃してもトリガーに大きなダメージを与えられていなかったりと相変わらずのセレブロの行為はえげつない割にはところどころに穴がある、それこそセレブロが苦手な網のようなスカスカな戦法であった




うん、このからも分かる通り、セレブロは改心はおろか、何一つ過去の振り返り、反省をしていなかったのである
事実セレブロ、この後案の定ハルキにより追い出されてライラーの長であるイブラに憑依(なおこの憑依は序盤含め2回目)したあとに変身したのは



デストルドス2


はい、デストルドスです笑



うん、・・・以前失敗したデストルドスをまた使う辺り、なんていうか



馬鹿の一つ覚え




である笑

(まだメツボロスになってイーヴィルトリガーにまるでガーディのように味方しようと媚びようとしてしばかれるよりマシだと思うが笑)

さてデストルドス、一応前回のラスボスなのにも関わらず自分がここまで馬鹿というのかは理由がある



今回は美人ヒロインであるヨウコ先輩を人質に取っているわけでもなく相乗りは変なおっさん(失礼)
加えて素体のウルトロイドゼロも、強化に使っていたベリアルメダルもないという以前より明らかに弱体化している、しかもD4レイも使えないそれでもなおデストルドスを使いたかったのは文字通りデストルドー(自殺願望)としか言いようがない



しかもね、今回ゼットだけでなくトリガー、トリガーダークもいるという事態

まさに自分が使った中で1番効果的だったという判断だろうがその経験から効果的だった要因を掴めていない、バカは経験に学ぶとはよく言ったものだ

ぶっちゃけガタノゾーアは無理にしても個々の怪獣の能力が使えるファイブキングとか空からも攻撃出来るゴルバーとかの方がまだマシかもしれない

一応ゴリ押しのパワーでゼットやトリガーを圧倒するものの(当然吸収した怪獣の力であるダンカンの催眠とかバードンの毒とか有用な技を使うわけでもなく)、エタニティコアの力でグリッタートリガーへと覚醒した後はグリッターブレードで腹を斬られて怯んだ所を、GUTS-SELECTの射撃とゼットのデスシウムスラッシュ、ダークゼペリオン光線の一斉攻撃によってオーバーキルされた

さらに逃げ切ろうとしたところに憑依していたイブラが倒れてきて下敷き・・・まくらにされて伸びていたところヒマリ隊員により捕獲された(体重は一般人のおっさんに下敷きにされてて逃げることも出来ないのか・・・)
FORf-8paMAAA-d3

さらに今回は網ではなく真空パックという虫からまるでシーズンすぎてタンスに仕舞われる枕や布団並の扱いに格下げとなってゼットの世界にハルキの手で送還されることとなった


脱走して、さらに警備が厳しくなったであろうセレブロ、もうそろそろユカとカブラギの手で殺処分されていてもおかしくないが・・・笑


ちなみにこの後の登場はなかったがウルトラギャラクシーファイトにて、別世界でウルトロイドゼロがアブソリュートタルタロスによってパクられていた事が判明

この世界線のセレブロ、どうするつもりだったんだろうね笑

猟奇趣味なゲーマー「セレブロ」はトレギア以上の曲者

今回語るのは

セレブロ について

※現時点での情報をもとに作成しています

IMG20201231095041

外見は虫のような外見をしており、体長は1mも満たない小さな生命体
しかしその本質は非常に猟奇趣味な寄生生物であり、数々の星をその寄生能力を悪用して「自滅」させていった残忍な性質を持っている

本人はそれをゲームと称して数々の生命を滅ぼすことを楽しみとしている

また、知能についてもかなり高くゼットライザーや怪獣メダルのメカニズムを自力解析してコピー品を自作するなど器用さを持っている

また上述の寄生能力については非常に有用であり、人間だけでなく、怪獣にも乗り移ることができる
その上寄生された場合自力で分離させるのは強靭な精神力を持ってしてもほぼ不可能という強力仕様で
分離や寄生はセレブロ本人が自在に行うことができる

また、劇中の様子から寄生したあいての言動を周囲に違和感なく潜伏していたことからも相手の記憶や技術も得ることができると考えられる



つまりその星の権力者に憑依して好き勝手行い、用済みになれば自分はせっせと分離してその罪を寄生先にすべて着せることができるというから狡猾さが伺えるだろう

同じような歴代シリーズの狡猾なやつといえばウルトラマントレギアやヤプールなども存在しているが彼らとは異なり自分では動かず、常に他者の力を利用し続けていること、ゲームに関しても傍から見れば星が内部の紛争などにより滅んだように見えるため証拠が残りづらく宇宙警備隊やギャラクシーレスキューフォースなどの捜査網から抜けやすい為、厄介さではある意味トレギアたち以上だ

事実、セレブロの暗躍を序盤から知っていたのはウルトラマンゼットの作中ではジャグラスジャグラーだけであり(ジャグラスジャグラーもグルジオライデンの事件で偶然そのことを知っていたに過ぎない※ウルトラマンゼット超全集で明らかになった)

ウルトラマンゼットの物語でグルジオライデンをゼットの赴いた地球に仕向け特空機を作らせ、やがてキングジョーといった人類の手に余るような強大な力を手に入れさせてやがて滅亡させるようにといったように非常に手の混んだゲームを好むセレブロであるがイレギュラーな事が事が起こると激情しやすかったりと精神的には稚拙な面も多い

また、得意の寄生能力に関してもM78をゲネガーグに憑依して襲いゼットライザーなどを強奪した際もアブソリューティアンのユリアン王女拉致事件に便乗した上でウルトラ戦士には憑依しなかったこと、ジャグラスジャグラーにも憑依しなかったことを考えるとウルトラ戦士やダークネスヒールズのような高いスペックを持つ相手「自体」には寄生できない可能性が高い

またゼットのラストでは大型の網で捕獲されていたことから動きが束縛された状態ではすり抜けることができず相手に寄生することも不可能である可能性が高い


しかしそれらの制約があったとしてもセレブロ本体を特定するためには非常に難しくそもそもセレブロが潜伏していることを気づくことができてかつ寄生される前に捕獲しなければいけないという点からも非常に始末の悪い曲者というのは変わらない



ウルトラマントリガーの世界にナツカワハルキ&ゼット登場!

ここにきてウルトラマントリガーの新情報が!


なんとウルトラマンゼット=ナツカワハルキがウルトラマントリガーの世界に参戦!!


E4oirCeVUA4eByS

 なんと手に持っているのはガッツスパークレンス&ハイパーキー!
よく見るとアルファエッジのハイパーキーの模様!



盆と正月には地球に帰ってくると告げてゼットと共に旅立ったハルキ、やっぱり帰ってきてくれたか!

しかしゼットライザーはどこへやった?

リクくん先輩のように壊されてしまったのか?

しかし腰にはメダルホルダーが存在しておりメダル自体は持っている模様!

本編でははたして新しいゼットの形態を見ることができるのか? 期待大だ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
フリーダムな社会人、それがやんしのです! アニメ、特撮好きなヲタクですが、一番好きなのはウルトラマン!同士の人集まれ! 趣味:車いじり、ドライブ、特撮、アニメ
検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ